【結論】Google Pixel 4aはこの8つが必要無いなら絶対買いの名機だ!

スポンサーリンク

2020年8月20日、Google が投入したGoogle Pixel 4a。国内でも42,900円というミドルレンジスマホの価格帯で高機能と、高い評価を集めているコスパモンスター、Pixel 4a

Googleの膨大なデータを分析して広く多くの人に充分な機能を搭載し、コストダウンを図ったモデルのため、尖った機能はそぎ落とされています。今回はそんな8つをご紹介します。この8つが必要ない人、我慢できる人には絶対に買いの名機であるのは間違いありません。

購入を検討中の方は参考にしてくださいね!!

スポンサーリンク

Pixel 4aにはこの8つがない

  1. OSがAndroid(iOSではない)
  2. 防水・耐水性能は無い
  3. 無線充電無し
  4. 超広角カメラ無し
  5. DSDS無し
  6. ツインアプリを使えない
  7. ストレージ128GBで変更やmicroSDで容量追加できない
  8. 最高のCPUでない

順番にご説明します。

1. OSがAndroid(iOSではない)

Pixel 4aのOSはGoogleのAndroidです。AppleのiOS、iPhoneでないので注意しましょう。特にApple WatchはiPhoneとの親和性が高く、Androidではその機能をほぼ使えないので注意しましょう。

Apple製品で周辺の機器を集めてしまっている人は注意が必要かも知れません。スマホだけで完結していて特にiPhoneにこだわりがなければ気にしなくていいでしょう。

2. 防水・耐水性能は無い

最近は防水、耐水スマホが多いですがPixel 4aはいずれもありません。多少の水滴などは考慮されているかも知れませんが過剰な期待はできません。

運動で使う方やお風呂で半身浴しながら使う方は注意してください。

3. 無線充電無し

非接点充電搭載のスマホもふえていますが、Pixel 4aは未搭載です。USB-Cケーブルで有線接続で充電が必要です。無線充電の機種で慣れてしまいケーブルを挿すのが面倒!という方は注意してください。

4. 超広角カメラ無し

Pixel 4aはシングルレンズです。カメラ性能は高い評価を得ています。AI機能やソフトウェア補正が優れているためです。しかし物理的に超広角レンズはないため、広い写真が撮影できません。

超広角カメラ搭載のスマホで、広い写真が撮れないと嫌!という方は注意してください。

5. DSDS無し

SIMカードは1枚とeSIMの構成です。物理的にSIMを2枚挿しをして音声通話はキャリアSIM、データ通信は安価なMVNOで運用している方は注意してください。

データ通信部分をeSIMで運営するということで回避できるのはできるので適宜判断をしてください。

6. ツインアプリを使えない

ツインアプリとはDSDSのスマホによく搭載される機能です。LINEやFacebookなど通常は1台のスマホに1つしかインストールできないアプリを2つインストールして別々のアカウントで利用できる機能です。

GalaxyやHUAWEIなどで一般的な機能になってきていますが、Google謹製のAndroidのためその機能はありません。1台のスマホでマルチアカウントでアプリ利用が必須の方は注意してください。

7. ストレージ128GBで変更やmicroSDで容量追加できない

今回のPixel 4aはストレージ128GBの1種類のみでmicroSDカードを利用できません。容量変更や外部メディアで追加もできません。

Google的にはGoogleフォトなどを活用して本体には容量の大きいコンテンツを大量に保管することを想定していない、推奨していない、ということなのかもしれませんが、大量の音楽データやビデオデータを常に持ち歩きたい、という方は注意が必要です。

8.? 最高のCPUでない

Pixel 4aのCPU(SoC)はSnapdragon 730G。2020年8月現在、Snapdragon 865+が最速・最強となっています。最新のバリバリ重いゲームをする方や、最高じゃないと嫌!という方は注意してください。

Snapdragon 730GでAntutuベンチマークのスコアで26万点を超えています。普段使いではサクサク、普通のゲームならストレス無くプレイできるレベルです。

まとめ

この8つはスマホを評価する上で必須機能ではなく特化した機能です。最大公約数では必要無い機能とも言えます。(少なくてもPixel 4aではGoogleの答えはそう。)

どうしても必要な方は、Pixel 4aには縁が無かったという事なのでしょう。

Pixel 4aはそれ以外はほぼ完璧な完成形のスマホ

これまでお話ししてきた8つの機能以外の今のスマホに要求されるであろう機能、仕様を搭載したPixel 4a。高いデザイン性、コンパクト・軽量でありながら大画面。高いカメラ性能、サクサクな動作、高いセキュリティ、おサイフケータイ搭載などなど。

素晴らしいポイントが多すぎてとても書ききれません。ひと言でいうならば、「これでいい、これが最高なスマホ。」です。

価格は42,900円でこのスマホが手に入るなら、満足度はかなり高いと言えます。はじめてのスマホの方はもちろん、既存Androidユーザーの方にもお勧めしたい機種です。買って損は無い端末と言って過言はないでしょう。

ひとぅブログではPixel 4aの記事をいくつか書いています。ぜひ合わせてお読みください!

【レビュー】Pixel 4aが発売日にキター!ファースト・インプレッション
8月4日に発表、14日から予約開始になったGoogle Pixel 4aが20日、ついに発売されました。予約開始直後の14日10時5分に予約購入したにも関わらず、配達予定日は8月24日?25日と表示され落胆していましたが、昨日、Go...
【レビュー】Pixel 4a用前面&カメラレンズ保護ガラスフィルムを買ってみた
発売日に届いたGoogle Pixel 4a。開封の儀とファースト・インプレッションの記事を書きましたので、ご興味がある方は合わせてどうぞ。 Google Pixel 4aは廉価版であるがために全面ガラスの強度もそれほ...
【レビュー】約800円のA-VIDET「Pixel 4a用クリアケース」を買ったみた
最近でこそSIMフリースマートフォンでクリアケースが付属している機種が増えてきましたが、基本的には自分で準備する必要があります。徹底的にコスト削減を図ったPixel 4aなのでケースは当然付属していません。 Pixel 4aは...
【レビュー】100均でスマホリングを買ってみたがこれでまったく問題ない!
大型化が進むスマートフォン。Galaxy Note 9を利用し始めてかた以降は手帳型のケースを利用しているため、ここ数年はスマホリングを使っていませんでした。 先日、Pixel 4aを購入し、利用頻度が高くなりそうなので、久し...
【予約開始】20日発売のPixel 4aが14日10時に予約開始、わずか5分で発売日に届かず
今回のGoogleは本気です。Pixel 4aの評価は日に日に増していますよね?。ラインナップを1つに絞って徹底的にコスト削減を図ったスマホに仕上がっています。今回の売上次第でGoogleのスマホのラインナップは大きく影響を受けるで...
ハードウェア
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ひとぅをフォローする
関係するかもしれない記事
この記事を書いた人
ひとぅ

新しいものが好きな「ひとぅ」が2007年10月からApple製品や家電製品、ガジェット、ウェブサービスなどの情報を発信中。詳しくは自己紹介ページをご覧ください。
Twitter、Facebookページでブログ更新をお知らせしています。フォローをよろしくお願いします!

ひとぅをフォローする
ひとぅブログ