北京オリンピック開会式の花火の一部がCGだった件

この記事がおもしろかったらシェアしてね

北京五輪組織委員会の王偉・執行副会長は12日の記者会見で、8日夜の開会式の際にテレビ放送された、花火で描いた“巨人”の足形の映像が合成映像だったとの報道を事実上認めた。

(開会式の足形花火は…CG映像だった! – 北京オリンピック 五輪一般 : nikkansports.com)

わざわざCGで演出する意味がわからないですね。「成功」を世界にアピールしたかったのかもしれませんが、CGだったとばれたときの方が「やっぱり中国」と言われるのにな。と思いました。

「ばれなきゃラッキー」的な発想が根本的にあるのでしょうか。そう思うと他にももっとCG映像はあったでしょうし、他にもねつ造やごまかされているところがあるのでは?と変に勘ぐってしまいます。

YouTubeで花火の映像がありましたが、アナログのテレビで「ぼ?」っと見ていたら気づかないかもしれませんね。明らかに打ち上げ場所が不自然ですが、まさかCGなんて想像もしませんしね。(次からは何を見ても「これはCGかな?」って思うでしょうけど(^_^;))

【2008/8/13 18:16追記】
GIGAZINEさんのところで、実際のテレビ映像がSoapboxで公開されていたのでこの記事でも掲載しておきます。

ビデオ: 北京オリンピック開会式の花火による「巨人の足跡」は本当にCGだったのかどうかを検証してみた

スポンサーリンク
NO IMAGE
この記事をお届けした
ひとぅブログの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

この記事がおもしろかったらシェアしてね

ひとぅに興味を持った方はフォローしてね

関連記事

この記事に関連するオススメ


Highslide for Wordpress Plugin