【レビュー】サッと使える軽いクリーナー探しの旅、70代の母は1kg以下のMicol MC-009を買ってみた

スポンサーリンク

日常はルンバで掃除をしていますが、部屋の隅のホコリや、こぼしたパンくず、トイレの便器の周辺など、ルンバでは掃除ができないし、ハンディタイプの掃除機では短すぎて、体制をかがめないと掃除できず困っていた母。

前回、購入したマキタの掃除機が使えないかと検討しましたが、重量1.3kgは70代の母にとっては「まだ重い」ようです。

家電量販店の広告で1kg以下のハンディ掃除機を見つけ、実際に店舗に見に行き、購入しました。

Micol ハンディクリーナー MC-009」(10,800円)です。

家電量販店で9,980円でしたがAmazonでは8%OFFクーポンがあるためそれよりも少し安く買えます。でも実際に物を確認できたのと、すぐに手に入るのは実店舗の最大のメリットですね!!

スポンサーリンク

Micol MC-009を使ってみた感想

これまで何度と購入して失敗してきたハンディクリーナーと同じ吸引力ではないか?と心配をしましたが、吸引力は決して強くはありませんが、フローリングでホコリやパンくずなどを吸いとるには充分です。

カタログ値では13000Paとあります。仕事量のW表記ではないため他のクリーナーと単純比較はできませんが、弱い吸引力の部類には入ると思います。

重量は本体だけで570g、ストレートパイプとヘッドを付けても820gと1kgを大きく下回っています。軽さを実感できる重量です。70代の母にも負担が小さいようで大満足、とのことです。

吸引力は求めずホコリの掃除がほとんどで、1kg以下のクリーナーを探している方にはピッタリなクリーナーだと思います。ストレートパイプとヘッドまで付属した商品はなかなか無いのでようやく出会えた。という感想です。

現段階で耐久性は分かりませんし、製造メーカーも失礼ながら初めて聞きます。機会があれば長期間レビューをしたいと思います。

雑談
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ひとぅをフォローする
関係するかもしれない記事
この記事を書いた人
ひとぅ

新しいものが好きな「ひとぅ」が2007年10月からApple製品や家電製品、ガジェット、ウェブサービスなどの情報を発信中。詳しくは自己紹介ページをご覧ください。
Twitter、Facebookページでブログ更新をお知らせしています。フォローをよろしくお願いします!

ひとぅをフォローする
ひとぅブログ