コストパフォーマンスが最高のワイヤレスレーザーマウス「M505」を買ってみた

この記事がおもしろかったらシェアしてね

自宅のWindowsパソコンのマウスは有線だったのですが、無線マウスが欲しいな〜、ということで、ロジクールのワイヤレスレーザーマウスM505 BK(ブラック)を買ってみました。

M505は非常にコストパフォーマンスのいいマウスで、3,000円以下でワイヤレス&レーザーマウスというスペックです。単三乾電池2本を使いますが、電池寿命が15ヶ月と長いので、エネループを使うより、アルカリ電池などを使う方がいいでしょう。

なぜかマウスのパッケージって開けづらいものが多いですよね?なんでそんなに圧着しているの?ひょっとして出させたくないと思ってる?と言いたくなるものもあります(^_^;)。

このM505は指を引っかけるところがあり、「これはいい作り?」と思ったのもつかの間、その後はパッケージからマウスを出すのに難儀しました。ほんともう少し工夫して欲しいですね。

同梱物は、マニュアル、保証書の他は写真の通り。マウス本体とレシーバー、テスト用乾電池。

別の角度から。標準的な男性の手の大きさの私が、ちょうどマウスを覆い被さるくらい。小さすぎず大きすぎず、といったところ。重さも電池を入れていない状態だと軽すぎる印象で、電池を入れて重たすぎず軽すぎず。これもバランスがいいです。

表面がプレスチックで安っぽいところがあり、ボタン部に指紋が残る感じはあるので、気になる方は家電量販店などで実際の商品を確認してみるのもいいかもしれません。

マウスの裏側。普段目にすることがないですが、プラスチックで安っぽいですね。

利用していない状態でスリープモードになる制御はもちろん入っていますが、ユーザーでも任意で電源ON/OFFが可能です。

電池カバーを開けて電池を入れたところ。まぁ、特に変わったところはありません。

USBのレシーバーは非常にコンパクト。ノートパソコンだと右側のUSBポートはマウスの邪魔になることがありましたが、このレシーバーならまったく邪魔になりません。

特にドライバなどをインストールすることなく接続すればすぐに利用できました。(ホイールの左右ボタンを使う場合は必要になりますが標準的な利用だけならばドライバのインストールが不要です。)ワイヤレスマウスの場合は、何らかのドライバを入れないといけないと思っていたので、これは嬉しい誤算。

レーザーマウスなのでマウスの動きも良好。追随も問題なく、カーソルポイントの変な震えもありません。無線マウスが快適なのは改めてご説明することはないと思いますが、例えば会社のパソコンは有線マウスだけど無線マウスに変えたいな〜とお考えの方に、ドライバを入れなくてもすぐに使えるので特におすすめかも。

なかなか言い買い物をしました〜(^_^)v。

スポンサーリンク
この記事をお届けした
ひとぅブログの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

この記事がおもしろかったらシェアしてね

ひとぅに興味を持った方はフォローしてね

関連記事

この記事に関連するオススメ


Highslide for Wordpress Plugin