【TIPS】Logicoolマウス(M545)が突然ドラッグができなくなったときの対処法

この記事がおもしろかったらシェアしてね

IMG_1458

Logicoolが大好きな私。使っているマウスは自宅も職場でもロジクールです。安定した動作と電池の長期寿命など、完成度が半端ないっす。最近のお気に入りマウスは「Logicool ワイヤレスマウス M545」(2,072円)です。気づけば3つも購入しちゃいました。

スポンサーリンク

突然調子が悪くなったぞ!

機嫌良く使っていたM545ですが、突然調子が悪くなりました。ドラッグができなくなったのです。その他、カーソルの操作、ホイール、クリックなどはまったく問題ありません。

ウィンドウのバーをクリックして移動しようとドラッグをしようとすると、パッと離しちゃう感じなんです。うーん、もどかしい!!!

直前にインストールしたソフトを一式アンインストールしたり、Macを再起動したり、マウスの電池を入れ替えたり再起動したりもしました。絶大な信頼をしているマウスです。マウスが原因だとは最後まで考えませんでした。

最後にWindowsパソコンに刺してみたところ……ダメです。状況は同じ。ドラッグができません。

これで原因はマウス本体と特定しました。

原因はチャタリング、カチャカチャすれば治った

悩んだ末たどり着いたブログに救われました。同じロジクールマウスM705での解決方法の説明記事ですが状況はまったく同じでした。

長く愛用していますがドラッグがマウスを押しているにもかかわらず勝手に解除されてしまったり、普通のクリックがダブルクリックになったりと非常にいらいらしてました。 調べてみると同じような症状の方が多いようで、メモしておきます。

記事によると原因は「チャタリング」というものらしいです。

チャタリング (英: chattering、Contact bounce、chatter) とは、可動接点などが接触状態になる際に、微細な非常に速い機械的振動を起こす現象のことである。原義は、そのような振動により音を立てる(英: chatter)という意味から。特に、弱電を扱うスイッチやリレーが接続状態になる時に起こるその現象を指す。また離れる時もきれいに一回で離れるとは限らない。またそれによって発生する不安定な信号や、それによって引き起こされる電子機器の現象(特に、誤動作)なども指すことがある。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%81%E3%83%A3%E3%82%BF%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%B0

解決方法はいたって簡単。

電池を抜いて電源をONの状態でスイッチ(今回は左クリック)を10秒間ほどカチカチクリックするだけ。本当にこれで治るの?と思いましたが私も治りました。スゲー!!

さいごに

この方法は応急処置との事です。私も長年、パソコンを使っていますがこの症状になったのは初めてです。M545は3年保証がありますが、まだ2年目なので念のためロジクールに連絡を入れておきました。

きまぐれPCライフさん、ありがとうございました。私の記事が、同じ現象の方のお役に立ててれば幸いです。

スポンサーリンク
【TIPS】Logicoolマウス(M545)が突然ドラッグができなくなったときの対処法
この記事をお届けした
ひとぅブログの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

この記事がおもしろかったらシェアしてね

ひとぅに興味を持った方はフォローしてね

関連記事

この記事に関連するオススメ


Highslide for Wordpress Plugin