【レビュー】いくらあってもいい!MFi付認証付きLightning-USBケーブル、3本で1,000円!

スポンサーリンク

かたくなにiPhoneにUSB-Cを採用せず、Lightningを使い続けるApple。消耗品の充電Lughtningケーブルの売り上げ、ライセンス料がUSB-Cを採用しない一因と言われていますが定かではありません。

しかし、LLightningケーブルは消耗品であるのは紛れもない事実で、1年程度でケーブルの被覆が破れたり、端子周辺が断線したりします。毎日、抜き差しするものなので、強度の弱いケーブルの交換は必須です。

純正Lightningケーブルは1mは2,200円、2mは3,850円もします。いやいやいやいやいや、高すぎるでしょう?10倍以上の粗利を取っているのは容易に想像できます。(Lighgnint-USBケーブル)

電源&ケーブル - iPhoneアクセサリ
iPhoneのためのケーブル、充電ドック、外部バッテリーがそろっています。iPhoneの充電やシンクが行えます。オンラインで購入すると、送料無料でお届けします。

そこで互換品の購入を検討することになりますが、アップル認定品の「MFi認証」がある商品を選ぶようにしましょう。ここは特に重要で、100均などを含めいくら格安であってもMFi認証のないケーブルは、充電できないものや、購入時点でできてもiOSのバージョンアップで充電ができなくなったりするものも多いです。

実際、私もいくつもケーブルを買ってきましたが、MFI認証のないケーブルは途中で利用できなくなるものも多かったです。安物買いの銭失いですね。でも、MFI認証があっても格安ケーブルは存在します。じょうずにお得なケーブルを買いたいですね!!

今回はNovtech MFi認証 Lightning – USBケーブル2m×3本セット 」(1,000円)を購入したのでご紹介します。

長めの2mが欲しかったので、3本で1000円とお得なケーブルをチョイスしました。

スポンサーリンク

開封の儀

パッケージです。充電はもちろん、データ通信用にも利用できます。

背面はこんな感じ。

「MFi認証あり」が大きな安心感になります。これ、必須。

3本のLightningケーブルを購入しました。2mと長めです。

USB-CではなくUBS-Aのタイプです。

Lightning端子にはバリなど目立った気になる点はありません。端子部も純正と近い大きさ・形状のためスマホケースなどに干渉するリスクも低いです。

実際の使用感も特に問題なく普通に使えました。当然なんですけどLightningケーブルは当たりはずれがあるため毎回、はじめはドキドキします。(笑)

さいごに

今回は2mと長めのLightningケーブルを購入しました。MFi認証があって3本で1,000円は破格です。1本333円に対し純正品は3,850円・・・。多少耐久性が低かったとしても互換品を購入する方がいいと私は判断しました。10回以上交換してようやくペイできる計算ですものね・・・。

みなさんはどんなLightningケーブルを使っていますか?この記事がみなさんの商品選びの一助になれば幸いです。

雑貨
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ひとぅをフォローする
関係するかもしれない記事
この記事を書いた人
ひとぅ

新しいものが好きな「ひとぅ」が2007年10月からApple製品や家電製品、ガジェット、ウェブサービスなどの情報を発信中。詳しくは自己紹介ページをご覧ください。
Twitter、Facebookページでブログ更新をお知らせしています。フォローをよろしくお願いします!

ひとぅをフォローする
ひとぅブログ