Twitterの発言をバックアップするサービス3つをご紹介

スポンサーリンク
最近、Twitterにはまっている私。今年の7月から本格的に使い出したのですが早くもブログの投稿数を超える勢いです(*^_^*)。

たまたまある記事を読んでいて知ったのですが、Twitterは自分の発言を最新3,200までしか表示されないのだそうです。URLが分かっていれば消えることは無いのでFlickrの無料版ではphotostreamに200件まで表示されるが、URLが分かればそれ以前の写真も表示できる、という仕様と似ていますね。

この仕様はサーバ側の負荷を軽減するためと思われます。APIを利用しても取り出すことはできませんし、Twitterの公式検索機能を利用してもヒットしません。

そこで気になるのが過去のコンテンツ。自分の過去のつぶやきなんて興味ねーぜ!という方も多いと思いますが、何せ私は昔のメールをすべて残しているタイプなので、Twitterの自分の発言もすべて残しておきたいと思うんですよね?。

幸い私の発言はまた800そこそこなのでまだ間に合います。1,000くらいで定期的に保存するようにしたいと思います。

今回は、Twitterの発言をバックアップする便利なサービスをご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

■ Twitter Archiver – ― because they’re your tweets!

20090816_190000.jpg
Twitter Archiver」はログインが不要で発言をCSV形式でダウンロードできます。ログインが不要なので自分自身以外に他人の発言もダウンロードできるのが便利ですね。シンプルでお手軽に利用できるのでお薦めです。

■ Tweetake

20090816_190010.jpg
Tweetake」はパスワードを入力する必要がありますが、自分の発言はもちろん、ダイレクトメッセージやFavorites、Followersなどのメッセージもダウンローでき種類が豊富なので便利です。

利用するときは念のため、パスワードを変更後、利用した方がよさそうです。(利用後、元のパスワードに戻しましょう。)

■ Twitter Backup

20090816_190020.jpg
Twitter Backup」はTwitterへ認証することで利用するので、パスワードを入力する必要がありませんHTML形式でダウンロードできるのはこのサイトだけです。(ブログにアーカイブ用として掲載するのに便利かもしれません。)またCSVダウンロード機能は、HTML形式と見た目が似た形でダウンロードされます。

Webサービス
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事をシェアする
ひとぅをフォローする
関係するかもしれない記事
ひとぅブログ