【レビュー】「Adonit Dash 3」はOSやアプリに依存せず、ペン先が1.9mmと細くシンプルなスタイラスペンだ!

この記事がおもしろかったらシェアしてね

P_20171009_184137_vHDR_Auto.jpg

スタイラスペンの老舗、Adonit。スマートフォンやタブレットでペンを快適に利用できるよう改善を繰り返しています。

今回は、8月に発売されたばかりの新商品、「Adonit Dash 3」(5,645円)をご紹介します。

この記事は、ひとぅブログレビューポリシーに基づき、Adonitさんからレビュー商品を無償提供いただきました。記事掲載における金銭の授受、記事内容への関与は一切ありません。

A Powerfully Simple Fine Point Stylus for iPad, iPhone, and Android Devices. Pen-like precision at the Speed of Your Thoughts.
スポンサーリンク

開封の儀

P_20171009_184140_vHDR_Auto.jpg

Adonit Dash 3 パッケージです。色はブロンズ。他にブラック、シルバーがあり3色展開しています。

P_20171009_184144_vHDR_Auto.jpg

サイド。

P_20171009_184148_vHDR_Auto.jpg

背面に各国の言語で特徴が書かれています。

P_20171009_184155_vHDR_Auto.jpg

「迅速起動と効率的なデザインで、いつでも作業に入れます。」「タッチスクリーンに対応」。AndroidとiOSタブレット、スマホに対応しています。

P_20171009_184229_vHDR_Auto.jpg

開封しますよ〜。

P_20171009_184300_vHDR_Auto.jpg

Adonit Dash 3 ペン本体とUSB充電ホルダーが現れます。

P_20171009_184310_vHDR_Auto.jpg

背面。

P_20171009_184332_vHDR_Auto.jpg

USB充電ホルダーを詳しく見てみましょう。Adonitのロゴが入っています。

P_20171009_184346_vHDR_Auto.jpg

磁気吸着タイプのUSB充電ホルダー。Dash 3は45分で充電が完了し、14時間の連続使用が可能です。

P_20171009_184503_vHDR_Auto.jpg

PCなどのUSBポートに刺して利用します。

P_20171009_184524_vHDR_Auto.jpg

Adonit Dash 3を詳しく見ていきましょう。中央に状態表示LEDがあります。(縦の線の部分)

P_20171009_184552_vHDR_Auto.jpg

今回もクリップの横にAdonitのロゴが入っています。

P_20171009_184559_vHDR_Auto.jpg

USB充電端子と、電源スイッチ(ボタン)が兼用されています。

P_20171009_184607_vHDR_Auto.jpg

ADONIT DASH 3と型番も書かれていますね。

P_20171009_184646_vHDR_Auto.jpg

ペンの太さは直径8.5mm、ペン先は1.9mmと細く、PixcelPoint使用、別売のペン先と交換可能です。

以上、開封の儀でした。

Adonit Dash3 を使ってみた

それでは実際にAdonit Dash 3を使ってみましょう!

P_20171009_185527_vHDR_Auto.jpg

USB充電ホルダーはこのように、MacやPCのUSBポートに刺して使います。

P_20171009_185532_vHDR_Auto.jpg

Adonit Dash 3を、充電ホルダーに立てて充電します。磁力で吸着するので立てやすく、そして倒れにくくなっています。45分間でフル充電ができ、最大14時間の連続使用が可能となっています。

P_20171009_193942_vHDR_Auto.jpg

Adonit Dash 3は、電原を入れるだけで、iPhone、iPad、そしてAndroid タブレット、スマホですぐに書き始められます。Bluetoothでのペアリングが不要なので、とてもカンタンお手軽です。

その反面、画面に手が触れると誤って書いてしまいますし、筆圧感知等もありません。この辺は使いやすさを優先した機種であることを理解しておきたいですね。

サンプルビデオ

実際に使っているところをビデオ撮影したのでご紹介します。追随性がよく書き心地はシリーズ最高と感じました。筆圧の感知がないためボールペンで書いたような単調な線になるのは仕方ありませんね。

今回はiPad Pro 10.5で使ってみましたが、Androidでも問題なく使う事ができました。iPad Proの場合は、Appleペンシルを使う方がいいと思いますが、Androidでこの品質で使えるスタイラスペンは数少ないので、使うメリットは大きいでしょう。

※ビデオ中では何カ所か誤字していますがご容赦ください。

Adonit Dash3 のここがGood!

  • ペン先が1.9mmと細い
  • ペン先を交換可能
  • Bluetooth接続不要、すぐに書き出せる
  • iOSはもちろんAndroidでも、すべてのアプリで使える
  • 45分間の充電で14時間利用できる

スタイラスペンはペン先が太いものが多くありますが、1.9mmと細く、またペン先を交換できるので、長く愛用できます。また長時間利用可能な点や、OSやアプリに依存しない点もメリットです。

Adonit Dash3 のここがうーん

  • 筆圧感知がない
  • 手のひらをついて書くと反応してしまう
  • 充電が面倒

一般的なスタイラスペンと基本的に同じ仕組みのため便利に使えますが、一方で他のAdonit製品で可能な筆圧感知ができなかったり、や手のひらが画面につくと反応してしまうという点があるのには注意が必要です。

さいごに

Adonit Dash 3は静電容量式で使えるようにペン先に指で書いた時と同じように通電するためペン先を細くすることが可能になりましたが、一方でBluetoothでペアリングをしないため、100円均一でも売っているスタイラスペンと同じです。

ペン先に通電するためペン先を細くでき、仕組みをシンプルにすることでBluetoothペアリングが不要になり、iOS、Androidすべての端末、すべてのアプリで使えるというのが特徴です。

何機種も世に送り出しているAdonitさん。Bluetoothペアリングが不要なシリーズのペンではここまで行き着いたか。と言ってもいい仕上がり。筆圧感知が必要無い方でスタイラスペンをお探しの方にオススメしたい一品です。

気になる方はチェックしてください。

A Powerfully Simple Fine Point Stylus for iPad, iPhone, and Android Devices. Pen-like precision at the Speed of Your Thoughts.

[レビュー商品提供記事]

スポンサーリンク
この記事をお届けした
ひとぅブログの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

この記事がおもしろかったらシェアしてね

ひとぅに興味を持った方はフォローしてね

関連記事

この記事に関連するオススメ


Highslide for Wordpress Plugin