容量無制限は伊達ではなかった?海外サーバで無茶してみた

この記事がおもしろかったらシェアしてね

海外サーバは「容量無制限」を売りにしているサービスがゴロゴロしています。日本のレンタルサーバに場合は通常は1GBから多くても50GB程度が一般的で「容量無制限」なんてところはほぼ皆無です。

CORESERVERのコンテンツ待避用として海外サーバをレンタルし日々ミラーリングしています。(CORESERVERに万が一の事があってもすぐにDNSを切り替えて復旧できるようにしています。)

私が借りた海外サーバは、Hostmonster。(当時の記事

海外では有名なんだそうで評価も高いようです。Hostmonsterに決定した理由は、「容量無制限」と「SSH」が使える点。自動ミラーリングをする上で重要な条件でした。ちなみにHostmonsterではバックアップ利用は認められていませんでご注意下さい。私はあくまでミラーリングでバックアップではありません。(ってなんか苦しいな?(^_^;))

さて、話しは長くなりましたが、CORESERVERのミラーリングをしてもたかだか2GBほどしかありません。これって非常にもったいないな、と思い、写真やビデオを遠く離れた家族、親戚のためにアップロードして限定公開することにしました。

サーバのHDDの総容量は1000GB、1TBのようです。しかし借りた当初から残容量が気になっていました。70GBほどしか空いていないのです。これって残容量が無くなったらどうなるの?といたずら心に火が付きました(^_^;)。アカウントを失効してもいいのでやってみることにしました。(何とも無謀なチャレンジャーやな?。)

手持ちの画像から動画をどんどんアップロード。残り容量がみるみるうちに減っていきます(^_^;)。余談ですがFileZillaはファイルを並行してアップロードできるので効率的にアップロードできますね!!

残り容量が10GBを切った頃からドキドキ。いつアカウントを停止されるか??

そしてついに残容量が0GB。「Disk full」のエラーが出てアップロードができなくなりました。ただこれは制限をかけられたというよりは本当にディスク容量が無くなったためです。

その後、数時間音沙汰無しです。

そして数時間後、メールが一通届きました!!「あなたのアカウントは有料が多いので……」ついに停止か?と思ったら「他のサーバに移転を始めました。IPアドレスが変わるけどごめんね。」と言った趣旨のメールでした。(もちろん英語で。)

つまりハードディスクの容量が少なくなったら、占有率の高いアカウントをHostmonster側で空き容量のあるサーバに移転してくれるのです。

これは思いの外ちゃんと対応してくれましたね。さすが「容量無制限」に偽りないなしですね。

今回はたまたまサーバの変更はなくHDDの移動だけでした。残容量は500GBほどあります。容量無制限とは言っても恐らく「数百GBまで」なんだろうと思われます。物理的にも1TBな訳ですしね。

私が言うのも何ですが、共用サーバの場合は、周りのユーザーさんに迷惑のかけることが無いように、常識的な範囲で使うようにしたいですね。(説得力ゼロ!??)

スポンサーリンク
NO IMAGE
この記事をお届けした
ひとぅブログの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

この記事がおもしろかったらシェアしてね

ひとぅに興味を持った方はフォローしてね

関連記事

この記事に関連するオススメ


コメント

  1. NonO_ より:

    兄ちゃん無茶したらあかんで?w
    そんな突っ込みが聞こえてくる希ガス(´∀`*)

  2. ひとぅ より:

    ほんとそうですね?(^_^;)。

Highslide for Wordpress Plugin