Flickrの無料アカウントの制限まとめ

スポンサーリンク
20090921_230000.jpg
Flickrの無料アカウントでしばらく運用をしてきましたが、投稿した写真数が200に近づいてきたのでProアカウントへのアップグレードを検討中です。今更ではありますが、Flickrの無料アカウントの制限をまとめておきたいと思います。

まとめで、Flickrアカウントでも問題ないユーザーについてもまとめておきたいと思います。該当する方は無理に有料会員になる必要はないと思いますのでご参考まで……。

機能無料(Free)会員有料(Pro)会員
画像アップロード容量100MB/月(10MB/ファイル)*1無制限(20MB/ファイル)
オリジナル画像の表示×(1024ピクセルまで)*2
動画アップロード容量2本/月(90秒・150MB/ファイル)無制限(90秒・500MB/ファイル)
HD動画対応×
SET作成数3無制限
Group投稿数1060
広告表示非表示
アクセス解析×
PhotoStream最大表示200 *3無制限

有料会員は24.95ドル/年(または47.99ドル/2年)です。

ここで私がポイントとしたのは、フォトストリームの最大表示数です。1ヶ月に100MBだとかオリジナル画像を表示できない、という点はiPhoneからの投稿が中心なため私の場合は特に重要ではありません。SETやGroupも数個あれば十分でした。また、無料会員でもオリジナルファイルは表示することができないだけで保持されているので、いざとなれば、必要になったときにProアカウントになればオリジナルファイルを表示したりダウンロードすることも可能だと考えました。

一方、フォトストリームは最新200個までしか表示されません。iPhoneで撮影した写真やTwitterのつぶやき、PCの画面キャプチャなどがメインなのですが(一部デジカメ写真も掲載有り)、200個を超えて支障があるか、を考えてみました。

フォトストリームに表示されていないだけで、保持されているので、Twitterの記事中でリンクされた写真は問題なく表示されます。そもそも200個前の写真を見返すことはあるか?と考えると、まず無いなという結論。

ここで少しだけせこい技に挑戦してみました。SETにセットされた写真は200以下なので、フォトストリームが200以上でも、SETの数が200を超えるまでひょっとして表示されるのでは?と甘い期待をもって実験してみましたが、結果はダメでした(^_^;)。SETの画像数はそのままなのですが、フォトストリームで200以上で漏れた画像は非表示になっていました。ちゃんと作り込まれてますね(^_^;)。

以上、まとめると、Flickrを使おうといしている方で、以下の条件に当てはまる方は無料会員でOK!という事になります。無料会員でも充実した機能のFlickr。賢く利用したいですね。

*1 : 毎月1日リセット

*2 : Pro会員に移行した時に備え、オリジナルファイルは保持されてます

*3 : SETの画像も表示されなくなる

スポンサーリンク

Flickr無料会員で全然OKの人

  • 200枚以上画像をUPする予定無しの人
  • 200枚以上画像をUPしても過去の写真を確認できなくても気にしない人(ブログなどに貼り付けた場合など、URLが分かっている場合は閲覧できます)
  • 1ヶ月に100MBもアップしない人
  • オリジナル画像を表示させなくても構わない人(1024ピクセル以内なら実質オリジナル画像が表示できます。)
  • SETをたくさん作る予定が無い人

いろいろ検討した結果、私は有料会員への移行は見送ることにしました。200以上前の画像もやっぱり見たい、オリジナルファイルも表示させたい!という時が来たらその時に有料会員に登録しようと思います?(*^_^*)。Flickrでは、有料会員になればいつでも復活OKなのが嬉しい限りです。

Webサービス
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ひとぅをフォローする
関係するかもしれない記事
この記事を書いた人
ひとぅ

新しいものが好きな「ひとぅ」が2007年10月からApple製品や家電製品、ガジェット、ウェブサービスなどの情報を発信中。詳しくは自己紹介ページをご覧ください。
Twitter、Facebookページでブログ更新をお知らせしています。フォローをよろしくお願いします!

ひとぅをフォローする
ひとぅブログ