【レビュー】約2,500円のシンプルな音楽プレーヤー Docooler C18は意外といろいろと遊べるアイテムだった(20%割引クーポン付き、2017/11/15まで)

この記事がおもしろかったらシェアしてね

P_20171015_102859_vHDR_Auto.jpg

スマホの普及で音楽プレーヤーを持つ人はめっきり減りました。一方で機能に特化したアイテムを個別で持つメリットもあり、まだまだ音楽プレーヤーの需要は存在します。

今回は、「Docooler C18 MP3プレーヤー 8G HiFi メタル音楽プレーヤー APE FLAC オーディオプレーヤー」(2,450円)をご提供いただいたのでご紹介します。

結論を先に言うと、いわゆる高級プレーヤーではなく最高音質や高機能なものを求めるものではありません。お手軽に音楽を楽しみたい。そういった利用シーンにピッタリなものと言えるでしょう。

この記事は、ひとぅブログレビューポリシーに基づき、dodocoolさんからレビュー商品を無償提供いただきました。記事掲載における金銭の授受、記事内容への関与は一切ありません。

お得な情報です。dodocoolさんから、ひとぅブログ読者のみなさまへ割引クーポンをいただきました。20%OFF、490円引きの1,980円になります。このチャンスにぜひ。

Amazonで使える20%OFFになるクーポンコード「5EGFANY5」
販売元は FTQ e-commerce Ltd を選択(2017/11/15まで)
スポンサーリンク

開封の儀

P_20171015_102432_vHDR_Auto.jpg

久しぶりに音楽に特化した商品のパッケージを見たような気がします。BEST FOR MUSIC。

P_20171015_102437_vHDR_Auto.jpg

音楽プレーヤーの他、ビデオ、ボイスレコーダー機能も搭載します。

P_20171015_102514_vHDR_Auto.jpg

開封しましょう!まずは本体が現れます。

P_20171015_102458_vHDR_Auto.jpg

奥に付属品が入っていました。

P_20171015_102546_vHDR_Auto.jpg

内容物は音楽プレーヤー本体と簡易説明書、イヤホン、充電用&データ転送用miroUSBケーブルとなります。ACアダプターは同梱されていません。イヤホンの品質は決して高いとは言えません。

P_20171015_102604_vHDR_Auto.jpg

本体の材質はプラスチックです。液晶画面もガラスではなくプラスチックですね。

P_20171015_102612_vHDR_Auto.jpg

本体左側にmicroSDカードスロットがあります。128GBまでサポートしています。

P_20171015_102646_vHDR_Auto.jpg

本体下部にmicroUSB端子、中央にマイク、右にイヤホンジャックがあります。

P_20171015_102653_vHDR_Auto.jpg

右サイド、上には何もありません。

P_20171015_102747_vHDR_Auto.jpg

説明書は中国語、英語のみ、日本語表記はありません。

P_20171015_103115_vHDR_Auto.jpg

設定で日本語も設定できますが・・・。

P_20171015_103911_vHDR_Auto.jpg

”エクスポローラー”などいろいろと怪しい表記になるので、Englishで使った方がよさそうです。

P_20171015_102807_vHDR_Auto.jpg

右上の電源ボタンを押すと電源が入ります。起動するとメニューが表示されます。ミュージックプレーヤーの対応フォーマットは、MP3、WMA、WAV、AAC、APE、FLAC。

P_20171015_102813_vHDR_Auto.jpg

ビデオプレーヤーの対応フォーマットは、AVIのみ。MP4は再生できませんでした。

P_20171015_102815_vHDR_Auto.jpg

フォトビュワーの対応フォーマットは、JPG、JPEG、BMP。

P_20171015_102817_vHDR_Auto.jpg

FMラジオ。(日本も設定できましたが、動作未確認)

P_20171015_102820_vHDR_Auto.jpg

エクスプローラー。

P_20171015_102821_vHDR_Auto.jpg

時計。デジタル、アナログ表示、ストップウォッチ機能があります。

P_20171015_102824_vHDR_Auto.jpg

設定モード。

P_20171015_102829_vHDR_Auto.jpg

ボイスレコーダー。対応フォーマットはAVI、MP3。(録音はAVIのみ)

P_20171015_102826_vHDR_Auto.jpg

テキストビュワー。対応フォーマットはTXT。

P_20171015_102842_vHDR_Auto.jpg

音楽を聴いてみましょう。

P_20171015_102851_vHDR_Auto.jpg

サンプル曲が入っていました。

P_20171015_102859_vHDR_Auto.jpg

イコライザーの設定などあまり細かな設定はできませんが、内蔵スピーカーでも再生でき、一通りの操作はできます。

音楽プレーヤーの他にもいろいろな機能があって意外と楽しめる機器ですね。

Docooler C18のここがGood!

  • 小型、軽量
  • 安価
  • microSDカードを利用できる

本体サイズは3.58×1.57×0.39インチ、51gとコンパクトで軽量です。音楽プレーヤーの基本的な機能を満たしています。シンプルな音楽プレーヤーを使いたい方にピッタリです。

Docooler C18のここがうーん

  • ACアダプターが同梱していない
  • 音質や操作感など総じて高品質ではない

約2,500円の音楽プレーヤーなので高品質ではないのは理解した上で利用したいところです。また、この手の商品によくあるACアダプターが同梱していないので注意が必要です。

さいごに

いかがでしたか? スマホとは別に音楽プレーヤーが欲しい。安価なものをお探しの方にオススメです。本体にスピーカーがあり意外としっかりと音が出ました。外部スピーカーに接続すれば、普通に音楽を再生できます。

気になる方はチェックしてください。

[レビュー商品提供記事]

スポンサーリンク
この記事をお届けした
ひとぅブログの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

この記事がおもしろかったらシェアしてね

ひとぅに興味を持った方はフォローしてね

関連記事

この記事に関連するオススメ


Highslide for Wordpress Plugin