ウェブに公開する写真はExif情報を削除しよう!

この記事がおもしろかったらシェアしてね

デジカメで撮影した写真の画像ファイルには、Exif情報と呼ばれる属性情報が、画像ファイルに埋め込まれています。このExif情報には、撮影したカメラの機種や絞り値、シャッタースピード、撮影日などご丁寧にも事細かに撮影状況が記録されています。最近ではGPSを使った位置情報まで記録するデジカメや携帯電話まであります。

Exif情報は、後々便利で撮影条件を確認できるので、大変便利なものなのですが、ウェブで公開する場合は逆に危険な情報であると言えます。それはプライベートな個人情報を自分から発信しているからです。

例えばブログなど個人が運営している場合、いつどの場所にいたか、というのが分かってしまうのです。もちろんデジカメの時計が狂っている場合もあるでしょうけども、ほとんどの方はあわせていると思います。

また意外と見落としてしまうのが、「画像編集をしたから大丈夫」という勘違い。Exif情報はグラフィックソフトで編集してもそのまま残っている場合も多いのです。(ファイルのタイムスタンプは変更になりますが、Exif情報で撮影日は残っています。)

JPEG画像を保存するときにExif情報を残すか削除するか指定できるグラフィックソフトもありますが、意識的にExif情報を削除した方がより安全だと思います。

そこで使いたいのが以下の2本のソフト

■JPEG Cleaner
  動作OS:Windows 95/98/2000/Me
  作者:伊月めい氏
  http://hp.vector.co.jp/authors/VA012780/

■JpegAnalyzer Plus
  動作OS:Windows 98/2000/Me/XP
  作者:かみさか氏
  http://homepage3.nifty.com/kamisaka/JpegAnalyzer/

「JPEG Cleaner」では、複数のJPEGファイルから、まとめてExif情報を削除できます。念のため「JpegAnalyzer Plus」でExif情報が消えているかチェックすれば安心ですね。

私も恐らくこれまで気にせずにUPした画像も多いですが、できる限り削除した方がよさそうですね。

スポンサーリンク

参考サイト

スポンサーリンク
NO IMAGE
この記事をお届けした
ひとぅブログの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

この記事がおもしろかったらシェアしてね

ひとぅに興味を持った方はフォローしてね

関連記事

この記事に関連するオススメ


Highslide for Wordpress Plugin