【人柱レポ】我が家のモバイル回線を断捨離!移行先は「日本通信SIM」に決めた!

スポンサーリンク

携帯電話の価格競争が昨年12月から急に激しくなりました。その理由は、NTTドコモが発表した新料金プランの「ahamo(アハモ)」であることは言うまでもありません。そもそも携帯電話は大手3社の独占状態なわけですから残り2社は追随しないわけにはいきません。

ソフトバンクは「SoftBank on LINE」、auは「povo」を発表しドコモとほぼ同じ条件となりました。ソフトバンクとauに関しては「小容量」の領域でY!mobileとUQmobileを活用しいわゆるMVNO潰しの料金プランを打ち出してきました。

auまでの料金発表を見て流れはある程度固まったと判断しました。今後は各社間で、小容量、20GB、大容量の3ジャンルでの微調整の戦いとなるでしょう。

我が家では昨年のahamo発表以降、回線の断捨離を検討していました。

今回は我が家の家族構成と利用実態をご紹介し、乗り換えを決定した会社とプランをご紹介いたします。

スポンサーリンク

これまでのプラン

我が家は祖母、父、母、息子、娘の5人家族。

祖母、父、息子、娘は、IIJmio。ファミリーシェアプランを利用、4人で12GBをシェアしています。通話料金は別となります。父は通信をよく使うため別に、FUJI WiFiでSIM100GBを契約しています。

妻は仕事で携帯も利用のため通話込みプランをチョイス。Y!mobileで3GB、10分通話無料を契約。

プランと料金は以下となっています。

  • IIJmio ファミリーシェアプラン(祖母・父・息子・娘)
    • 4回線で12GBをシェア、通話料別(みおふぉん利用で30秒10円)
    • 3,260円(1回線目)+700円(音声SIM)×3回線+400円(4枚目SIM料金)=5,760円
  • FUJIWiFi SIM Sエリア100ギガプラン(父)
    • 2,480円
  • Y!mobile プランS(母)
    • 3GB(1年間4GB)、7か月目以降700円UP
    • 1,980円
  • 合計 10,220円

5人で約1万円。なかなか安いと思いませんか??

これをUPDATEしたいと思います。

楽天モバイルと日本通信SIMに決めた!

我が家のモバイル回線のUPDATE計画は以下のように決めました。

今年4月から大学生になる息子と高校生になる娘。行動範囲が増えるため通信量が増えることが予想されます。通話ほほとんどしませんが無料があれば嬉しいです。

祖母と母はほとんど外で通信はしません。妻は仕事で電話をするので1か月に60分無料通話できれば十分です。祖母は通話ほほとんどしませんが無料があれば嬉しいです。

私は通信をたくさんします。通話ほほとんどしませんが無料があれば嬉しいです。

以上を鑑みて以下をチョイスしました。

  • 日本通信SIM 合理的20GBプラン(息子・娘)
    • 通信量20GB(今は16GB)、70分間通話込み(追加1GB 250円、30秒10円)
    • 1,980円×2回線=3,980円
  • 日本通信SIM Wスマートプラン(祖母、母)
    • 通信量3GB、70分間通話込み(追加1GB 250円、30秒10円)、FiNC PLUS(月額480円相当)が無料
    • 1,580円×2回線=3,160円
  • 楽天モバイル Rakuten UN-LIMIT(父)
    • 通信量無制限、通話料無料(パートナーエリア 通信量5GB、超過時低速化・1Mbps)
    • 0円(1年間、2021/12まで)
  • FUJIWiFi SIM Sエリア100ギガプラン(父)
    • 2,480円
  • 合計 9,620円

なんと、5人で1万円を切りました!!

これまでファミリーシェアだったので4人で12GBを共有していましたが、日本通信SIMでは子供たちはそれぞれ20GBまで、祖母と母はあまり使わないので3GBまで独立して利用できます。しかも通話料が70分間ついてます。スマホの標準電話アプリをそのまま使えるのもいいですね!

Wスマートプランでは健康管理アプリ、FiNCの有料プラン、FiNC PLUSを無料で使えるのもうれしいです。最近、運動不足で体重も増加傾向なので、FiNCで食事管理、体重など健康管理をしたいと思います。

父は楽天モバイルを1年間無料で使うことにしました!もちろん楽天モバイル回線だけでは不安なので、FUJI WiFi回線を補助回線としてDSDVで利用することにしました。普段は楽天モバイルにしておいて通信が不安な場合や地下鉄などパートナー回線になる場合、FUJI WiFiを利用するようにしています。

楽天モバイル回線をメインで使うことで通話品質を肌で感じたいと思ってこの構成にしました!!

日本通信SIM【公式】合理的なスマホ料金 誕生 | 日本通信SIM
日本通信SIMのオフィシャルウェブサイトです。合理的な月額料金で通話かけ放題とデータが使える日本初の携帯電話プランをご提供します。

FiNC/フィンク ダイエット/ヘルスケア アプリ

FiNC/フィンク ダイエット/ヘルスケア アプリ

FINC TECHNOLOGIES INC.無料posted withアプリーチ

日本通信SIMは初期手数料が必要なので注意

日本通信SIMを使うことで通話料が70分間無料という安心感に加え、大容量通信と健康アプリの利用権を手に入れることができました。しかもトータルコストは下がっています。素晴らしいです!!

NTTドコモとの通話料金の値下げ交渉が不調に終わった日本通信ですが、我が家はほとんど通話をしましせんので安心してくださいね!また、昼休みの通信もほぼありません。全力で日本通信SIMさんを応援します!!

日本通信SIMを利用するにあたり注意があります。ahamoやpovoなど大手キャリアの新料金プランはオンラインで申し込みを行うことで初期手数料やMNPの料金が無料ですが、日本通信SIMはいずれも3,000円が必要になります。ただしこの料金はこれまでは普通にかかっていた料金です。乗り換えには各社間で手数料がかかるのは当たり前だと思いますし、健全です。

今回の移行にかかった費用は、Y!mobileのMNP転出料3,000円、IIJmioのMNP転出料3,000円×4回線、日本通信SIM初期手数料3,000円×4回線の、合計27,000円がかかりました。

乗り換えにより600円のコストダウンとなりましたが、45か月もかかるじゃん。と思われるかもしれませんがそれは違います。Y!moboleは7か月目以降700円の値上がりとなります。2年弱ほどでペイされます。長く感じられるかもしれませんが、IIJmioの昼休み時間帯の速度低下はひどいものがありストレスが溜まっていましたし、通話料も別料金でした。通信量も枯渇する可能性も高かったですし。

これらを総合的に考え、移行にかかる27,000円はペイできる。と考えました。

さいごに

いかがでしたか?MNOの新料金攻勢により、MVNOはオワコン!という声が聞こえてきていますが、私は決してそんなことはないと考えています。特に日本通信SIMに関しては経営状態が厳しい中、設備投資を惜しまず料金プランもユニークです。老舗のMVNO業者さんですし全力で応援させていただきます!!

私は楽天モバイル回線を利用していますが、課金開始の時期にそのまま楽天モバイル回線を使うか、MNPするかを判断したいと考えています。そのタイミングでFUJI WiFiは解約予定です。

今回の見直しで家族5人で1万円以内に抑えることができました。UQmobileやY!mobileのサブブランドを利用することでもう少し価格を抑えられる可能性がありましたが、通話料金が別料金となってしまったので諦めました。結果として我が家の利用シーンに合致したとてもバランスのいいプランをチョイスできたと思います。

みなさんも携帯回線の断捨離、見直しをしてみませんか??

モバイル
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ひとぅをフォローする
関係するかもしれない記事
この記事を書いた人
ひとぅ

新しいものが好きな「ひとぅ」が2007年10月からApple製品や家電製品、ガジェット、ウェブサービスなどの情報を発信中。詳しくは自己紹介ページをご覧ください。
Twitter、Facebookページでブログ更新をお知らせしています。フォローをよろしくお願いします!

ひとぅをフォローする
ひとぅブログ