「DocScanner」がついにEvernoteと連携!(JotNotとの比較有り)

この記事がおもしろかったらシェアしてね

iPhoneアプリのドキュメントスキャナの競争が激化しています!!

先日、「JotNot」(350円)のEvernote連携が素晴らしい!という記事を書きましたが(関連記事)、ライバルアプリであるDocScanner(1000円)が、バージョン2.0にアップデートされ、大幅な機能追加がされました!!

それまで売り上げで上位を占めていたDocScannerですが、JotNotが350円に値下げされた事もあり、人気が逆転してしまいました。DocScannerは今回のバージョンアップで機能面で劣っていた面を一気に改善しました。本気度が伺えますね。

650円の値段差があるかどうか?それでは具体的にバージョンアップ内容をご紹介したいと思います。(特にJotNotとの差を強調して書きたいと思います(^_^;))

20091018_090010.png
メニュー画面はこんな感じ。うん、シックでいい感じですね。「Setting」が一番上にあるのはちょっと不明だったりしますが……。

20091018_090020.png
「Setting」を開くとこんな感じ。今回から、Undo機能がサポートされました。「Undo Support」をONするとスキャニング後の画像切り取りをやり直すことができます。(後述しますね)

20091018_090030.png
前回、JotNotで検証したときと同じ画像を使ってみます(^_^;)。

用紙と濃淡の区別が付きやすい机などの上で撮影すると綺麗に用紙の範囲を自動認識してくれます。JotNotにない機能なのでここが最大のアピールポイントだろうと思います。

20091018_090035.png
用紙の範囲指定の操作も向上しています。範囲が拡大表示されるので指定しやすくなりました。ただJotNotでも同じなのですが、指を離す瞬間に微妙にずれちゃうんですよね?。これがイラッとします(^_^;)。範囲の指定(確認)ができたら「Scan」です。

20091018_090040.png
自動で範囲指定されたのですが、綺麗に認識できてます。素晴らしい。

さっき「Setting]で、UndoをONにしたので、左下に「Undo」ボタンが表示されています。Undoをクリックすると前の画面に戻れます。JotNotには以前からあった機能ですがようやく搭載され便利になりました。

20091018_090050.png
スパナボタンをタップすると、画像のBrightness、Contrastを調整できます。設定画面で設定するJotNotよりDocScannerの方が細かく画像を見ながら自分好みの仕上がりに調整できます。

20091018_091000.png
カラー・グレースケールの切り替えも簡単にできますね。これは以前のバージョンからあります。画像の調整が終わったら「Save」ボタンをタップ。

20091018_091010.png
画像が完成したら一番右の「→」アイコンをタップすると保存先を選択します。DocScannerは送信先が一カ所しか送れないので注意が必要です。JotNotはいくつでも送れるのに対し、この点は不便ですね。今回のバージョンでも変更はありませんでした。(ポリシー的なものも感じられるので今後も変更はなさそう。)

今回のバージョンで、「Send to Evernote」が追加されてます!早速タップしてみましょう。

20091018_091020.png
Evernote連携は、Evernoteアプリへデータを投げるという形で実現しています。JotNotはメール送信だったので意外な感じ。

でもデータを投げてしまった方が楽ちんなんでしょうね?。従ってEvernote連携をすると、DocScannerアプリは終了してしまいます。後はEvernoteアプリでの操作となります。

20091018_091030.png
こんな感じでオリジナルサイズで投稿されます。メール連携ではないのでオフラインでも使える、というメリットがありますね。

以上、今回はバージョンアップされたDocScannerをご紹介致しました。いかがでしたか?今回のバージョンアップは手堅いモノだったと思います。最後にDocScannerとJotNotの比較を掲載しておこうと思います。

私は複数の箇所に保存することはなくEvernoteへデータを投げて終了、という使い方なので、用紙の範囲自動認識と変換速度の速さから、DocScannerをメインに使おうと思います?♪

スポンサーリンク

DocScannerとJotNotの比較

内容 DocScanner JotNot
価格 1000円 350円
用紙範囲自動認識 有り 無し
画像大きさ 設定可 設定可
画質調整 画像を見ながら調整 設定画面で設定
変換速度 高速 普通
Evernote連携 Evernoteアプリ起動連携 内蔵メールより投稿
複数投稿 1度に1回 複数可

DocScanner、JotNotの購入はいかからどうぞ。(iTunesが起動します。)

スポンサーリンク
NO IMAGE
この記事をお届けした
ひとぅブログの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

この記事がおもしろかったらシェアしてね

ひとぅに興味を持った方はフォローしてね

関連記事

この記事に関連するオススメ


コメント

  1. kuracyan より:

    トラックバックありがとうございます。
    やっぱり比較すると一番わかりやすいですね。
    Evernote連携でアプリに帰ってきてくれるともっと良いのですが、それは望みすぎですね。

  2. ひとぅ より:

    コメントありがとうございます。
    Evernote連携は、アプリに投げてしまうことで開発費を抑え、後はオフラインでも使えるという点はなかなかいいアイデアだったと思います(^_^;)。
    帰ってくるのはきっと難しいんでしょうね。

  3. サンペー より:

    こんにちは。ちょうどいい比較を拝見できて嬉しいです!
    引き続きDocscannerでいいやと自信が持てました。
    僕の場合、送信先をEvernoteだけに決めたくない場合は、ちょっと手間ですが、「Save to Docscanner」で保存して、Evernoteに投げたりメール送信したりします。Docscannerにはずっと残っているので便利。これは、Evernoteの一つのノートに二つ画像を入れたいときに応用して使えます。
    これで、Docscannerは価格以外無敗、でいいのでしょうか?

  4. ひとぅ より:

    久しぶりに価格を見てみたらどちらも価格が下がっていますね?。
    私は今でもDocscannerをメインで使っています♪
    価格相応の差があるとは思いますが、あとは操作や変換結果の好みもあると思いますので一概には言えないかもしれませんね。

Highslide for Wordpress Plugin