【MVNOガンバレ!】日本通信SIMが66%のユーザーをカバーする月額1,390円(税込)の「合理的みんなのプラン」を発表!6GB/70分通話付き!

スポンサーリンク

MVNOの日本通信SIMが2021年6月3日、70分無料通話がついた6GBプラン「合理的みんなのプラン」月額1,390円を発表、同日より受付を開始しています。従来の合理的プランに追加され3つのラインナップとなりました。

合理的20GBプラン合理的みんなのプラン合理的かけほプランWスマートプラン
月額基本料2,178円(税込)1,390円(税込)2,728円(税込)1,738円(税込)
データ通信20GB6GB3GB3GB
データ追加275円/1GB(30GBまで)275円/1GB(30GBまで)275円/1GB(30GBまで)275円/1GB(30GBまで)
国内通話70分まで無料、以降11円/30秒70分まで無料、以降11円/30秒かけほーだい70分まで無料、以降11円/30秒
通信エリアドコモドコモドコモドコモ
データ繰り越しなしなしなしなし
健康アプリなしなしなしFiNC Plus含む

かけ放題のプランとahamoなどオンライン専用プランに対抗した20GBプラン、そしてライトユーザー向けのプラン向けにWスマートプランが存在していましたが、20GBプランとWスマートプランの価格差は240円しかなく、もう一息欲しい!と感じていたところ、今回の合理的みんなのプランが登場しました。

20GBプランから一気に、788円も価格ダウンし、Wスマートプランより倍の6GB。うん、完璧です!

Wスマートプランは月額480円のFiNC Plusを無料で利用できるとはいえ、合理的みんなのプランとの価格差は348円しかなく、しかもデータ通信量は倍となれば、正直、Wスマートプランを選択する理由は無くなった・・・と言えます。

ただ残念なのが、「合理的プラン」間のプラン変更は可能ですが、「Wスマートプラン」から「合理的プラン」へプラン変更はできません(その逆も不可)。改善の可能性を示唆していますか実現されていません。同じ日本通信SIM間であってもMNPしなければならず、MNP転出料は無料ですが新規事務手数料3,300円+SIM発行手数料440円が必要となるのは、うーんですね。早急に改善していただきたいです。

スポンサーリンク

合理的みんなのプランのここがGood!

ここからは、合理的みんなのプランのどこが素晴らしいのかご紹介しておきます。簡単に言えば、ほとんどの人がこのプランを選んでおけば間違いない。ということですね!

  • 他社の通話料別料金とほぼ同じで70分間の通話料がついてくる
  • MVNO業者の中では高い通信品質を誇る
  • スマホの標準電話アプリで通話可能(ユーザー側ではプレフィックス番号不要)なのでうっかり課金されることがない
  • 70分間無料なのでガッツリ掛けなければ電話料金の心配をしなくていいのが精神的にいい
  • 通話が70分を超過しても30秒11円と業界最低料金
  • 6GBあればほとんどの人は事足りる
  • データ追加料金の1GB 275円も業界最低料金
  • データの翌月繰り越しはない
  • データ通信量追加は30GBが上限

月額料金1,390円は他社のMVNOと比較すると通話料金別より若干高いだけの料金設定になっています。例えばOCNモバイルOneは 6GB 1,320円、IIJmioは 4GB 1,078円/8GB 1,518円、mineoは5GB 1,518円。サブブランドで最も最安値のUQ mobileでは、3GB 1,628円となっています。

ただし、各社はデータ容量が余った場合、翌月繰り越しができますが合理的みんなのプランでは繰り越しはできません。個人的には繰り越しができても結局は1か月あたり使える量は同じなのだから・・・。と思いますが、繰り越しは人気が高いサービスなので、できない点は注意をしておきたいところです。

合理的みんなのプランでは、繰り越し不可と通信量追加を30GBまでに上限を設けることで、ヘビーユーザーの利用を抑制していると言えます。これは一見不便なように見えますが多くの健全なユーザーに取っては歓迎すべきことだと思います。有限の資源を有効に配分する工夫だと思います。

長年、MVNOを運営されてきた日本通信さんだからこそ、70分間の通話が込みでこの料金を実現できたのだと思います。月額1,390円で6GBついて通話も70分ついて通信量も通話もほとんど気にすることなく使えるなんて最高だと思いませんか?

日本通信SIMが大好きな私。WスマートプランからMNPします!

日本通信SIM大好きなひとぅです。こんにちは。我が家では家族の回線のうち4人のメイン回線で日本通信SIMを利用しています。今年1月よりお世話になっていますがすこぶる快適で、IIJmioとY!mobileから引っ越して通信品質もお値段も大満足です!

合理的みんなのプランの発表でWスマートプランを選ぶ理由がなくなってしまいました。残念ながらWスマートプランから合理的プランへプラン変更ができないため、MNPします!プラン変更ができるようになるのを待つのもひとつですが、同社間でMNPなんてめったに経験できないことなので人柱レポをしたいと思います!!

日本通信SIMに関してはいくつも記事を書いています。合理的プランを熱く語ったり、通信品質をチェックしたり・・・。気になる方は参考にしてくださいね。

【人柱レポ】MVNOの日本通信SIMは12時台も高速で快適か?意外な注意点が・・・
大手3キャリアが月額2,980円プランを発表し、2021年3月から本格的に価格競争が始まります。今回の価格改定はMVNO業者にとっては衝撃的な出来事でしょう。大手キャリアとMVNOとの差別化は価格であって通信品質が低くても価格を優先...
【お得】日本通信SIMの初期手数料を少しでも安くする方法
「日本通信SIM」の「合理的プラン」はユニークなサービスでMVNOでほとんど事例が無い「話し放題」を実現したり、ドコモの新料金プラン、アハモに対抗し、「20GBの通信量、70分の通話料」をドコモより1000円安い価格設定にしたりと、...
【人柱レポ】我が家のモバイル回線を断捨離!移行先は「日本通信SIM」に決めた!
携帯電話の価格競争が昨年12月から急に激しくなりました。その理由は、NTTドコモが発表した新料金プランの「ahamo(アハモ)」であることは言うまでもありません。そもそも携帯電話は大手3社の独占状態なわけですから残り2社は追随しない...
【人柱レポ】家族4人で日本通信SIMへ移行してメイン回線で1か月利用してみた正直な感想
ちょうど1か月前の1月22日に我が家は家族5人のうち4人のメイン回線を、日本通信SIMへ乗り換えました。それまでの回線はY!mobileとIIJmioでした。残り1名は楽天モバイル&FUJI WiFiのDSDVで運用していま...
【人柱レポ】家族4人の回線を日本通信SIMで契約して3か月の実績は?
基本的にMVNO業者を応援している当ブログですが、2020年12月にNTTドコモが20GB 2,980円(税抜き)のオンライン専用プラン「ahamo」を発表した直後に、対抗プランを打ち出した日本通信SIM。 「合理的20GBプ...
モバイル
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ひとぅをフォローする
関係するかもしれない記事
この記事を書いた人
ひとぅ

新しいものが好きな「ひとぅ」が2007年10月からApple製品や家電製品、ガジェット、ウェブサービスなどの情報を発信中。詳しくは自己紹介ページをご覧ください。
Twitter、Facebookページでブログ更新をお知らせしています。フォローをよろしくお願いします!

ひとぅをフォローする
ひとぅブログ