【レビュー】Airbibo LEDライトはキャンプや作業などにも便利に使えるシンプルなライト

この記事がおもしろかったらシェアしてね

P_20171015_101837_vHDR_Auto.jpg

今回はシンプルなLEDランプをご紹介します。キャンプでランタンに、作業用に、非常用にといろんな用途で使えるライトです。

ご紹介するのは、「Airbibo キャンプライト LEDランタン LEDライト」(1,999円)。

この記事は、ひとぅブログレビューポリシーに基づき、Airbiboさんからレビュー商品を無償提供いただきました。記事掲載における金銭の授受、記事内容への関与は一切ありません。

スポンサーリンク

開封の儀

P_20171015_101550_vHDR_Auto.jpg

パッケージは、Airbiboのシンプルな箱です。

P_20171015_101617_vHDR_Auto.jpg

箱を開けるとサポートの紙が入っています。

P_20171015_101640_vHDR_Auto.jpg

本体を取り出すと付属品が下に入っていました。

P_20171015_101710_vHDR_Auto.jpg

内容物は、LEDライトとストラップ、充電用USBコード、サンキューカード。説明書は特に入っていません。電源ボタンを押して操作するだけなので省略しちゃったのかな?

P_20171015_102104_vHDR_Auto.jpg

付属の充電用USBケーブルは、端子が特殊形状となっています。

P_20171015_101732_vHDR_Auto.jpg

それではLEDライトを詳しく見ていきましょう。

P_20171015_101741_vHDR_Auto.jpg

片方に電源ボタンと充電用端子が、その下にストラップホールかあります。

P_20171015_101756_vHDR_Auto.jpg

反対側は何もありません。ストラップホールのみ。

P_20171015_101804_vHDR_Auto.jpg

Inputは5-6V/500mA-1A、バッテリーは1.7V/2000mAhとなっています。

P_20171015_101843_vHDR_Auto.jpg

本体の仕様は以下の通り。
– 重量:軽量100g
– 保体サイズ:200mm x 36mm
– 充電時間:約4時間~5時間
– LED:16個、最大約200ルーメン
– バッテリー:2000mAhリチウム電池

P_20171015_101837_vHDR_Auto.jpg

明るさ3段階に調整できます。連続点灯時感と明るさを示すルーメンは以下の通り。SOSモードの点滅機能もあります。

  • 低輝度:約72時間、20ルーメン
  • 中輝度:約17時間、100ルーメン
  • 高輝度:約7時間、200ルーメン
  • 点滅:約3時間、200ルーメン

最後に点灯の様子をビデオ撮影したのでご紹介します。

V_20171015_101852_vHDR_Auto

以上、開封の儀でした。

Airbibo LEDライト のここがGood!

  • シンプルなLEDランプで特に不満点はない
  • 3段階の明るさ調整とSOSモードがある
  • 最大72時間の連続使用が可能

特に不満のない仕上がりになっています。シンプルな製品なので分かりやすいですしね。連続使用時間も最低の照度だと72時間も使えるのがいいですね。

Airbibo LEDライト のここがうーん

  • 充電用USBケーブルの端子が特殊形状
  • ACアダプターが同梱していない

USBケーブルの端子がmicroUSBだと他の機器とも共有できるのに。と思いました。また、ACアダプターは別途必要ですが、こちら側はUSB-Aなので、モバイルバッテリーなどに接続可能です。

さいごに

シンプルな商品なので、どんな用途にも柔軟に利用できそうです。もちろん防災用に備えておくのもいいかもしれません。気になる方はチェックしてくださいね。

[レビュー商品提供記事]

スポンサーリンク
この記事をお届けした
ひとぅブログの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

この記事がおもしろかったらシェアしてね

ひとぅに興味を持った方はフォローしてね

関連記事

この記事に関連するオススメ


Highslide for Wordpress Plugin