【レビュー】23.8インチフルHDディスプレイを使っている人は今すぐ4Kディスプレイに変えよう!快適環境が3万円で手に入るぞ!(LG4Kディスプレイ)

スポンサーリンク

2020年は姿勢改善に取り組んでいる私。普段利用しているノートPCを自宅では外部ディスプレイに接続して視線を上げるようにしました。まず環境を整えたので、ディプレイは10年以上前に購入した、三菱電機のフルHDの液晶のものを利用しました。しかしこのディスプレイがイケテナイです。液晶の発色が悪いのに加え、解像度の低さが目に付くようになりました。

スマホやMiix 720の高解像度ディスプレイ(Appleで言えばRetinaディスプレイ)に目が慣れてしまい23インチのディスプレイではフルHD(1980×1020)ではドットが見えて気になって仕方無くなりました。一度気になるとディプレイを見るたびにプチストレス。

気がつけば、Amazonで4Kディスプレイを散策していました。意外と23インチで4Kディスプレイの需要は少ないようで種類は少なめです。デスクに50センチ程度の距離感でディスプレイを利用する場合、23インチがベストサイズだと思いますが・・・。大きすぎると視点を移動させるのが疲れるんです。

そんな中で評価が高い、LG モニター ディスプレイ 24UD58-B 23.8インチ/4K(3840×2160)(30,704円)を購入することにしました。4Kディスプレイで3万円。お手頃価格ですね。LG製品は過去にも43インチディスプレイを購入していて満足しているので安心して購入をしました。

【レビュー】快適な書斎に!4Kディスプレイを導入してみた → 快適すぎて外に出たくなくなるので注意
今回は私の書斎の環境についてご紹介します。書斎と偉そうなことを言っていますが、「趣味部屋」ですね。小さな部屋ですが一応、部屋をひとつ書斎として利用しており、今回は書斎の環境を充実させよう!と思い立ち、ディスプレイを4K化をしたらいろいろ...

スポンサーリンク

開封の儀

4Kディスプレイが届きました。23インチはコンパクトでちょうどいいと思います。大きさも重さもベスト。

箱を空けると品質保証シートが入っていました。きちんと1台ずつ試験をしているようです。素晴らしい!

付属品の下にディスプレイが入っていました。

デカすぎず小さすぎず。

シートを外しました。ベゼルは三辺が約1センチ程度。下部が1.5センチ程度。下部中央にLGのロゴ。その下部にコントローラーつまみがあります。下部左右に穴がありますが、スピーカーではなく排気口です。このディスプレイはスピーカーは非搭載なので注意が必要です。

背面。寸法は554x333x61cm、重量は4kg。

インプット端子はこれだけ。インプット系統は3つ。HDMIが2つにDisplayPortが1つアウトプットはヘッドホン端子のみとなっています。こちらも必要最低限でシンプルです。Good。

アーム(スタンド?)を取りました。上下の高さ調整、左右の回転、縦の角度調整もできません。縦の角度調整はしたいと思いましたが、結果としてどの角度からでもきれいに見える液晶なので特に不満は感じませんでした。

4Kのディスプレイのきれいさに感動した

まず始めにフルHDの液晶ディスプレイから。これでも充分きれいです。

でもよく見るとドットが見えます。

そしてこちらか4Kディスプレイ。LGの24UD58。明らかに文字の鮮明度に違いがあります。

近くで見てもドットはほぼ見えません。アイコンは高解像度になりもかなりきれいです。

私の書斎の作業環境がますます充実しました。Lenovo Ideapad Miix 720にLG モニター ディスプレイ 24UD58を接続。キーボードはHHKB、トラックボールはロジクールMX ERGO。スピーカーはBOSE Sound Link(Bluetooth接続)。ぜいたくな組み合わせです。

LG モニター ディスプレイ 24UD58のここがGood!

  • 4Kディスプレイ(3820×2169px)で高解像度
  • IPS ノングレア(非光沢)液晶できれい
  • ベゼルはそこそこ狭額
  • 3万円と安価でコスパが高い
  • 近距離に画面を置くなら23.8インチくらいがちょうどいい

4Kディスプレイなので高解像度は当たり前としても3万円と安価で画質も文句無し。非光沢で見やすいです。PCの画面は非光沢の方がいいと思います。PCデスクで近距離(50センチ程度)にディスプレイを置くなら23.8インチくらいがベストサイズだと個人的には考えています。

LG モニター ディスプレイ 24UD58のここがうーん

  • 高さ調整、回転、角度調整ができない
  • スピーカーが非搭載

思い当たるところはこの二点くらいでしょうか。ただ、高さ調整はPC台で調整すべきでしょうし、ディスプレイごと回転させればいいだけですし、IPS液晶なので角度調整の必要性はほぼありません。ディスプレイ内蔵スピーカーは非力なものが多いので、コスト面を考えこれらを逆にそぎ落としてくれるというなら、実は歓迎だったりします。

さいごに

はじめに設置した際、HDMIケーブルをFHD液晶のものをそのまま流用したところ、4Kの解像度が選択できず焦ってしまいました。4K用のHDMIケーブルなるものがあるようです。知らなかった!!付属しているHDMIケーブルに接続しなおすと無事、4K解像度を選択できました。

すっかり忘れていましたが、HDMIケーブルにはバージョンがあるので注意が必要です。4Kを表示させたい場合、Ver.1.4以降を利用するようにしましょう。

価格.com - HDMIケーブルの選び方
「4Kに対応しているの?」「スマホと接続できるの?」など、HDMIケーブル選びの際に浮かぶ疑問にお答えします。また、「スタンダード」、「ハイスピード」という2種類のカテゴリや、データ転送速度が最も速い「プレミアムハイスピード」認証など、購入前にチェックしておきたいポイントを解説します。

ついにデスクトップ環境にもアップルが言ういわゆるRetinaディスプレイ(高解像度ディスプレイ)がやってきました。スマホに慣れすぎた目にはもうガキガキなWindowsフォントは耐えられません。(笑)

23.8インチディスプレイはFHD(1920×1080px)を表示するのにもっとも目にも優しいサイズですが、4Kで200%表示させればなお快適になります。約3万円で快適になることを考えるとなるべく早く買い替えることをお勧めします!

なお、お使いのPCが3840×2160ピクセルの出力に対応しているかを充分に確認の上、購入するようにしてくださいね。

ハードウェア
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事をシェアする
ひとぅをフォローする
関係するかもしれない記事
ひとぅブログ