【人柱レポ】日本通信SIM「合理的20GBプラン」契約月が替わり通信制限が解除され快適に

スポンサーリンク

大手3キャリアの新料金プランが出そろいました。ドコモのアハモ、ソフトバンクのSoftBank in LINE、auのpovo。5分通話料無料、通信量20GBで2,980円のアハモとSoftBank on LINE、通話無料が付かず通信量20GBで2,480円のpovoという構成となりました。

MVNO各社は沈黙を続けていますが、戦々恐々なのは間違いありません。この価格帯を出されては回線品質が劣るMVNOに勝機は無いのです。国もただ大手3社に値下げ圧力をかけるのではなくMVNO各社への卸価格の見直しも強く要求していくべきなはずですが不十分です。

そんな中頑張っているのが日本通信SIMです。アハモ、SoftBank on LINEより1,000円、povoよりも500円安く通話料70分込みの1,980円で「合理的20GBプラン」を打ち出しました。初期手数料が3,000円かかることと通信量超過後は128kbps前後まで速度低下してしまうことを除けば十分魅力的なプランです。

過去に人柱レポをしているので気になる方はチェックしてくださいね!

【徹底対抗】日本通信SIMがドコモahamoへの対抗1,980円プラン投入!申し込んでみた!人柱レポは後日!
12月3日にドコモが意欲的な料金プラン「ahamo(アハモ)」を発表しました。月額2,980円でデータ通信量20GB、5分/回の通話無料という今までに無い、いい意味で「どうした!ドコモ!」的なプランの発表となりました。 ひとぅ...
【人柱レポ】ahamo対抗!日本通信SIM 合理的20GBプランファースト・インプレッション
ドコモ新プランアハモ対抗プランを打ち出した、12月10日からサービス提供を開始した日本通信SIMの「合理的20GBプラン」。ブログ記事でもご紹介しています。 MVNOサービスなので速度はどうなの?使い勝手はどうなの?と...
【人柱レポ】日本通信SIM 合理的20GBプランの昼休みピーク時間帯と16GBを使い切ってみて低速化後の速度を測定してみた
12月3日に発表されたNTTドコモの新料金プラン「ahamo」の対抗プランを12月4日に発表した、日本通信SIM。ahamoより1,000円安い税別1,980円で20GB使えて通話70分付きというビックリなサービス内容です。 ...
【最強プラン】実はY!mobileよりも日本通信SIMの月額1,580円の「Wスマートプラン(3GB/70分通話込み)」がいいかも!
NTTドコモが12月3日に発表した新料金プラン「ahamo」が20GB、5分かけ放題、2,980円がこれから業界の標準になるでょう。12月4日に日本通信SIMより対抗プラン「合理的20GBプラン」が20GB、合計70分通話込み、1,...

通信量の上限16GBを使いきり低速化となっていましたが、15日に新たな契約期間となりました。

改めて速度計測をしてみると・・・。

下り70Mbps弱、上り30Mbps弱の速度が出ています。

MVNOとしてはかなり優秀なスコアで12時~13時も致命的な速度低下が現在のところないことを確認済みです。

昨年中にまとまる予定だった日本通信とドコモの「音声通話卸役務」の料金協議は不調に終わってしまい先行きが不透明ではありますが、日本通信にはがんばってほしいですね!!

【最強プラン】実はY!mobileよりも日本通信SIMの月額1,580円の「Wスマートプラン(3GB/70分通話込み)」がいいかも!
NTTドコモが12月3日に発表した新料金プラン「ahamo」が20GB、5分かけ放題、2,980円がこれから業界の標準になるでょう。12月4日に日本通信SIMより対抗プラン「合理的20GBプラン」が20GB、合計70分通話込み、1,...
モブログ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ひとぅをフォローする
関係するかもしれない記事
この記事を書いた人
ひとぅ

新しいものが好きな「ひとぅ」が2007年10月からApple製品や家電製品、ガジェット、ウェブサービスなどの情報を発信中。詳しくは自己紹介ページをご覧ください。
Twitter、Facebookページでブログ更新をお知らせしています。フォローをよろしくお願いします!

ひとぅをフォローする
ひとぅブログ