チラシ広告をインターネットで見られる「Shufoo!」を使ってみた

この記事がおもしろかったらシェアしてね

20090425_110000.jpg
新聞をやめたいけれどやめられない、という方で理由を聞くと、「スーパーなどのチラシが見たいから。」とよく聞きます。私もそのひとりで特価情報や家電量販店なんかでは他店との比較に便利で、それが欲しくて購読していたのですが、新聞無し生活にチャレンジしてみることにしました。

そこでチラシは、凸版印刷が運営するShufoo!(しゅふー)を利用することにしました。

このShufoo!は自宅の郵便番号を入力するだけで、周辺のお店のチラシ広告を自動でピックアップして一覧表示してくれます。(遠いお店も中に混じっていますが)更新が早く朝9時頃に見たら既に朝刊の内容に更新されていました。これは結構重要ですよね。

一覧表示だけでは分かりにくい場合もありますが、地図からお店の場所に広告が表示されるモードもあり、これが視覚的にわかりやすい。また広告からネットショップに誘導しているものも中にはあり、なるほどよく考えられています。

「ちらしカタログ宅配便」というサービスも面白いです。アプリケーションをインストールすればチラシが届けばお知らせしてくれるというもの。わざわざサイトに見に行かなくてもいいので便利かも。

提携しているお店はチェーン店のある大手ばかりですが、運営者が凸版印刷なので、今後、提携先が広がることを期待します。地元のお店も参加してきて新聞の広告なみになればほんと最強だと思います。「あのチラシどこいった?」と探さなくてもすむし、なんと言ってもエコですよね?。

スポンサーリンク
NO IMAGE
この記事をお届けした
ひとぅブログの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

この記事がおもしろかったらシェアしてね

ひとぅに興味を持った方はフォローしてね

関連記事

この記事に関連するオススメ


Highslide for Wordpress Plugin