【レビュー】3,000円弱のBluetoothマウス M557はシンプルで安定したマウスだった(7/31まで10%OFFの2,610円)

この記事がおもしろかったらシェアしてね

DSC08692.JPG

先日購入した、文章入力専用端末、「ASUS TransBook T90chi」。少々不満点もありつつおおむね高い満足度で利用中。T90chiを暫く使ってみた感想は別記事でご紹介したいと思いますので、こうご期待!(^_^;)

タッチパッドがないT90chiですが、疑似マウスソフトやタッチパネルで特に問題はないのですがやはりマウスがあれば快適度は格段にアップします。そこで、今回は、「Logicool ロジクール Bluetooth マウス M557」を(2,900円)を購入したのでご紹介します。

また、ロジクールのマウスです。しかし、今回は久しぶりのBluetoothマウス。実はBluetoothマウスはこれまで何度か使った事はあるのですが反応が悪かったり途中で切断されたりと、あまりいい印象は持っていませんでした。数年ぶりに使いますがさてどうでしょうか?

また、Amazonでは7月31日23時59分までサマーセールで10%引きとなっています。今なら2,900円の290円引き、2,610円です。 購入を検討している方は、このセール中に購入ことを検討されてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

開封の儀

DSC08662.JPG

それでは開封していきましょう。単三電池2本で12ヶ月持ちます。

DSC08664.JPG

裏面に特徴が書かれています。Windows 8 のスタート画面ボタンがあるのが特徴ですね。

DSC08666.JPG

いつものように角から開けやすくなっています。

DSC08667.JPG

同梱物はこれだけ。単三電池2本も付属しているのですぐに利用できます。

DSC08669.JPG

マニュアルはパッケージに書かれています。初心者の方にはBluetoothの接続方法の説明はこれだけではちょっと足りないかも。Webで詳しい情報を確認する必要があるかもしれません。

DSC08670.JPG

重要なお知らせ、安全性、規制および製品保証の用紙が入っています。まぁ読むことはほぼないですね。

DSC08672.JPG

これが本体。意外と角張っています。ホイールの左右チルトボタンがあるのは便利です。Windows 8のスタートボタンは珍しいですよね。

DSC08673.JPG

底はこんな感じ。電源スイッチはBluetoothのコネクトボタン。レーザー部は「INVISIBLE OPTIC」と書かれています。レーザー発光時は何も点灯しません。最近はこのタイプのレーザーが多いですね。

DSC08674.JPG

お尻はこんな感じ。ここから電池を入れます。

DSC08676.JPG

パカッと。

DSC08677.JPG

ほぼ電池だけになります。

DSC08678.JPG

セット完了!

DSC08680.JPG

横に認証関係の明示とシリアル番号などが記載されています。製造国は中国。

DSC08696.JPG

外観をもう少し詳しくみてみましょう。

DSC08690.JPG

お尻にかけての膨らみは少なめです。

DSC08691.JPG

光沢のある素材です。クリック感は特に特徴はなくクリック音も不通です。

DSC08692.JPG

ホイールも軽すぎず問題なく利用できます。さすがロジクールです。安定感は抜群で安心して購入できます。

DSC08705.JPG

先日購入したM545と比較してみましょう。サイドのボタンはありません。お尻にかけての膨らみもご覧の通り。私はM545くらいある方が好み。

DSC08704.JPG

並べてみるとM557の方が大きいことが分かります。デザインは対照的ですね。好みの問題だと思いますが、私はM545の方が好きかな。

DSC08710.JPG

文章入力専用端末として愛用中の、ASUS TransBook T90chiの横に置いてみました。うん、ピッタリです。いい感じ。

DSC08712.JPG

Windows 8.1のBluetoothの設定画面です。今回は説明は割愛させていただきますね。

以上、開封の儀でした。

Windows 8.1ではBluetoothにバグがある?

7月末にWindows 10が発売されるというこのタイミングで書いても需要があるか分かりませんが、一応ご紹介。しばらくT90chiを利用していると、Bluetoothキーボードが効かなくなりました。キーを打鍵するとどのキーに限らず、「ああああああ」と特定の文字が連続で入力されてしまいました。

今回はマウスではなかったのですが、Bluetoothマウスでも同様にしばらく使っていると不具合が起きる可能性がWindows 8、Windows 8.1にはあるようで、設定の変更をしておく方がよさそうです。

以下に、Bluetoothキーボードやマウスが途中で切断される不具合を回避する方法をご紹介しておきます。

Windowsキー+Fキーで検索ボックスを表示させ、「すべての場所」を選択し、テキストボックスに「デバイスマネージャー」とタイプし、デバイスマネージャーを選択、起動します。

150712025900

「Bluetooth」→「Bluetooth 無線」をダブルクリックしてプロパティ画面を起動します。

150712030000

「電源の管理」タブを表示し、「電源の節約のために、コンピューターでこのデバイスの電源をオフにできるようにする」のチェックボックスをOFFにして「OK」をクリック。これで完了です。

Windows 10では改善されているといいなぁ。

Bluetooth マウス M557のここがGood!

  • 認識が早い
  • 追随性に問題なし

特筆することは特にないが癖のないマウスだと言えます。ホイールの左右チルトボタンはブラウザなどで進む、戻るとして機能するので重宝します。

Bluetooth マウス M557のここがうーん

  • Windows ボタンはあまり意味なし
  • デザインがあまりかっこよくない

持ちやすさやデザインは好みだと思いますが私はもう少しお尻に膨らみがある方が手にフィットすると感じました。デザインももう少し奇抜さがあってもいいかも。おとなしすぎるかな。Windowsボタンもほとんど使いませんね~。

さいごに

久しぶりのBluetoothマウスでしたがカーソルの追随性は特に問題なく安心しました。電池も12ヶ月持つのもいいですね。シンプルなデザインで面白みが特にないマウスですがよくできた癖のないマウスと言えるでしょう。

Bluetoothマウスをお探し中の方はぜひ参考にしてくださいね!7月31日までAmazonで10%引きの2,610円で購入できますよ~。

スポンサーリンク
【レビュー】3,000円弱のBluetoothマウス M557はシンプルで安定したマウスだった(7/31まで10%OFFの2,610円)
この記事をお届けした
ひとぅブログの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

この記事がおもしろかったらシェアしてね

ひとぅに興味を持った方はフォローしてね

関連記事

この記事に関連するオススメ


Highslide for Wordpress Plugin