祝!iPhone4が満1歳!裸の姿を拝んでみた

この記事がおもしろかったらシェアしてね

1年前の今日、2010年6月24日にiPhone4が発売となりました。今日でiPhone4は満1歳を迎えました〜(≧∇≦)おめでと〜。

毎年コンスタントに新機種がリリースされていたiPhoneですが、後継機のiPhone(5?、4S??)は数ヶ月遅れ、9月頃に発売??と噂されています。

そんなiPhone4。1年経っても機能、デザインともに、色あせることなく矢継ぎ早に発売になる、Androidの新機種と同等またはそれ以上の魅力を未だに維持しているのには、アップルの強さを実感してしまいます。

私は、去年の6月25日にiPhone4をゲットし、保護シートとして、invisibleSHIELDを貼っていました。ケースは、純正バンパー(黒)を着用。しかし、この1年でいろいろな問題が発生してきました。

invisibleSHIELDはサンダーでガリガリやっても、びくともしない!という強度が強みなんですが、分厚さがありフリックに引っかかり感があるんですよね〜。またこの1年でちょっとずつずつ、位置がずれてきてカメラやスピーカーの穴をふさぐように。

指でマッサージをするようにして、穴をふさがないように保護シートを元の位置に戻すようにしていたのですが、のりが取れてしまい接着力が弱くなり剥がれてくると言う惨状。

さらに純正バンパーもゴムの部分が破損してきて残念な事になってきました。ぱっくりと口を空いたり割れたり、すり切れたり。

この1年間、肌身離さずともにした結果がこれです。純正バンパーさんや、invisibleSHIELDには感謝しております。

iPhone4の発売からちょうど1年、という事もあり、気分転換で保護ケースを変えてみることに。いろいろケースを探したのですが、なかなか好みのものがない。invisibleSHIELDを装着するまでの間、裸で使っていたのですが、そのときのiPhone4のガラス面の気持ちよさ、心地よさを思い出してしまい、保護シートは無しで行くことにしました!! 

スケルトンタイプのプロテクトフレームだけ付けることで背面が直に机などに触れないようにしたいと思います。

で、結局、とっても安くてお得なiJacket Protect Frameをヤマダ電機で880円で購入。あ、これにはちゃんと保護シートが付属していますよ♪。私は生フリックをしたかったので使いませんでしたが。(純正バンパーではイヤホンやDock部分が純正品しか接続できないというシビアなデザインでしたが、このケースは大きめの穴が空いているのでサードパーティのものでも問題無く使えそうです。)

保護フィルムを付けずにフレームのみ装着したiPhone4。1年経ってもまだピカピカですし、ガラス面のフリックの滑りは本当にきもちがいいです。

iPhone4の表面はガラスなので一般的な携帯電話の画面などより強度があり、傷にも強いはずなので、しばらく裸の状態で使ってみようと思います。

1年ぶりに拝んだiPhone4の裸の姿。やっぱり裸は最高ですね♪。

スポンサーリンク
この記事をお届けした
ひとぅブログの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

この記事がおもしろかったらシェアしてね

ひとぅに興味を持った方はフォローしてね

関連記事

この記事に関連するオススメ


コメント

  1. cyapu より:

    やはり裸が一番良いですよね!
    私もそう思いますが、なかなか怖くておもわず保護シートを貼ったままです。
    私は9月購入なので、もう少し保護シートを貼ったまま使いたいと思います。
    一年を迎えるに当たって質問ですがapplecareは入ってますか?
    現在悩み中です。(^-^)/

    • ひとぅ より:

      裸、やっぱいいですわ〜。つるつるです♪
      Applecareは入っていないです(^_^;)。
      ダメになった時はその時に考えようと思っています〜。(←楽観的)

Highslide for Wordpress Plugin