GmailのFromを指定した時に出る「代理で送信しました」を表示しない方法

この記事がおもしろかったらシェアしてね

Gmailでは非常に便利な機能があります。あなたが利用しているメールアドレスならば、GmailでFromに設定して送信することができます。これにより会社のメールやプライベートのメールをすべてGmailに転送し、送信もGmailからする。という運用が可能になります。

このFromを設定できるのはとても便利なのですが、注意が必要です!

なんとOutlookなど一部のメールソフトでは「××@gmail.comが次の人の代理で送信しました:hogehoge@hogehoge.co.jp」というように表示されるのです。あなたがGmailでFrom欄を偽装して(表現が悪いですが)送った事が分かる上に、あなたのGmailアドレスまで相手にバレてしまいます

ビジネスシーンで「Gmail」の文字が表示されちゃったら「大丈夫か?」と思われてしまうこともあるかもしれません。既に利用しているけど、このように表示されちゃうことを知らずに使っている方も多いのではないでしょうか?

プライベートでGmailを使っている人にとってはこれは非常に不味いのでは無いでしょうか。これではせっかくGmailにメールを集約しても意味がないと言えます。

先日、Gmailのバージョンアップでこの代理送信の文言が表示されないよう設定ができるようになりましたのでご紹介致します。

スポンサーリンク

なぜ「代理送信」の文言を表示させるのか?

まずはうんちくから言わせていただくと、なぜGmailではこのような仕様になっているのでしょうか。これはヘッダにSenderが指定されているためです。単純にFromを書き換えただけではFrom偽装メールとなるのでDomainKeysで送信ドメイン認証を行っていますが、このためgmail.comドメインのSenderが省略できません。

Gmailのサーバから送ったのだから表示されて当然、という考えもできます。またGmailがスパムとして扱われないための配慮、という事もあるでしょう。そう言う意味でも、GmailのSMTPを利用している限りGoogleとしても「代理で送信しました」の文字は外すことができないのです。

「代理送信」を表示しない新しい機能とは?

上記の理由を逆に考えれば、GmailのSMTPサーバでなければ外してもいいんじゃない?と言えますよね。会社のメールで送信する場合、会社のSMTPサーバを使うから「代理送信」を非表示にして欲しい!という要望も多かったのでしょう。

送信する際に利用するSMTPサーバを自信で準備(指定)すれば「代理送信」の文言を消すことができるようになったのです! これはすごく嬉しいです。

CORESERVER.JPでの設定方法

今回は私が利用しているレンタルサーバのCoreserverで動作確認が取れましたので設定方法をご紹介します。

やりたいこと……

  • 独自ドメインのアドレスは知られたくない
  • メールアドレスを知られたくない

これを実現するために、

  • CORESERVER.JPでサブドメインをGmail送信専用のために作る
  • Gmail送信専用メールアドレス(SMTP認証に使います。)を作るけど返信されても見ること無いしうっとうしいので破棄する設定とする

これ、意外とポイントなんですよね……。では設定方法を見ていきましょう。

  1. CORESERVERアカウントの登録・管理・購入」の画面でサブドメインを取得する「例:hogehoge.geo.jp」
  2. 10分ほど待つ
  3. CORESERVER.JP管理画面で「マイドメイン利用」→「ドメインメール」→「メール一覧」をクリック
  4. 「メールアドレス」に適当なメールアドレスを入力する(ドメインは1で設定したサブドメイン)「例:hogehoge@hogehoge.geo.jp」
  5. 「運用方法」は「破棄」を選択
  6. 「パスワード」に任意のものを入力
  7. 「設定」をクリック
  8. 10分ほど待つ
  9. Gmailにログイン
  10. 「設定」→「アカウント」でSMTPを設定したいアカウントの右にある「情報を編集」をクリック
    ※Gmail以外のメールアドレスを設定済みであることを前提で説明しています。
  11. 「次のステップ」をクリック
  12. 「XXXX.COM SMTP サーバー経由で送信する」(XXX.COMはFromメールのドメイン)のラジオボタンをクリック
  13. 「SMTPサーバ」に1で設定したサブドメインを入力
  14. 「ユーザー名」に4で設定したメールアドレスを入力
  15. 「パスワード」に6で設定したパスワードを入力
  16. 「ポート」は「465」を選択
  17. 「セキュリティで保護された接続(SSL)を使ってメールを送信する」のチェックボックスをON
  18. 「変更を保存」をクリック
    ※SMTPサーバへのログインを確認の上、OKだとウィンドウが閉じます。エラーが出た場合は少し時間をおいてみたり、設定を見直してください。

以上で設定は終わりです。これで「代理で送信しました」のメッセージは表示されなくなりました。安心してビジネスシーンで利用できますね(*^_^*)。

最後に、CORESERVER.JPを使う上で注意したい点としては、CORESERVER.JPは迷惑メールを送信するサーバとしてブラックリストに登録されている場合があります。その場合、迷惑メールとして処理されてしまう可能性があります。

スポンサーリンク
NO IMAGE
この記事をお届けした
ひとぅブログの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

この記事がおもしろかったらシェアしてね

ひとぅに興味を持った方はフォローしてね

関連記事

この記事に関連するオススメ


コメント

  1. noa より:

    初めまして、検索からたどり着きました。
    CORESERVERを利用している私にとってまさに「コレだっ!」と言う内容でした。
    有益な情報ありがとうございました(^^)

  2. ひとぅ より:

    noaさん、コメントありがとうございます。
    お役に立てたようで幸いです。
    このようにコメントをいただけると、運営の励みになりますのでとても嬉しいです!
    今後ともよろしくお願い申し上げます。

Highslide for Wordpress Plugin