【レビュー】端子が金メッキ加工されたABOATのUSB Type Cケーブルは線が柔らかくて取り回しやすい

この記事がおもしろかったらシェアしてね

P_20171029_131833_vHDR_Auto.jpg

USB Type-Cで充電する機器が増えてきましたが、今回はABOATのケーブルをご紹介します。

ABOAT 金メッキType Cケーブル(1m*2本)ブラック AB-07」(980円)です。柔らかいケーブルは金メッキなのが特徴です!

この記事は、ひとぅブログレビューポリシーに基づき、ABOATさんからレビュー商品を無償提供いただきました。記事掲載における金銭の授受、記事内容への関与は一切ありません。

スポンサーリンク

開封の儀

P_20171029_131724_vHDR_Auto.jpg

ABOATケーブル。急速充電、高速データ伝送、USBポートが特徴です。

P_20171029_131731_vHDR_Auto.jpg

ABOATもサポートを充実させています。最近はユーザーに近いサポート形態が増えてきました。

P_20171029_131808_vHDR_Auto.jpg

きれいに袋に入っていました。

P_20171029_131833_vHDR_Auto.jpg

1mケーブルが2本セット。

P_20171029_131902_vHDR_Auto.jpg

USB-A側。

P_20171029_131855_vHDR_Auto.jpg

このケーブルの特徴は金メッキという点。通常の銀色の端子は長期間理容していると酸化してさびてきますが金メッキはさびにくい特徴があります。

P_20171029_131937_vHDR_Auto.jpg

USB-C側。こちらも金メッキ加工されています。

P_20171029_131942_vHDR_Auto.jpg

Type-Cは裏表がないので便利ですね。

P_20171029_132000_vHDR_Auto.jpg

ケーブルはナイロン編みで、折り曲げに強い構造になってます。

P_20171029_132007_vHDR_Auto.jpg

また、ケーブルも柔らかく取り回しがしやすいです。

P_20171029_132258_vHDR_Auto.jpg

Zenfone 4を充電してみると、5.34V/1.91Aとしっかり電流がながれ、問題ありませんね。

ケーブルも柔らかく取り回しがしやすいです。また、ナイロン編みで、ねじれにも強そうです。

ABOAT Type-Cケーブル AB-07 のここがGood!

  • 両端子が金メッキ加工で酸化しにくい
  • ケーブルが柔らかくナイロン編み加工
  • きっちり電流が流れる

このケーブルの特徴は金メッキとナイロン編みです。抜き差しを多くするものなので酸化しにくいのは嬉しいですね。またケーブルの取り回しのしやすさ、強度にも工夫が見られます。よく使うものなのでこの2点の特徴はGoodですね。

ABOAT Type-Cケーブル AB-07 のここがうーん

  • 2本で980円といいお値段
  • USBの仕様が不明

加工が凝っているので製造コストがかかっているのは仕方ないですが、最近主流の価格帯より高め。また高速データ通信と記載がある一方、USB 3.0なのか2.0なのかは不明です。(恐らくUSB 2.0)

さいごに

充電用ケーブルは毎日抜き差しするものですし、取り回しをすると端子根元に負担がかかり破損しやすくなります。ケーブルの破損だけなら買い替えればいいのですが、破断に気づかず漏電の危険性を回避する意味でもこういったケーブルをチョイスするのもいいかもしれません。

気になる方はぜひチェックして下さいね。

[レビュー商品提供記事]

スポンサーリンク
この記事をお届けした
ひとぅブログの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

この記事がおもしろかったらシェアしてね

ひとぅに興味を持った方はフォローしてね

関連記事

この記事に関連するオススメ


Highslide for Wordpress Plugin