メニュー
ひとぅ
新しいもの好きな「ひとぅ」が2007年10月からガジェット製品や雑貨、面白いウェブサービスなどの情報を発信しています。お得な情報や役立つTIPSも人気です。
アーカイブ
カテゴリー

【2022年まとめ】今年買った&使い始めたモノ ベスト10&ワースト5を発表!!

  • URLをコピーしました!

2022年も残り1日となり毎年恒例の、今年買った&使い始めたモノの、ベスト10&ワースト5を発表いたします。例年はベスト5でしたが今年は例年になくブログ記事の執筆が少なくなりましたが、購入意欲は例年通り、いや、例年以上に買いまくりました。

ブログでご紹介できなかったけれど、買って良かった商品が多かったので、一気にご紹介します。少し長い記事になりますが、お時間があるときにご覧くださいね。

目次

Good!なトップ10

【第10位】ポータブル電源&ソーラーパネル

災害対策でもっとも重要なのは、数日間の水とスマホ電源の確保だと思います。電力は比較的早期に復活しますが現代は携帯電話、スマホは連絡手段、情報収集の上で最重要アイテムで生命線となります。電波繋がらなくてもオフラインでもメモや録音機、懐中電灯などに使えます。このため家族のスマホが充電できる最低限必要な容量のポータブル電源と、万一長期間になった場合、充電できるようにソーラーパネルも購入しました。

車で長距離ドライブをする時に持っていくと便利でバッテリーの心配をする必要が無くなりました。リン酸リチウム電池なので2,000回の充電ができる点もポイントです。

一点、不満点は交流電源が正弦波ではなく疑似のため利用できない家電製品が一部あるくらいです。この価格で安心を買ったと思えば満足度は高く、第10位にランクインさせていただきました。

もう少しポータブル電源に慣れてきたら大きな容量の電源を買い足していこうと思います。

【第9位】PC不要HDMIキャプチャーボード

最近のゲーム機はゲーム面を録画できますが、Switchでは録画時間が短かい場合やゲームのバージョンアップでリプレイが再生できなくなることもあります。(例:スプラトゥーン3)これを解決すす方法で一番手軽な方法が、HDMIで直接記録してしまうキャプチャーボードです。この機器はPC不要でSDカードはもちろん、USBメモリにも直接保存できるので録画や再利用が簡単です。

ゲーム機はもちろん、PCなどHDMI出力する機器とディスプレイの間に接続して録画する仕組みなので、何でも録画できる点が気に入っています。ひとつ持っておけばきっと幸せになれます。

【第8位】ブラウン 電動歯ブラシ オーラルB ジーニアスS

過去に電動歯ブラシはパナソニックのドルツを使った事がありますが手磨きとの違いを実感する事ができませんでしたが、気になっていたブラウンの電動歯ブラシを買ってみました。結果は大満足。磨きあがりは評判通りで超音波の振動で磨くので手で磨くよりツルツルとなります。毎日磨いていると感動はありませんが初めて使った時はその差を実感する事ができました。最後にリステリンで口内を殺菌してさっぱり!オススメです。

口の中を右下右上、左下左上と4分割して、1箇所30秒ずつ合計2分間で磨けます。30秒ごとにお知らせで振動してくれるので、ゴシゴシ磨くのではなくゆっくり前面、背面、平らな面をなぞる感じで動かすだけでOK。短すぎることが無く1箇所10秒ずつというのも分かりやすく同じ歯磨きの質となる点は、商品の品質以前にいいと思いました。

スマホ連動ははじめ使いましたが最近は使っていません。使ったことが無い人は安価なモデルから使ってみてもいいと思います。

【第7位】iPad miniがすっぽり入るショルダーバッグ

iPad miniはスマホと持ち歩いています。これは意外でした。車で移動するときはカーナビとして使い、通勤では電車の中はスマホを使いますが、仕事ではメモ帳として使っています。そんないつも持ち歩くiPad miniがピッタリ入るショルダーバッグがいい感じです。

製造元のEvoonさんはLINEでサポートをしていて、前面ポケットのボタンが取れてしまったので連絡してみると新品交換してくれました。このサポートの良さには驚きました。とても軽く使いやすくてお気に入りです。

【第6位】エース ビジネスリュック

ビジネスマンはスーツ姿が当たり前という時代は終わり、最近はカジュアルな服装が増えました。ビジネスマンでもリュックをしている人も増えました。はじめ見た時は驚いたものですが、実はビジネスバッグよりもリュックの方が、両手が空いて安全ですし腰の負担も軽くなる効果もあります。

ついに私もビジネスリュックデビューをしました。13インチの軽量ノートPCやiPad miniやA4書類、折りたたみ傘が入る軽量なモノを探し、ついに見つけました!エースのビジネスリュックです。

マチはそこまで多くないけども収納力は意外と高くポケットも多くて使いやすいです。品質も高く長く愛用できそうです。

【第5位】Apple TV (2022)

毎日、FireTV Stick 4K MAXを使っている母のためにApple TVを買いました。FireTV Stickは最上位機種でも動作はサクサクではありません。モッサリ・・・では無いのですが快適か?と言われるとうーんという感じ。FireTV Cubeを買おうかと思ったのですが、2万円ほどするならいっそのことAppleTVでいいんじゃね?と思い買ったのですが、大正解でした。

FireTV Cubeの速度は未体験ですが、Apple TV 2022の挙動は文句無しのサクサク。iPhone 14(無印)にも使われているA15 Bionicが入っているんですから当然ですよね。Ethernetモデルを購入しました。Apple TVは初代以来2台目となりますが、比べものにならないほどUIが使いやすく快適になっていました。

Fire TVと違って余計なオススメ画面が表示されず目的のアプリを見つけやすく起動しやすいです。コントローラーのスライドも慣れが必要ですが母はすっかり使いこなしています。さすがAppleだな、と思いました。

毎日使うものだからこそ、サクサクに動くのはとても重要だと思います。

【第4位】Signal

LINEのスーパーアプリ化が止まりません。日本でもっとも普及したSNSなので友人との連絡手段として、どうしても削除することはできませんが、一番、会話をやり取りする家族間でLINEを利用するのを辞めることにしました。

Discordも使ってみたのですがチャットツールとしては使いやすいけれど、メッセージアプリとしてはちょっと使いにくいので、Siganalを使い始めました。電話番号でSMSの登録が必要になりますが、セキュリティの堅牢さには定評があります。

『みんな、LINEをやめてSiganalを利用しよう!』という啓発記事を書こうと思いましたが、年内に書くことは叶いませんでした。セキュリティが高いのはもちろん、通話、ビデオ通話はできますし、グループトーク、消えるメッセージなど、LINEのメッセージ機能以上を有しています。スタンプに当たるステッカーを自作できるし、無料で配布もされています。

LINEと違い余計な機能が無いので気が散らないですしアプリが軽いのも好感が持てます。iMassageをはじめ、Google メッセージ、Message+、Rakuten Linkなど、RCSとして開放・連携される気配が無い今、iOS、Android、Windows、Macとマルチプラットフォームで利用できる、Signalは超オススメです。

家族からはじめて、お友だちと周辺に少しずつ布教活動をしています。今は連絡手段の約9割はSiganalで済んでいます。無料なのでみなさんも一度使ってみませんか?

Signal - プライベートメッセンジャー

Signal – プライベートメッセンジャー

Signal Messenger, LLC無料posted withアプリーチ

【第3位】iPhone 12 & Galaxy S10

中古で7月に購入。256GBで約8万円でした。2022年12月時点で2世代前となりますが、本体のデザインは現行機のiPhone 14とほぼ同じですし、処理能力は最新機種のAndroid機のミドルレンジモデルより高いです。(単純比較できませんがAntutuスコア約75万点)

母はTCL 10 Proを使っていて画面がキレイで満足していましたが、ちょっと使ってみるとモッサリ・・・重すぎます。Antutuスコアは22万点・・・。こんなに低かったのかと思い、Galaxy S10を中古で約15,000円で購入しました。Antutuスコアは52万点。2倍強の性能があり、3年前の機種ですがまだまだ戦えます。カメラ、スピーカーも一級品です。

新品でローエンド機を買うくらいなら、中古で数年前のハイエンド機を買った方が幸せになるな、と再認識しました。

Apple(アップル)
¥101,010 (2023/02/03 17:02:27時点 Amazon調べ-詳細)

【第2位】プレイステーション5

2020年11月に発売され2年が経過しても未だに普通に店頭で買えない状態が続くPS5ですが、10回目くらいでしょうか?ヤマダウェブコムの抽選販売に当選しました!我慢して転売ヤーから買わなくて良かったです。

12月22日に到着したばかりですが堂々の2位を獲得です。想像以上の映像とサクサク度。UIも使いやすい。このレスポンスの良さはゲーム体験にも大きく影響します。スパイダーマン、GT7、Ghost of Tsushima、サイバーパンク2077と遊びまくっています。PS Plus プレミアムに加入しているのでまだまだ遊ぶゲームがあります。ますますブログを書く時間が確保できなさそうです。

買って良かったです!!2023年は流通が増えるようなので普通に店頭に並ぶようになるといいですね。

ソニー・インタラクティブエンタテインメント
¥60,478 (2023/02/03 16:46:46時点 Amazon調べ-詳細)

【第1位】Pixel 7 Pro & Pixel 6a

Pixelは、3a、4aと購入してきており、昨年はじめて6を購入し細かな不具合があったけれども、Pixel 7シリーズでは多くが克服されました。発売時には下取り価格の増額&値引きキャンペーンが行われたこともあり、Pixel 7ではなく、Pixel 7 Proを購入しました。

Pixel 7 Proはズームレンズを搭載しカメラ機能はほぼ不満無し。処理速度、指紋認証、顔認証など機能的にもほぼ万点。ディスプレイがフラットディスプレイなら完璧でしたが、個人的にはGlaxy Note 10+以来の満足度となりました。

妻のスマホとして使っていたPixel 4aからPixel 6aへ買い替えましたが、こちらも大満足。Pixel 6の不満点をブラッシュアップしておりコスパが高く満足度が高いです。Pixelシリーズは年々完成度を高めてますね。

2022年の第一はPixel 7 ProとPixel 6aのダブル受賞としました。Pixelの快進撃はこれからも続きそうです。

Google(グーグル)
¥113,600 (2023/02/03 17:06:25時点 Amazon調べ-詳細)

うーんなトップ5

【第5位】キングジム 収納スタンド

家の中で移動するときにガジェット部品を持ち運ぶのに便利、という口コミで買ったのですが、正直微妙でした。確かに一箇所に収納できるのは便利ですが、これごと持ち運ぶ必要性があまりなく、家の用途であればノートPCとマウスだけで充分だったりします。ポケットも小さく入れられるものが限定されてしまいます。ちょっとイメージしていたものと使い勝手が違い使わなくなってしまいました。

会社でフリーアドレスで出社時にロッカーから出して帰宅時にロッカーに戻す、というシーンには使いやすいような気がしました。

【第4位】ワコム ペンタブレット

お絵描きが好きな娘のために買ったのですが、iPadの方が使いやすいということで結局使っていません。6,000円弱の安いモデルを買ってお試しをしたのですが案の定でした。液タブならまた違ったかも知れませんがiPadから入ってしまったのでWindowsで使う、とはならなかったようです。

Wacom(ワコム)
¥5,440 (2023/02/03 17:07:23時点 Amazon調べ-詳細)

【第3位】Pixel Watch

Googleが作る一作品目のスマートウォッチという事で期待を込め購入しましたが、実は私にとっても初めてのスマートウォッチでした。Apple Watchですら買わなかったのは、「スマホで充分」と思っていたから。Pixel Watchを手にして感じた感想は、バッテリーの持ちが1日しか持たない、アプリが少ないといった不満よりも、「スマホで充分」という気持ちがやっぱり大きかったです。

Suicaが使えるのでスマホを出さずに改札を通ったりレジで決済ができるのは便利だし、アプリの通知を手元で受けられるのは確かに便利ですが、やっぱり「スマホで充分」という気持ちがあります。実際にスマートウォッチでしかできないことって心拍数の記録、睡眠の記録くらいでしょうか。

約2か月使い、まだ使っていますがいつまで続くかな?というのが本音です。後継機が出ても恐らく買うことは無さそうです。個人的な感想は「スマートウォッチはスマホで充分」でした。

Google(グーグル)
¥38,980 (2023/02/03 17:10:56時点 Amazon調べ-詳細)

【第2位】体重計

旅行で持っていくためにコンパクトな体重計が欲しく買ったのですが失敗でした。小さすぎて乗りにくいのです・・・。縦が足のサイズより小さいため安定せず前や後ろに倒れそうになりまともに体重測定ができません。

このスペースに立てる人はいるのでしょうか?私がバランス感覚が悪いだけかも知れませんが・・・。結局旅行中、1回も使わずでした。購入される方は注してくださいね。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)
¥2,010 (2023/02/03 17:02:07時点 Amazon調べ-詳細)

【第1位】手回し付きソーラー モバイルバッテリー

見かけ倒しとはこのこと、と言える商品ですね。完全に嘘という訳ではないと思うのですが、手回しをしても充電の効果は見られませんし、ソーラーも1日中屋外に出していても1メモリも充電されません。期待し過ぎた私が悪かったのですが、このタイプのモバブを買うならシンプルな安価なものを買うことを強くオススメします。

5,000円弱と安価でしたが、2022年もっともガッカリした商品でした。

2022年総括

冒頭にも書いたとおり2022年はブログの執筆が少なくなってしまいました。そのため、言いたいことが山ほどあります。2月に親指シフトからローマ字に戻しました。ChromeOS Flexを遊ぶためThinkPad E470を、高校生の娘にIdeapad Slim 560i Proを購入しました。でもあまり使っている様子はなくiPadばかり使っています。最近の子ですね・・・。

8月にダイエットを始め12月に8キロの減量に成功しました。街中で初めてストリートビューの車を見かけましたが、数カ月後にGoogle マップ ストリートビューに掲載されていました。(笑)こうして振り返ると充実した1年でした。

2022年は残り数時間となりました。今年も大変お待たせいたしました。よいお年をお迎えください。

2021年の記事は以下の通り。御一緒にどうぞ。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

この記事をシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次