【健康】街中さんぽがおすすめ。時間の許す限り知らない場所を歩こう

スポンサーリンク

ここ数年、低山登山がお気に入りで6月~10月にかけ金剛山登山をしています。25回くらい登っていますが冬は雪が降ったり凍結の危険性もあるし何といっても現地にいくまでに時間がかかります。

冬場や時間がない時に私がやっているのは「街中さんぽ」です。

街中さんぽはそのままで、普段は自転車や自動車、電車で通り過ぎてしまう街中をお散歩しようというものです。車では決して入れないような細い道や公園の中、団地の公共的な公園、河川敷、堤防など。どこでもいいのです。普段見逃しているところを敢えて通る。そういったお散歩です。

そしてもうひとつルールがあります。それは家から一方通行で遠くへ行く。です。時間の許す限りひたすら家から遠くへ遠くへ歩きます。そして帰りは電車に乗って帰ってくるのです。帰りの時間を短縮できるのはもちろん帰る時間を気にせず遠くへ行くことができます。

沿線沿いに散歩道は沿線沿いに限られてしまいますが、それでも行ったことがない細い道が意外とあることに気がつくと思います。ある程度行き尽くしてしまったなら行きも電車で数駅乗るだけで、新しい街が広がっていることでしょう。

街中だと景色が次々に変わるので歩いていても飽きません。途中にお店に立ち寄って歩きながらつまめるお菓子を買って食べたり自分にご褒美をあげたりすると楽しさがアップします。

登山と違い負荷が少ないので背筋をピンと伸ばして大股で早めに歩く。これだけでも結構な負荷になります。意識してするだけでもずいぶんと違うでしょう。

健康に気づかい何かを始めようと思っている方は、季候がいいこのタイミングに「街中さんぽ」をはじめてみてはいかがですか?冬にも楽しめるのでおすすめですよん!

雑談
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ひとぅをフォローする
関係するかもしれない記事
この記事を書いた人
ひとぅ

新しいものが好きな「ひとぅ」が2007年10月からApple製品や家電製品、ガジェット、ウェブサービスなどの情報を発信中。詳しくは自己紹介ページをご覧ください。
Twitter、Facebookページでブログ更新をお知らせしています。フォローをよろしくお願いします!

ひとぅをフォローする
ひとぅブログ