【大本命】ついに最強の忘れ物防止タグが誕生!「AirTag」がスゴイ理由

スポンサーリンク

日本時間の2021年4月21日午前2時から始まった、Appleのイベント「Spring Loaded」では新しいiMac、iPad Pro、Apple TV 4Kなどが発表されましたが、その中で最も注目したのが「AirTag」です。

このAirTag、何をするものかというと忘れ物発見アイテムです。

AirTagは電源などの操作は必要なくそのまま、財布やバッグなどにつけておくだけでOK。後はiPhone、iPad、Macで「探す」アプリを利用すると、AirTagの場所が表示される。というもの。

探すアプリは、iPhoneなどのAppleデバイスを探すアプリでしたが、新たに「持ち物を探す」タブが追加されそこに表示されます。AirTagは音を鳴らすこともできるようです。

価格は3,800円(税込)。安いですか?個人的には2,000円(税込)ぐらいが妥当かな?と思ったのですがさすがアップルさん。商売上手ですね・・・。

探す

探す

Apple無料posted withアプリーチ

スポンサーリンク

どういった仕組みか

AirTagは電源のON/OFFはなくBluetoothの電波で信号を発信し続けています。近くのAppleデバイスはBluetoothの信号を受信するとAirTagの位置情報をiCloudに送ります。AirTagと接続したAppleデバイスが送信する位置情報からAirTagの場所を特定する。という仕組みです。

バッテリーは約1年以上持つ想定とのことです。AirTagは音を鳴らしたりNFC搭載のスマートフォンを近くに当てると連絡先を表示するように設定することもできます。

何がスゴイのか

いつでも位置情報を取得できなければ意味が無い

仕組みをご理解いただけたでしょうか。実はこれまでにもBluetooth技術を使った忘れ物防止タグは各社から多数販売されていますが、どれも使えないものばかりでした。私も2017年に購入しその可能性に期待しましたがその年の買ってうーんなものにランクインしています。

その理由は「信頼度の低さ」でした。

忘れ物防止なのでいつでもタグの位置情報が表示されなければ意味がありません。しかし仕組みでも紹介した通りタグとBluetoothに接続したネット回線に接続されたスマホなどの機器が必要になります。さらにタグに対応したアプリがインストールされている必要がありますが、当然、各社バラバラのアプリなのでインストールされている確率はかなり低いものになっています。

これまでの忘れ物防止タグは探したいときに、タグは一生懸命Bluetoothの電波を発信し続けているのに、拾ってくれるアプリがインストールされたスマホデバイスが近くにいないため発見されない。ということがほとんどでした。この信頼度の低さが致命的でした。

【レビュー】忘れ物の心配から解放される?「TrackR pixel」は実用レベルなのか?私は使うのをやめておきます
忘れ物防止をアシストするアイテム、TrackR pixelが日本でも発売になりました。早速、「TrackR pixelトラッカール ピクセル」(2,980円)を購入してみました。しかし!開封して使おうと思ったら、まったく反応しません...
【2017年まとめ】今年買った&使い始めたモノ ベスト5&ワースト5を発表!!
2017年も残り一日となりました。毎年恒例となったこのコーナー、今年使い始めたもので現在も愛用中の「Good!」なもの5つ(ベスト5)と、全然使ってないよ〜、買わなくてもよかったな、と思う「うーん」なもの5つ(ワースト5)をご紹介したい...

近くのAppleデバイスは数億台!しかも専用アプリ不要!

AirTagがスゴイのは世界に数億台ある「Appleデバイス」と直接Bluetooth接続をして位置情報を特定、iCloudに送信できる点です。ハード・OSを一体で作っているAppleだからこそできる技なのです。

Appleデバイス利用者が気づかずともAirTagと会話する仕組みがOSに組み込まれているのです。セキュリティ的に心配になりますが、その点はAppleも配慮済みで匿名性を担保していると発表していますし事実そうなのだと思います。

Appleデバイスは以下の動作を担いますがこれらが専用アプリ不要でできてしまうのがAirTag、Appleのスゴイところです。誰も真似ができません。

  • AirTagがBluetoothで信号を発信
  • AppleデバイスがBluetoothでAirTagの信号を受信
  • Appleデバイスの位置情報をiCloudにAirTagの位置情報を送信(情報は完全に匿名で行われ暗号化されている
  • AirTag利用者は「探す」アプリでAirTagの位置情報を確認
  • 「探す」アプリからAirTagに音を鳴らすことが可能
  • 「探す」アプリで紛失モードにするとAirTagが見つかると通知される
  • 「探す」アプリで紛失モードにするとNFCに対応したスマートフォン(iPhone以外でも可能)をAirTagに軽く当てるだけで連絡先情報を確認できるように設定が可能

何に使おう?用途は無限大

ここまで説明を読んでAirTagの凄さをご理解いただけたと思います。2017年には既に他社から同じコンセプトの製品が発売されていましたが、Appleは使いやすさをとことん追求した結果、AirTagを発売したことがよく分かります。まさに最強の忘れ物防止タグが誕生したといっても過言ではありません。

私ももちろん購入予定です。

さて何に使いましょうか。財布?カバン?自転車?

忘れ物をしたときに見つけにくい小さなものや盗難防止のために購入するのもよいでしょう。ただ注意点としては他人のプライバシーを侵害するような使い方はしないようにしましょう。例えば夫のカバンにコッソリ忍ばせたり、他人の車にコッソリ付けたり・・・。夫や車の所有者がiPhoneを使っていると常に居場所を送信し続けることになります。うむむ。ゾッとしますね。

AppleにはAirTag所有者でない人向けの機能として、自分の周辺にあるAirTagを発見できる機能を「探す」アプリに搭載して欲しいですね。(ひょっとしたら既に搭載されているかもしれませんが・・・)

なお、AirTagの予約注文は4月23日午後9時から、発売は4月30日となっています。

AirTag
あなたの鍵やリュックなど、毎日よく使う物にAirTagを取りつけると、「探す」アプリで簡単に探し出せます。
Webサービスハードウェア雑貨
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ひとぅをフォローする
関係するかもしれない記事
この記事を書いた人
ひとぅ

新しいものが好きな「ひとぅ」が2007年10月からApple製品や家電製品、ガジェット、ウェブサービスなどの情報を発信中。詳しくは自己紹介ページをご覧ください。
Twitter、Facebookページでブログ更新をお知らせしています。フォローをよろしくお願いします!

ひとぅをフォローする
ひとぅブログ