【悲報】mstdn.jp が6月30日にサービス終了、今こそお一人様インスタンスの勧め&引っ越し方法を解説するよ!

スポンサーリンク

分散型SNS「マストドン」のインスタンス「mstdn.jp」と「mstdn.cloud」を運営する分散型ソーシャルネットワーク機構は5月25日、両インスタンスを6月30日に終了すると発表しました。Twitterのトレンド入りをしており大きな注目を集めています。5月時点でのユーザー数はmstdn.jpが約20万人で、mstdn.cloudが約6万人。

https://mstdn.jp/@mstdn_jp/104227467367414869

分散型ソーシャルネットワーク機構は、mstdn.jpの公式アカウントで、「運営の引継ぎ・譲受を希望する場合はsns@bunsan.socialまで連絡してほしい」と呼びかけています。残り1ヶ月強ですが、引受先が見つかることを願います。

https://mstdn.jp/@dsno/104227976877011984

mstdn.jp は2017年4月に日本で起こったマストドンブームの火付け役です。当時の管理者は、ぬるかるさんで個人で立ち上げたインスタンスが数万名ものユーザーを抱える運営者となり一躍時の人ととなりました。

2018年10月に、創設者のぬるかるさんからきぼうソフトへ譲渡。きぼうソフトは2019年7月に運営専用の別会社として分散型ソーシャルネットワーク機構を立ち上げ、mstdn.jpとmstdn.cloudの事業を移行しました。

2019年は8月、11月と度重なる重大な障害が発生するなど不安定な運営が不安視されていました。きぼうソフトは2019年12月に破産手続きを開始していましたが、運営は別で影響はないとしていました。

mstdn.jpが大規模メンテナンス中(25日23時59分まで)
Twitterに似たミニブログサービスの分散型SNS、マストドンのインスタンス世界第4位であるmstdn.jpは、2019年8月24日0時0分から25日23時59分まで臨時メンテナンスを実施中です。 24日14時現在、mstd...
mstdn.jpがサービスダウン中、サービス再開は11/10~12を予定
連合型ソーシャルネットワークサービスのマストドンを日本で一気に知名度を上げた大手インスタンス「mstdn.jp」が障害発生中です。 8月頃にも動作が不安定になり復旧まで時間を要しましたが、再び10月中旬頃より不安定・動作が遅く...
元mstdn.jp運営会社「合同会社きぼうソフト」が破産手続きを開始、現運営「合同会社分散型ソーシャルネットワーク機構」は資本関係はないとアピール
約20万人の利用者を抱える世界最大級のインスタンス「mstdn.jp」の元運営会社の「合同会社きぼうソフト」が2019年12月5日に横浜地裁に破産手続きの開始決定を受けました。12月26日時点で公式サイトは「404 Not Found ! ...

今回のサービス終了の理由は、ネット上の中傷に対する法制強化が実現された場合、運営の事務負担増加に対応しきれないと判断したためとのことです。多くのユーザーを抱えるSNSプラットフォームを運営するにあたり、収益構造のないマストドンでは、仕方の無い判断と言わざるをえないかもしれません。

スポンサーリンク

そこで、お一人様インスタンスですよ!

マストドンはインスタンス、サーバを自分で立てて運営することができます。いわゆる自分専用サーバです。自分専用なのでリスクは最小限ですし自分の好きなように運営できます。ひとりなのでサーバ負荷も低く最低限のコストで運営が可能です。

そんな私は、2019年11月におひとり様マストドンを始めました。

運営する知識も技術も時間もないよ!という方、ご安心ください。私も同じです。そんな方にお勧めなのが、マストドンのホスティングサービスです。Hostdon というサービスで、コストは月額450円(シンガポールリージョン)から。独自ドメインは年間1,000円ちょっとですし、年間6,000円程度で一生変わらないマストドンのアドレス・アカウントをゲットできる、おひとりさまインスタンス超オススメです。

多くの方が利用することで、Hostodon さんの運営が安定してくれると私も嬉しいです!(´∀`)

Hostdon - Mastodonのホスティングサービス

詳しくは以下の記事をご確認くださいね!

おひとり様マストドンをはじめました
TwitterやFacebookのような一企業が運営するSNSは、多くのユーザーが集まる事でビジネスが成り立っているため、自分たちの都合のいいように利用規約を改定していきます。それに嫌気を刺した人たちが注目したのが、連合型ソーシャル...

さらば!mstdn.jp ! 新しいインスタンスへ引っ越しをしよう!

おひとりさまインスタンスを立ち上げましたか?

そこまでは・・・という方は、Mastodonサーバー紹介 2019/11/14版のページを参考にピッタリなインスタンス、サーバを探しましょう!(このページホントオススメ!)

Mastodonサーバー紹介 2019/11/14版 - Komittee Express
※この記事は2019/12/14に開かれる第2回技術書同人誌博覧会で頒布する新刊『Mastodonから始めるFediverse探訪』の一つの

新しいアカウントの準備ができたら、mstdn.jp のアカウントを引っ越ししましょう。

エクスポート(mstdn.jpでの作業)

残念ながら新アカウントへトゥートしたログは移行できませんが、トゥートとメディアのアーカイブ(圧縮ファイル)エクスポートできます。

「ユーザー設定」→「インポート・エクスポート」→「データのエクスポート」→「アーカイブをリクエスト」をクリックしましょう。トゥートのテキストログやイメージなどを入手できます。

7日毎にアーカイブをリクエスト可能です。注意点としては2GBを超える場合、エラーとなり出力されません。これはmstdn.jpではなく、マストドンの仕様です。

続いて、「フォロー」、「リスト」、「ブロック」、「ミュート」、「非表示にしたドメイン」のCSVファイルもダウンロードしておきましょう。(CSVアイコンをクリックするとダウンロードできます。)

引っ越し元の情報を登録しよう(新サーバでの作業)

「アカウント」→「アカウント設定」→「別のアカウントに引っ越す」の「引っ越し先を明記したい場合はこちらで設定できます。」の「こちら」をクリックします。

「アカウントエイリアス」にこのサーバへ移行したいアカウントを登録します。「引っ越し元のユーザーID」に、mstdn.jpのアカウントを入力し、「エイリアスを作成」をクリックします。(この時点では何も置きませんのでご安心を!)

引っ越し先を登録しよう&移行開始しよう(mstdn.jpでの作業)

「アカウント」→「アカウント設定」→「別のアカウントに引っ越す」の「引っ越し先を明記したい場合はこちらで設定できます。」の「こちら」をクリックします。

引っ越し先のユーザーIDに、新しく準備したマストドンのIDを入力し、現在のパスワードにはmstdn.jpのパスワードを入力、「フォロワーを引き継ぐ」をクリックします。

この作業で次のことが行われます。フォロワーが引っ越し先に移行されるのが素晴らしいです!!

  • すべてのフォロワーを現在のアカウントから新しいアカウントに引き継ぎます
  • プロフィールに引っ越し済みの通知が表示され、検索結果から除外されます
  • その他のデータは自動的に引き継がれません
  • まずは引っ越し先のアカウントでこのアカウントに対しエイリアスを作成する必要があります
  • 引っ越し後はクールダウン期間があります。その間再度引っ越すことはできません
  • 引っ越した後はデータのエクスポートと再有効化を除きほとんどの機能が利用できなくなります
基本的にこの作業をした後は取消しはできない。と思っておいた方がいいでしょう。mstdn.jpからの移行先のサーバの安全性、健全性を確認の上、実行されることをオススメします。
移行先のサーバのバージョンや設定によっては移行できない場合があります。

フォロー中のアカウントなどインポートしよう(新サーバでの作業)

最後に、mstdn.jpでダウンロードしておいた「フォロー」、「リスト」、「ブロック」、「ミュート」、「非表示にしたドメイン」のCSVファイルをインポートしておきましょう。

「ユーザー設定」→「インポート・エクスポート」→「データのインポート」をクリックして、インポートする項目をプルダウンで選択して、ファイルを選択の上、「アップロード」をクリックします。

さいごに

以上で、mstdn.jpから新しいインスタンス、サーバへ移行が完了できたと思います。mstdn.jpでご説明しましたが、mstdn.cloudでも同様の手順でお引っ越しできます。

6月30日まで残り1ヶ月。mstdn.jpの移行先が現われる可能性はゼロではありませんが、早めのお引っ越しをオススメします。また、このタイミングでおひとりさまインスタンスをはじめてはいかがでしょうか?こちらもおすすめです!

Hostdon - Mastodonのホスティングサービス
Webサービス
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ひとぅをフォローする
関係するかもしれない記事
この記事を書いた人
ひとぅ

新しいものが好きな「ひとぅ」が2007年10月からApple製品や家電製品、ガジェット、ウェブサービスなどの情報を発信中。詳しくは自己紹介ページをご覧ください。
Twitter、Facebookページでブログ更新をお知らせしています。フォローをよろしくお願いします!

ひとぅをフォローする
ひとぅブログ