【祝!】情報管理のオールインワンサービス「Notion」の入門書がKindleで登場!

スポンサーリンク

2020年に入り俄然注目を集めている、情報管理ツール「Notion」。5月に入り私も利用し始めておりどっぷりハマっています。長年使ったOneNoteから古巣Evernoteに出戻った!と思っていた矢先、舌の根も乾かぬうちに、Notionに乗り換えてしまった。という経緯があります。

Notionをひとことで表現するならば、情報管理のオールインワンサービスです。Evernoteの変わりになる。という解説がありますが、正解でもあり不正解でもあると思います。EvernoteにあってNotionにはないものがあるためです。例えばOCR機能やPDF、Excelなどのファイル内の文字検索など。しかし、NotionにはEvernoteにはない機能があります。それも、Evernoteより非力な検索機能をもカバーできるほどの機能が。

Notionの魅力は、多機能すぎてブログ記事に書くのは困難を極めそうです。今後、少しずつその魅力を紹介していこうと思います。

さて、私がNotionの魅力と機能を正しく理解することができたのは、「Npedia(Notion 情報局)」の存在が大きいです。Npediaは、徹底入門、ヘルプ、機能サマリ、QA、テンプレからなるサイトで、株式会社ノースサンドが運営しています。情報量が膨大です。Notionを今から始める方には特にお勧めのサイトです。

コンテンツ -Npedia- - ノースサンド

このうち特に初心者にお勧めな「わかる、Notion 徹底入門」が5月18日、Kindleで780円で販売開始されました。Kindle Unlimitedに対応しているため、会員の方は0円で読めます

私も早速読ませていただきました。内容はウェブとほぼ同じですが、Kindleの方がページ送りが楽で読みやすいと感じました。まずは一読した後にNotionをさわり出すのが、もっとも近道だと思います。

Notionとは何ぞや?何が便利なの?何ができるの??という方はぜひ参考にしてください。

Webサービス
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ひとぅをフォローする
関係するかもしれない記事
この記事を書いた人
ひとぅ

新しいものが好きな「ひとぅ」が2007年10月からApple製品や家電製品、ガジェット、ウェブサービスなどの情報を発信中。詳しくは自己紹介ページをご覧ください。
Twitter、Facebookページでブログ更新をお知らせしています。フォローをよろしくお願いします!

ひとぅをフォローする
ひとぅブログ