【人柱レポ】MVNOの日本通信SIMは12時台も高速で快適か?意外な注意点が・・・

スポンサーリンク

大手3キャリアが月額2,980円プランを発表し、2021年3月から本格的に価格競争が始まります。今回の価格改定はMVNO業者にとっては衝撃的な出来事でしょう。大手キャリアとMVNOとの差別化は価格であって通信品質が低くても価格を優先する人がMVNOを選択してきましたが、そのアドバンテージがほとんどなくなってしまいました。

一般的に通話料が付属しないMVNOは、UQ Mobileの3GB 1,480円は高い通信品質に加え余った通信量は翌月に繰り越しまでしちゃいます。これには太刀打ちできないでしょう。

そんな中、ドコモがアハモを発表して翌日には対抗の「合理的20GBプラン」を発表するMVNO業者がいます!そう、日本通信SIMです。

早速申し込み速度を測定したところ通信品質はおおむね良好でブログ記事にも書きました。12月中旬でもっとも混雑する12時の時間帯でも下り5Mbpsは出ていました。あれから約1か月。通信品質はどうなったでしょうか?

もう少し細かく測定をしてみました。

日本通信SIMの加入を検討されている方は、参考にしてくださいね!

【人柱レポ】日本通信SIM 合理的20GBプランの昼休みピーク時間帯と16GBを使い切ってみて低速化後の速度を測定してみた
12月3日に発表されたNTTドコモの新料金プラン「ahamo」の対抗プランを12月4日に発表した、日本通信SIM。ahamoより1,000円安い税別1,980円で20GB使えて通話70分付きというビックリなサービス内容です。 ...
スポンサーリンク

普段は爆速、12時台は速度低下&PINGの数値が悪化

17時、19時台は快適そのもの。下り105Mbpsなんて記録も。通信量がバク食いしちゃいますよ。PINGも30ミリ秒程度と反応も良好。

問題は12時台です。ご存じの通りこの時間帯が最も混雑する時間帯です。

12時34分に下り6.23Mbps、12時40分に3.04Mbpsを記録しました。3Mbpsあればいいのでは?と思われるかもしれませんが、気になるのは初速が遅いという点。12時台は速度は出ていてもPINGが500ミリ秒以上という点。

12月15日前後に測定した12時台のPINGは遅くても200ミリ秒前後でした。これが500ミリ以上・・・。気になる人には気になるでしょう。

余談ですが楽天モバイルの測定値も混ざっています。楽天モバイルは圏内ならば最強ですね!

参考までに昨日の数値。こちらは大阪市中心部での数値。一度、12時34分に0.64Mbpsを記録しました。PINGは566ミリ秒。うむむ、約1か月でこの数値の低下は気になるところです。

合理的プランの発表で申し込みが殺到したのかもしれませんね。

それでも私は、4回線申し込みました

テスト用回線で価格と回線品質のバランスを私は合格点と判断しました。残る家族のY!mobile、IIJmioの4回線すべてを日本通信SIMにMNPしちゃいました!!思い切っちゃったな~。めでたく、ひとりで契約できる5回線に到達しました。

12時台の数値もPINGは遅いものの通信速度はそこそこ出ていますし、日中は爆速です。音声通話70分込み、20GBで1980円。これは安いです。通信量が必要ない妻とおばあちゃんは音声通話70分通話込み、3GBの1,580円のWスマートプランをチョイス

さぁ、もう後に戻れません!!(笑)ちなみに我が家はほとんど通話はしません!!日本通信SIMさん、がんばってくださいね!!応援しています!!

日本通信SIM【公式】合理的なスマホ料金 誕生 | 日本通信SIM
「お客様にとっての合理性」を追求した日本通信SIMは、分かりやすく、安心できて、納得感のある料金プランが支持されています。ドコモ・au・ソフトバンク対抗の70分無料通話付き20GBプラン2,178円が人気です。
雑談
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ひとぅをフォローする
関係するかもしれない記事
この記事を書いた人
ひとぅ

新しいものが好きな「ひとぅ」が2007年10月からApple製品や家電製品、ガジェット、ウェブサービスなどの情報を発信中。詳しくは自己紹介ページをご覧ください。
Twitter、Facebookページでブログ更新をお知らせしています。フォローをよろしくお願いします!

ひとぅをフォローする
ひとぅブログ