【人柱レポ】povo 2.0でeSIMから物理SIMに変更してみた。3ヶ月経って改善された?

スポンサーリンク

音声SIMを維持費ほぼゼロ円で保有でき、完全トッピングが人気の、 au のオンライン専用プラン、「povo 2.0」。あまりもの人気なのか従来のシステムを流用したためか、「オンライン専用」といいつつも人が介在するシーンや手続きが多く、手続きの遅さに多くの不満が出ていました。

それも10月下旬に改善されたと povo から報告と「詫び石」ならぬ「詫びギガ」で10GB (15日間)が配布されたことも話題になりました。

前回、昨年10月中旬に povo 2.0 で eSIMから物理SIMに変更した事があり、人柱レポで記事を書きました。

【人柱レポ】povo 2.0 有人チャットが中止に。問合せフォームでSIMを再発行してみた。やっぱりサービスレベル低下で3日後に届いた件
音声SIMを維持費ほぼゼロ円で保有でき、完全トッピングのオンライン専用プランの、povo 2.0が人気ですが、手続きや問合せで滞り気味で不満の声が多く上がっているようです。 これはpovo 2.0の仕様による問題も多く、オンラ...

この時は申込日を含め4日かかりましたが、2022年1月に2回めのeSIMから物理SIMへ変更手続きをしてみました。さてどのくらいかかるのでしょうか?

スポンサーリンク

結果、申込日を含め3日

昨年10月では有人チャットが廃止されメールによる手続きだったため、本人確認の手続きに何度かメールのやり取りがあり時間がかかりましたが、今回は、有人チャットが復活していたため、チャット上で本人確認が完了しました。

その結果、申込み当日夜にSIMの発送準備が整った連絡があり、当日中に発送手続きまで完了しました。結果、中一日をはさみ、申込日翌々日、朝8:30に届きました。前回より丸1日短縮されました。

郵送というアクションがある以上、これ以上短縮するのは難しいかもしれませんね。本人確認が必要なくなればさらに1日の短縮が可能かもしれませんが・・・。

余談ですが前回なかった、povo 2.0 オリジナルステッカーが入っていました。うん、いらないっす!(笑)シンプルすぎるロゴ。特に貼りたいとも思わないですね・・・。

みなさんならどこに貼りますか??

2022年1月時点の、eSIM→物理SIMへ切り替えのレポでした。ちなみに手数料は無料が継続しているようです。

モバイル
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ひとぅをフォローする
関係するかもしれない記事
この記事を書いた人
ひとぅ

新しいものが好きな「ひとぅ」が2007年10月からApple製品や家電製品、ガジェット、ウェブサービスなどの情報を発信中。詳しくは自己紹介ページをご覧ください。
Twitter、Facebookページでブログ更新をお知らせしています。フォローをよろしくお願いします!

ひとぅをフォローする
ひとぅブログ