【人柱レポ】au PAYは送金したいだけなのにじぶん銀行口座が必要!しかも非auユーザーは利用できない?

スポンサーリンク

KDDIが本気を出した!と話題のau PAY。これまでau WALLETとして提供してきたアプリを、非au回線ユーザーにも広く公開し、裾野を広げるため2月10日から7週間、毎週10億円を投入します!!これを機にau PAYアプリを新規インストールしようと考えている方も多いと思います。

私もそんな一人で早速、導入してみました。au PAY自体の登録は簡単で、対応したクレジットカードもたまたま持っていたので、クレジットカードからの入金もできるようになりました。クレジットカードだとチャージの最小単位は3,000円からなのがイマイチですが。

スポンサーリンク

「送金」機能を利用したい

そんなau PAYですが、普通に使う分にはこれで充分ですが、家族に残高を送金したいのでau PAYで「送る」をタップするとエラーが出ました。調べると、送金をしたい場合、じぶん銀行口座が必要とのことです。

au携帯電話をご利用でないお客さま、および「送金・払出」サービスのご利用を希望されるお客さまは、じぶん銀行口座が必要です。じぶん銀行口座をお持ちでない方は、下記のお申込み手続きの中で、口座開設のお申込みを同時に行えます。口座開設にあたり1週間程度お時間をいただきます。

送金・払出について | ご利用ガイド | au WALLET

au PAYの画面の案内にある通り、わざわざじぶん銀行の口座を新規開設しました。約一週間後の本日、じぶん銀行のキャッシュカードが届きました。 

au PAYアプリの「送る」から、じぶん銀行の口座を登録すると・・・。あれ?使えません。

画面には、「現在、送金・払出・じぶん銀行からのオートチャージサービスをお申し込み中です。」とあり、さらに「au以外のお客様」は、「au WALLET プリペイドカードは約1~2週間後に発行されます。カードが届きましたら、ご利用開始のお手続きを行っていただくと、当サービスのご利用が可能となります。」とのこと。

え?まだ他にも、送金ができるようになるまでに手順があるの??

そうかと思うと、別途送られてきたメールでは、「送金を利用できるようになった」というメールが来ているし。いや、できてないし!!

じぶん銀行とau WALLETとau PAYと名前が変わるタイミングで旧名称と新名称が混在していたり、非au回線ユーザーの私はやサービスの全体像が把握できていないので、何が起こっているのかよく分からず、仕方無く、メールに書かれていたコールセンターに電話で問い合わせをしてみました。

非auユーザーは送金できない?

auコールセンターで聞きたかった事は以下の点。

  • ここまでの手順が間違っていなくて、この後、1~2週間後に送られてくるであろうau WALLETプリペイドカードを待ってどのような操作をすれば、au PAYで他人に「送金」できるようになるか?

しかし、帰ってきた答えは驚く内容でした。

オペレーターさん「auユーザーで無い方は、送金サービスはご利用いただけません。ホームページと相違がある状態になっています。調査をさせていただき回答させていただきます。調査には1~2週間かかります。」

ええええ?

本当ですか?と何度も確認しましたが、社内資料ではそのように記載が有るとのこと。ホームページ側と相違がある状態だが原因は分からないので調査したい。とのことでした。

私の予想ではau WALLETからau PAY切替えの過渡期で手元の社内資料が更新できていないだけだと思うんですけどね。。。au WALLET プリペイドカードが到着すれば何ごともなかったかのように、送金できるようになると楽観視しています。

いずれにせよ今はこれ以上の進展は無し。プリペイドカードと調査結果の連絡を待ちます!

送金機能はあれば便利ですが必須ではないので急ぎませんが、せっかくなので人柱レポとしてこの後もウォッチしていきます。非auユーザーのみなさんの参考になれば幸いです。

追記あり(2020/2/17)

au WALLET プリペイドカードが到着し、無事に送金ができるようになりました。やはりauコールセンターさんの説明は間違っていたようです。

ただ、クレジットカードで入金した場合など送金できない縛りがあります。記事を書きましたので詳細はこちらをご確認ください。

【人柱レポ】au PAYは送金の難易度が高すぎる件→何人が使えるまで到達できるんだろう?
KDDIが開催中の「au PAY誰でも!毎週10億円!もらえるキャンペーン」、第二週が本日スタートしましたが、想像通り1日で終了しちゃいました。au回線未契約のユーザーの取り込みをしたい思惑と狙いは理解できますが、多くの問題点の指摘...
インターネット 企業
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事をシェアする
ひとぅをフォローする
関係するかもしれない記事
ひとぅブログ