任天堂、「マジコン」輸入販売業者5社を提訴

スポンサーリンク

任天堂は29日、ゲーム機「ニンテンドーDS」上で複製したゲームの起動が可能となるいわゆる「マジコン」と呼ばれる機器に対し、不正競争防止法に基づく輸入・販売行為の差し止めなどを求める訴訟を、ソフトメーカー54社と共同で東京地方裁判所に提訴したことを明らかにした。

 提訴の対象とした会社は、いずれも所在地が国内の「嘉年華」「夏黎」「カミヨコ」「DIGITALNAVIGATOR」「クリエイティメイト」の5社。任天堂では提訴の理由について、「R4 Revolution for DS」に代表されるマジコンと呼ばれる機器により、ネット上の違法アップロードサイトなどから入手した、本来ニンテンドーDS上では起動しないはずのゲームプログラムの複製物が起動可能となるため、任天堂およびソフトメーカー各社は極めて大きな損害を被っており、到底見過ごすことのできないものだと主張している。

(任天堂、「マジコン」輸入販売業者5社を提訴)

これまで日本橋などで堂々と販売されてきたこと自体が異常でありまったく持って許されない行為です。ケーブルテレビのチューナーも同様の事が言えますが明らかに違法行為を幇助する機器販売はもちろん、その機器の利用方法を理解した上で購入する消費者にも責任を負える法整備が必要な時に来ているのかもしれません。

「自分の楽しみのためなら」と言うけども明らかに違法行為を助長しています。イメージファイルを配布しているサイト、その情報を発信しているサイトは完全にアウト。今すぐにでも摘発してもらいたいと思います。ゲーム業界に限らず、違法行為によって健全な市場を犯されるのはとても辛いです。

今回のマジコンの提訴について判決には注目したいと思います。

ゲーム
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事をシェアする
ひとぅをフォローする
関係するかもしれない記事
ひとぅブログ