iPhone争奪戦はソフトバンクモバイルで決着

この記事がおもしろかったらシェアしてね

米アップル社の携帯端末「iPhone」(アイフォーン)の販売権をめぐり日本国内でNTTドコモ、KDDI、ソフトバンクモバイルが熾烈な駆け引きを水面下で展開していましたが、どうやらソフトバンクモバイルで決着したようです。
4日、ソフトバンクモバイルが年内に国内販売することでアップル社と契約を締結したと発表しました。

勢いに乗るソフトバンクモバイル。
価格面以外で決定的な差別化を図ることが難しい携帯電話で、今回のiPhoneの発売決定と、ディズニー携帯との提携で、魅力が増してきたように思います。

新規参入者として追いかける立場だったソフトバンクモバイル。
気づけばかなりの実力を付けてきました。
NTTドコモやKDDIも小手先の戦略ではなく、根本的な改革が必要な時に来ていると言えるでしょう。

次は固定電話との融合をどこが仕掛けるか?
パソコン通信との融合、家電との融合をどこが仕掛けるか?

携帯電話会社の本音は「やりたくない。」というのは分かります。
しかしどこかがやった後では遅いのです。

さて今後の展開に注目していきたいと思います。

スポンサーリンク

関連ブログ

スポンサーリンク
NO IMAGE
この記事をお届けした
ひとぅブログの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

この記事がおもしろかったらシェアしてね

ひとぅに興味を持った方はフォローしてね

関連記事

この記事に関連するオススメ


コメント

  1. ひとぅブログ より:

    iPhone(アイフォーン)は7月11日発売予定

Highslide for Wordpress Plugin