【レビュー】快適な書斎に!4Kディスプレイを導入してみた → 快適すぎて外に出たくなくなるので注意

この記事がおもしろかったらシェアしてね

書斎写真

今回は私の書斎の環境についてご紹介します。書斎と偉そうなことを言っていますが、「趣味部屋」ですね。小さな部屋ですが一応、部屋をひとつ書斎として利用しており、今回は書斎の環境を充実させよう!と思い立ち、ディスプレイを4K化をしたらいろいろと捗ったというお話しをご紹介します。

スポンサーリンク

書斎環境のご紹介

DSC08021.JPG

これまで詳しくご紹介したことがないのですがせっかくなので、まずは私の書斎のご紹介。わずか3畳ほどの部屋が私の書斎。エアコン、有線LAN、テレビの電波ありとこの狭いスペースで生きて行けそうな気がします。男の子ならきっとワクワクする空間だと思います。

この書斎に32インチのテレビとゲーム機、小さなソファ、小さなテーブルがあります。テレビにはYAMAHAのスピーカーを接続しています。

Wii Uカラオケでは音の遅延があるため、YAMAHAの外部スピーカーは必須でした。(Wii Uから音声のみアナログ出力することで、遅延を回避していました。)

書斎の用途は、読書はもちろん、テスト勉強時の自習室、主映画鑑賞やカラオケなど実は私の書斎でありながら家族が使う、”趣味部屋”になっています。(笑)下手したら私より家族の利用時間の方が多いかも?

私はMacBook Proでブログ執筆など制作をする時間が長いので、場所は書斎である必要はなくどこでも良かったのです。

書斎快適化計画

そんな書斎ではありますが、大きな画面でパソコンをしたいなという思いがふつふつと沸いてきました。きっかけは娘と行ったマンガ喫茶。

最近のマンガ喫茶の端末はネットも端末性能も高速化され、快適になっています。さらに画面は32インチの大型画面になっています。これまで画面の大型化は、首が疲れるので21インチ程度までかな?と思っていましたが、実際に32インチでネットをすると快適なんです。

別に常に全画面を使う必要はなくてブラウザの画面を調節して必要な部分だけ見れば良くて、余ったところに別のウィンドウを表示させることができて作業効率が格段にUPします。

これまでのデュアルディスプレイの考え方を1画面でやっちゃう。というイメージでしょうか。この考えはなかったです。

書斎で、いつかはデスクトップPCを購入して広い(画面の)作業環境を構築したいと考えていましたが、大きなディスプレイを購入して、MacBook Proを接続してクラムシェルモード(MacBook Proの画面を閉じてディスプレイに表示して使うモード)で使うだけで、デスクトップPCを買う必要はないんだ。という結論に至りました。

32インチのテレビはフルHDでないのも従来から不満だったので、思い切って買い替えることにしました。

どのディスプレイを買うか

現在は32インチHDなので、フルHD化は最低でせっかくなので4Kにしようと思いました。しかし調べれば調べるほど悩ましくなってきました。安価なディスプレイは入力HDMI端子が少なかったり、スピーカーが貧弱だったりします。5機種以上のディスプレイを比較検討した結果、2機種に絞られました。

価格差は約5,000円。顔面差は11インチの差があり機能的にも明らかに43UD79-Bの方が魅力的です。しかし部屋が狭いので42.5インチなんて置けるのか??という点が最大の不安点でした。

機能的に43UD79-Bが優位だと思ったのは以下の点。

  • リモコン付き
  • 最大4つの接続機器の表示が可能(ピクチャーバイピクチャー(PBP)に対応し、最大4画面同時に21.5インチのフルHDモデルに近いサイズで表示可能、ピクチャーインピクチャー(PIP)にも対応し、画面全体に4K映像を表示させつつ、別の映像を画面上に同時に表示させることも可能)
  • 合計7ポートの豊富な端子類を実装(映像入力は、HDMI端子を4ポート(4K@60Hz対応×2、4K@30Hz対応×2)、DisplayPort端子、USB Type-C端子、RS-232C端子の合計7ポートを搭載。さらに、USB3.0のUSBダウンストリーム端子を2本実装。)
  • 10W+10Wのパワフルスピーカーを内蔵

部屋が広ければ即決なんですが、これは実機を見なければ。ということで気づいたらヨドバシカメラに足は向かっていました。

ヨドバシカメラ滞在時間30分、気がついたら帰りの車だった

P_20171118_152814_vHDR_Auto.jpg

42.5インチという画面の大きさを実家するために、ヨドバシカメラに向かった訳ですが、車で行っている時点で買う気満々ですね。(笑)

P_20171118_161531_vHDR_Auto.jpg

実機展示がありました。画面を見た瞬間、あきらかに大きい!と思いましたが、店員さんが説明をしてくださって、4画面の分割利用は快適ですよ〜。と見事なアシスト。即決です。LG モニター ディスプレイ 43UD79-Bを購入しました。

P_20171118_163527_vHDR_Auto.jpg

滞在時間、わずか30分で気がつけば帰りの車の中でした。11月18日購入価格は69,270円の10%ポイント還元でした。他社クレジットカード払いでも10%ポイントが付くのでうれしいですね。

やっぱりデカイが、トータルでスッキリして買って良かった

P_20171118_180308_vHDR_Auto.jpg

家に帰って早速組み立てです。箱の大きさの割に軽く感じました。軽量化が進んでいるんでしょうね。そうは言っても結構な重量になるので画面を支えるアームはしっかりしています。

P_20171118_181024_vHDR_Auto.jpg

入力端子がずらっと並んでいます。充実しています!

書斎写真

32インチディスプレイを撤去し、LG モニター ディスプレイ 43UD79-Bを設置しました。いや〜やっぱり大きいですね。画面までの距離は1mちょっと。目が悪くなるのでは?と心配になりましたがよく考えたらノートパソコンならもっと近くで見ているし、細かいことは気にしないことにしました。(いい加減!)

クラムシェルモードでMacBook Proを接続してみましたが、いやはや文字もきれいですし広い画面で快適に使えそうです。

ディスプレイを入れ替えることで接続機器も整理しました。

テレビにはアナログ音声入力がなくなってしまったので、Wii Uカラオケの遅延問題が危惧される点でしたが、テレビでは無くディスプレイだからでしょうか? Wii Uカラオケの遅延はまったく無くなりました。これはラッキーでした。

以下の通り整理しました。

  • 東芝テレビをLGディスプレイに変更
  • YAMAHAのスピーカーを撤去
  • AppleTVを完全に取り外し

YAMAHAのスピーカーは使えなくなったので撤去しました。AppleTVも数年、使っていなかったので撤去しました。どんどんアップル離れが進みます。

接続機器は以下のようになっています。

  • Wii U(HDMI 1)
  • Nintendo Switch(HDMI 2)
  • Chromecast(HDMI 3)
  • MacBook Pro(HDMI 4)
  • Chromebox(DisplayPort)

Nintendo Switchは普段はリビングのテレビでプレイしていますが、書斎でも大きな画面で遊べるようにしました。

以前、購入したSwitch用のアダプターを接続しました。

Nintendo Switchは持ち運びが簡単にできて、ドックに接続すれば、大きなテレビ画面でプレイができます。しかしドックはそこそこ大...

これまでリビングのテレビに接続していたChromeboxですが利用頻度が低いので、書斎に設置することにしました。さっとネットを使いたい場合や動画視聴の再生機に、との考えです。

前々からChromebookが気になっていたのですが、昨秋にChromebookが日本でもついに発売になり、いよいよ購入するか!と検討し...

P_20171119_202859_vHDR_Auto.jpg

これらを接続するにあたり、Nintendo Switch純正アダプターとDisplayPortケーブルを購入しました。結局、純正のアダプターを購入するんだったら素直にドッグも純正を飼えば良かったかも。(涙)

LG モニター ディスプレイ 43UD79-BのここがGood!

  • リモコンが便利
  • PBP、PIPは今のところ使っていない
  • スピーカーがいい音
  • 動画視聴がさらに迫力が出た

HDMIのチャンネル切替やボリューム調整にリモコンを使えるので便利です。HDMIポートが少ないディスプレイなどを購入した場合、スイッチャーなどが必要だったりボリューム調整で本体を触る必要がないので便利です。

PBP、PIPは今のところ使っていません。MacBook Proを使うと広い画面に自由に配置できるので便利に使えます。スピーカーの音もよく外部ディスプレイは不要なくらいです。

LG モニター ディスプレイ 43UD79-Bのここがうーん

  • やっぱり画面はデカイ
  • 消費電力が多い

ただ画面は大きいので覚悟は必要です。(笑)でもすぐに慣れましたが。また消費電力は70Wと大きいので注意が必要です。31.5インチのディスプレイは10Wとなぜそんなに差があるのか分かりませんが、大きな差があるのは知っておいた方がいいでしょう。

さいごに

今回は書斎の環境充実化についてご紹介しました。11月下旬にやったのですが想像以上に快適で約7万円の投資は大満足の結果となりました。32インチのディスプレイとYAMAHAスピーカーはすでに里子に出しました。可愛がってもらってね!!

快適な書斎環境となり映画もより迫力が出るようになったし、マンガ喫茶に行く必要もなくなり、カラオケ喫茶も行く必要がなくなりました。うむむ、快適過ぎて怖いです。書斎を充実させ過ぎると出不精になっちゃうのでみなさん、注意してくださいね!(笑)

スポンサーリンク
この記事をお届けした
ひとぅブログの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

この記事がおもしろかったらシェアしてね

ひとぅに興味を持った方はフォローしてね

関連記事

この記事に関連するオススメ


Highslide for Wordpress Plugin