【レビュー】10000mAhで198gと軽量で高速充電可能なモバイルバッテリー「EasyAcc PB10000CS」を使ってみた

この記事がおもしろかったらシェアしてね

DSC02166.JPG

まだまだ必需品のモバイルバッテリー。今回は10,000mAhの容量を搭載する「EasyAcc PB10000CS」をご紹介します。

10,000mAhあれば、iPhone6sが3〜4回フル充電可能です。一泊二日程度の旅行ならこれ1台を持って行けば安心ですね。

あれ?このモバブって前にブログで紹介していなかった?とお気づきの方は相当なひとぅブログファンです!(^^;) そう、先日ご紹介した「EasyAcc PB10000CF」の後継品となります。容量そのままで228g→198gと30g、13%軽量化を実現した新製品です。

【レビュー】10000mAhの2,199円とリーズナブルで高速充電可能なモバイルバッテリー「EasyAcc PB10000CF」を使ってみた
iPhone 6s/6s Plusが発表されましたが、バッテリー容量が前作より少なくなっているのだとか。省電力化が進んでいるとはいえCP...

それでは、さっそく詳しく見ていきましょう。

スポンサーリンク

開封の儀

DSC02153.JPG

これがパッケージです。前回と大きく変わっていません。

DSC02154.JPG

パッケージ裏面に製品の詳細が書かれています。InputはDC 5V 2A、OutputはDC 5V 2.4Aとなっています。

DSC02157.JPG

それでは製品を出してみましょう。白い!

DSC02159.JPG

真っ白でまぶしいですな。梱包用のプラにもEasyAceのロゴが書かれていて細かいです。

DSC02160.JPG

同梱品は、モバイルバッテリー本体(EasyAcc PB10000CS)、取扱説明書、microUSBケーブル(約20cm) 。以上です。

DSC02161.JPG

マニュアルは例のごとく1枚もので横長です。日本語完全対応です。

DSC02167.JPG

本体の右下にEasyAceが凹んだロゴであります。

外寸は136.5mm x 64.5mm x 14.8mmと前回のPB10000CFよりコンパクトになっています。 (CFは144mm x 75mm x14.8mm )

DSC02169.JPG

Smartアウトプットに対応したUSBが2つ。そしてインプット用microUSBが1つとなっています。今回はLEDランプはありません。私は端子類はすべて同じ方向の方が好きです。

DSC02171.JPG

底面に電源、バッテリー確認用のボタンがあります。

DSC02172.JPG

反対側の面はなにもありません。グレーでカッコいいですね。

DSC02175.JPG

背面にモデル名と仕様が書かれています。

DSC02176.JPG

PB10000CS全体でみるとこんな感じ。ケースの材質は若干、マットな感じで手に吸い付きます。(この表現で分かってもらえるかなぁ?)安っぽさはまったくなくスタイリッシュです。

DSC02182.JPG

microUSBです。EasyAceのロゴ入り。20cmとちょうどいい長さ。

DSC02183.JPG

microUSBケーブルを接続するとONとなり、本体表面にブルーLEDで残量が表示されます。

細かい点ですが、本体の「EasyAce」のロゴとmicroUSBのロゴが反対になっているのが気になります。ここはこだわってもいいポイントだったように思います。

以上、開封の儀でした。

実際に使ってみた

DSC02190.JPG

本体の重量は198g。サイト上では194gとありますが、実測値は4g重かったです。

DSC02185.JPG

honor6 Plusを充電してみると、1.56A出ています。うんうんいい感じ。

DSC02187.JPG

iPhone 6では1.37V。こちらも上々です。

DSC02188.JPG

Fireタブレットでは0.96V。ちゃんと機器ごとに最適な電流を制御していることが分かります。うん、素晴らしい。

DSC02189.JPG

ちなみに、honor6 PlusとiPhone 6を同時充電するとhonor6 Plus側が1.31Vと先ほどより若干落ちました。仕様通り、Max 2.4A出ていそうです。

ほぼ仕様通りで何の問題もありません。PB10000CSのほぼ同じ仕様でコンパクト化&軽量化。いい感じですね。

EasyAcc PB10000CSのここがGood!

  • スタイリッシュなデザインでかわいい
  • 薄くてかばんに入れても邪魔になりにくい
  • インテリジェンス電源で急速充電に対応している
  • 出力が2.4A、入力が2Aと大きい
  • 前機種よりコンパクト化&軽量化

以前ご紹介したPB10000CFのいいところを継承しつつ、デザインがかわいくなりコンパクト化、軽量化に成功しています。大きさは約9mmほどずつ小さくなりコンパクトに。重量は30gも軽くなったのはスゴイです。198gなら持ち運びで苦になることはなさそうです。

EasyAcc PB10000CSのここがうーん

  • ホワイトは汚れが目立つ
  • 価格が上昇

前機種のPB10000CFは重量がネックでしたが改善されたため、今回は本体の色が最大のうーんな点です。ホワイト+グレーのデザインはスタイリッシュでかわいいのですが、汚れが目立つのは弱点と言えそうです。現在の価格は2,699円。500円だけですが価格が高くなったのはやっぱり残念な点。

さいごに

PB10000CSはコンパクト&軽量となり使いやすくなりました。外見だけでなく急速充電対応で基本機能もしっかりしているモバイルバッテリーです。

少し大きめのモバイルバッテリーをお探しの方はぜひチェックしてみてくださいね。

[レビュー商品提供記事]

スポンサーリンク
【レビュー】10000mAhで198gと軽量で高速充電可能なモバイルバッテリー「EasyAcc PB10000CS」を使ってみた
この記事をお届けした
ひとぅブログの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

この記事がおもしろかったらシェアしてね

ひとぅに興味を持った方はフォローしてね

関連記事

この記事に関連するオススメ


Highslide for Wordpress Plugin