野球でいうと……

スポンサーリンク
Kuracyanさんの「 野球でいうと」のエントリーにインスイアされて、私が愛用しているiPhoneの情報収集アプリを野球でたとえてご紹介したいと思います(*^_^*)。
スポンサーリンク

ひとぅ情報集オールスターズ

打順 守備位置 名前
1 センター TwitterFon Pro
2 セカンド Instapaper
3 ライト RSS Flash g
4 ファースト BB2C
5 レフト GNReader
6 サード 産経新聞
7 ショート Wikipanion
8 キャッチャー Evernote
9 ピッチャー Safari

解説

  • 1番は機動力が命の「TwitterFon Pro」が固めます。まずは出塁を目指します。新鮮なフレッシュな情報をゲットできます。
  • 2番は出塁したランナーをしっかりと送ってもらいます。「Instapaper」。送った情報は後からゆっくりと確認できます。(あれ?Kuracyanさんと同じ展開に……(^_^;))
  • クリーンナップの3番はやはり「RSS Flash g」です。大きい情報から細かな情報まで器用に情報収集してます。他の選手に情報伝達もできてしっかりと任せられます。
  • 4番は何と「BB2C」。2ちゃんねるの情報でヘビーな話題をしっかりとゲットできます。
  • 5番は「GNReader」。Googleニュースで効率よくスマートに新聞社の情報をゲットできます。クリーンヒットが多いです。「TwitterFon Pro」、「RSS Flash g」、「GNReade」で外野の守備を固めます。
  • 6番は「産経新聞」。渋く堅実で重要な情報をゲットできます。やっぱり見慣れた紙面は読みやすい。
  • 7番はショートストップ「Wikipanion」。やはり守りが肝心。広範囲な守備範囲で情報をゲットできます。
  • 8番は「Evernote」。「Instapaper」と同じく受け身ですが貴重な情報収集アプリ。がっちりと受け止めてくれます。
  • 9番はピッチャー「Safari」。やっぱり野球は投手が重要ですよね。情報収集も基本はやっぱり「Safari」でのWeb巡回です。

以上、かなり無理をしている箇所もありますが(^_^;)、如何でしたでしょうか?私にとってこの9本のアプリは何が何でも手放せない存在となってしまいました。

いつでもどこでも情報をゲットできる。そして発信できる。この機動力がiPhoneの最大の魅力ですね!! 

モバイル
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事をシェアする
ひとぅをフォローする
関係するかもしれない記事
ひとぅブログ