【レビュー】今更だけどiPhone 12 Proを開封してみた。ほれぼれするボディとカメラ性能はやっぱり最高峰だった!

スポンサーリンク

2020年10月23日に発売されたiPhone 12 Pro。すでに星の数ほどレビュー記事や開封の儀の記事が公開されているので、このブログで開封・感想の記事を書いて需要があるのか?という疑問がありますが、個人的な備忘録として書いておきたいと思います。

まず、iPhone 12 Proを入手した経緯からご説明すると、YouTubeチャンネル「スマサポチャンネル」にご出演された、y.u mobileさんのプレゼント企画「y.u mobile ✕ スマサポチャンネル対談記念キャンペーン」に応募し、見事当選しちゃいました!!

【祝!】y.u mobile × スマサポチャンネル対談記念キャンペーンに当選!iPhone 12 Pro & y.u mobile 10年分無料はスゴイ!
くじ運のまったく無い私が当選しちゃいました!iPhone 12 Pro & y.u mobile 初期費用無料、シングルプラン + 話し放題が10年間無料!という総額約70万円もの Y.U-mobileさんの太っ腹なプレゼン...

先日、y.u mobile 10年分プレゼントは回線レビューを書きましたが、もうひとつのプレゼント、iPhone 12 Proが昨日、無事届きました!!ありがとうございます!!

それでは早速、開封をしていきましょう!!

スポンサーリンク

開封の儀

これがiPhone 12 Proのパッケージ。容量は128GB、色はブラック。

環境負荷軽減のため、ACアダプター、イヤホンが省略されているとのことです。薄いですね。毎年買っている人には確かに必要ないかもしれませんが、コストカットの効果が大きそうですね。確かに必要な人だけ後から買うことで、販売価格が安くできるならばウィンウィンだとは思います。

開封!!iPhoneは背を向けて入っていました。カメラレンズが蓮の花のようではじめは受付なかったですが、慣れとは怖いものです。かっこいいと思っている自分がここにいます。

iPhone 12 Proの他の内容物はUSB-C to Lightningケーブル、Appleステッカー、SIMトレイのピン、簡単な説明の紙となっています。

前面の保護の用紙は端子・ボタンの機能説明を兼ねています。なるほどよく考えられています。

カメラユニット部。これはカッコいい・・・。

サイドのステンレススチールは鏡のよう。指紋が付きまくりです。

このカーブ、レンズユニットの切り出し・・・。いつまでも眺めていられます。

背面のアップルロゴが今回も輝いています。背面は少しざらつきがあって高級感もあります。

前面の保護用紙を取りました。正面から見るとAndroidスマホと大差はないとも言えますね。

iPhoneはこれまでに何台も開封してきましたが、実はホームボタン廃止後のiPhoneは初開封です。久しぶりにテンションが上がってしまいました。さすがアップル。デザインは最高峰です。

以上、開封の儀でした。

電源投入、もう少し詳しくみてみる

電源投入をしてまず感じたことは、エッジが太い、という点。Galaxy Note 10+などラウンドエッジに見慣れているのでくっきりと黒い淵が見えているのはある意味新鮮。決してかっこ悪いという事はありません。ノッチも大きいですが、すぐに慣れました。

6.1インチOLEDディスプレイ、1170×2532ピクセル、460dpiのため解像度は高く地位さな文字もくっきり、有機ディスプレイのおかげで鮮やかです。

Antutuベンチマークのスコアは52万点。65万点の記録もあるようですが少し低めに出たのかな?A14 Bionicなのでこの先も3年以上は快適、サクサクに使えるのは間違いなさそうです。

歴代のiPhoneでデザインが変わったタイミングのiPhoneと比較してみました。iPhnoe 3GSは丸みの帯びたデザインで斬新でした。iPhone 4で角ばったデザインにてりiPhone 5で縦に少し伸びて、iPhone 6でラウンドエッジが効いたデザインになりました。

iPhone X以降は手持ちになく今回のiPhone 12。iPhone 4~5シリーズのデザインに戻りました。サイズは大きく違いますがコンセプトは近くエッジが効いていてやっぱりカッコいいな~と思います。

個人的に一番好きだったiPhoneは iPhone 4sなのでデザインの回帰は大歓迎でした。

写真の画質は自然さが際立っています

最後にカメラの性能を確認しておきましょう。私が絶賛するGlaxy Note 10+のカメラと比べてみましょう。

iPhnoe 12 Pro。

iPhnoe 12 Pro。

Galaxy Note 10+。

Galaxy Note 10+。

いかがですか?どちらもキレイですが、iPhone 12 Proの方が自然な色合いで実際に目で見た色合い、印象と近い色が出ています。また、iPhone 12 Proの方が、毛の繊細な部分までしっかりと撮影できています。

Galaxy Note 10+のカメラ性能は最高と思って使っていただけに軽くショックを受けました。見比べなければ差は気にならないレベルではありますが、拡大すれば細部の再現度に差がありました。暗所や動画撮影の結果は機会があればやりたいと思いますが、カメラ性能が高いProだけあって流石ですね。

さいごに

iPhone 12 Proは無印iPhoneのカメラ性能を向上させデザインの質感を向上させたモデル。満足度は高いと言えます。このカメラ性能ならば約2.2万円の差額は満足のいくものだと感じますが、コスパでは無印だと感じました。

また、カメラ性能だけで言うならばiPhone miniでも同じだと考えればコスパで言うならばminiが最も高いと言えるのかもしれません。

ホームボタンがないiPhoneを初めて使いましたが5分で慣れました。(笑)AndroidとiOSとの差はほとんど無くなってきたため、と言えそうです。

少し使うとすぐに慣れて今までのアプリを違和感なく使うことができるiPhone。さすがですね。メイン機は引き続きAndroidの予定ですがApple Payを使いつつ大切に使いたいと思います!!

ハードウェア
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ひとぅをフォローする
関係するかもしれない記事
この記事を書いた人
ひとぅ

新しいものが好きな「ひとぅ」が2007年10月からApple製品や家電製品、ガジェット、ウェブサービスなどの情報を発信中。詳しくは自己紹介ページをご覧ください。
Twitter、Facebookページでブログ更新をお知らせしています。フォローをよろしくお願いします!

ひとぅをフォローする
ひとぅブログ