【レヒュー】評判のいいマイクロソフト Wireless Mobile Mouse 4000を使ってみたらシンプルで使いやすい定番マウスだった

この記事がおもしろかったらシェアしてね

https://farm5.staticflickr.com/4291/35284499943_893d525f78_z.jpg

普段私はUSB接続の無線マウスを愛用しています。長年愛用しているのがロジクールのM545。このブログ記事でもご紹介しています。2,000円弱のマウスでは最強の使用感を誇ると今でも自信を持ってオススメできます。

マウスが大好きな私。これまでいくつものマウスを購入してきましたが、今回は大本命のコスパ最高のロジクールマウス、「Logicool ロジク...

しかし悲しいかな、新しいもの好きの私は面白そうな機器は無いか?と常にあちこちを物色してしまいます。お気に入りのマウスがありながらも、新しいものを求め、意外や意外、ハードの評判が高い、マイクロソフトのマウスを使ってみることにしました。

今回購入したのは、「【Amazon.co.jp限定】マイクロソフト ワイヤレス ブルートラック マウス Wireless Mobile Mouse 4000 サテン ホワイト D5D-00015」(2,246円)。さて好奇心の結果は吉と出るか凶と出るか??

スポンサーリンク

開封の儀

https://farm5.staticflickr.com/4313/36053656246_0e85d56ee6_z.jpg

パッケージはマイクロソフトっぽいですね。イメージ通りとでもいいますか。

https://farm5.staticflickr.com/4304/36053657176_e56a74a2f2_z.jpg

横から見るとマウスが出っ張っていて店頭販売を意識したパッケージとなっていますね。

https://farm5.staticflickr.com/4320/36053657606_d10659dda7_z.jpg

Windowsに加え、Macでも利用できると記載されています。まぁ普通は使えますわな。

https://farm5.staticflickr.com/4308/36053657946_daacc4910d_z.jpg

背面にはいろいろと商品説明が書かれています。

https://farm5.staticflickr.com/4328/36053658326_6de39c562f_z.jpg

さまざまな場所で使える Blue Track Technologyを採用しています。光学(赤色)→レーザー(無色)→青色LEDと性能が高いと言われるので材質に影響を受けにくくなることでしょう。

https://farm5.staticflickr.com/4308/36053658966_e13e9987f5_z.jpg

パッケージから開封……ここで発狂しそうになりました。(^_^;) パッケージが開けずらすぎます!!嫌がらせか!と思うほどのパッケージです。最近は工夫されたものが多いなか、久しぶりにムキー!!!ってなりました。

https://farm5.staticflickr.com/4291/36053659266_f54a8ebb52_z.jpg

単3アルカリ電池が付属しているのはいいのですがまたこれも取りづらかったです。もう少し取り出しやすいよう工夫はできないものなのかな?

https://farm5.staticflickr.com/4330/35284498213_e6007e0f86_z.jpg

内容物はWireless Mobile Mouse 4000マウス本体とUSBレシーバー、単3アルカリ乾電池、各種ドキュメントとなっています。

https://farm5.staticflickr.com/4296/35284498863_9cca89920d_z.jpg

マニュアルらしいマニュアルは同梱されていません。USBポートにレシーバーを挿して、マウスの電源を入れれば完了。ボタンに独自の設定をするにはドライバーをインストールします。

ただし、Windows専用でMac用はありません。残念!!

https://farm5.staticflickr.com/4296/35284500733_227aacbf8c_z.jpg

マウス本体を詳しく見ていきましょう。かわいいデザインで手のひらにフィットします。大きすぎず小さすぎず。

https://farm5.staticflickr.com/4297/35284502323_e5d6fd7027_z.jpg

再度にはラバーのグリップがあり滑らずフィット感があります。側面にひとつだけボタンがあります。通常は戻るボタンを割り付けるのが多いのかな?

https://farm5.staticflickr.com/4317/35284504883_833ee9066c_z.jpg

底面です。左から電源、USBレシーバースロット、取りだしボタン。電池ボックス開け口となっています。レーザーセンサー部にはBlueTrack Technologyと書かれていますね。

https://farm5.staticflickr.com/4303/35284506123_c6b9b35927_z.jpg

クリック音は小さめですが打鍵感はしっかりとあります。

https://farm5.staticflickr.com/4296/35284507863_da5be239c9_z.jpg

ホイールはカリカリ感はありませんが、さーっと転がる感じでもありません。

https://farm5.staticflickr.com/4298/35284509123_fddf64d722_z.jpg

左側から見たところ。

https://farm5.staticflickr.com/4299/35284510103_f56766898d_z.jpg

斜め下から見たところ。こうしてじっくりと見ると美しいフォルムですね。

https://farm5.staticflickr.com/4330/35284510643_3933a74ef5_z.jpg

電源を入れてみました。ブルーレーザーが点灯します。こいつが精度が高いわけですね。

https://farm5.staticflickr.com/4291/35284511563_bc6c4a86c0_z.jpg

真ん中にUSBレシーバーを入れてみました。

https://farm5.staticflickr.com/4304/35284512723_048e1d71ed_z.jpg

右側のボタンを押すと、レシーバーを取り出せます。

実際に使った感想は特別これだ!という感動はありませんが、しっかりと操作ができ安定した仕上がり。といった印象です。Mac用専用ドライバーが準備、配布されていないためM545と同様の工夫が必要となります。

以上、開封の儀でした。

Wireless Mobile Mouse 4000のここがGood!

  • BlueTrack Technology搭載で精度の高いトラッキングを実現
  • 安価でありながら安定した仕上がり

M545より数百円高いだけでレーザーより精度が高い(とされる)ブルーLEDを採用している点がナイスですね。外観や操作感を含め、コスパは高いと感じました。

Wireless Mobile Mouse 4000のここがうーん

  • Mac用ドライバが準備されていない
  • 梱包が厳重で取り出しにくい

シンプルなマウスであるが結えにMac用ドライバーが準備されていないなどMac使いの方は他のマウスと同様、少しの工夫が必要です。あと、あの梱包のひどさは改善希望です!

さいごに

いかがでしたか? 今回はマイクロソフトのマウスをご紹介しました。シンプルなマウスなので派手さはありませんが基本機能をしっかりと抑えたコスパの高いマウスと言えそうです。

興味のある方はぜひチェックしてみてください。

スポンサーリンク
この記事をお届けした
ひとぅブログの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

この記事がおもしろかったらシェアしてね

ひとぅに興味を持った方はフォローしてね

関連記事

この記事に関連するオススメ


Highslide for Wordpress Plugin