ToDo管理はケータイで充分だった

スポンサーリンク
約2ヶ月前に「ToDoやメモ書きを携帯電話で運用してみます」というエントリーをしましたが、しばらく運用をしてみたので使用感をご報告させていただきます。

結論から言うと、「すこぶる良好」です。

  • ネタ
  • やること
  • やること(仕事)

の3つのメモを作成し気づいたことを「ネタ」にすぐに書き込む。
電車に乗っているときでも、飲み会の時でも、いつでもさっと書き込めます。
そして時間があるときに、「やること」に移したり「ブログ」に記事を起こしたり、インターネットで調べ物をしたりします。
仕事で長期的にやるべき事、課題などをまとめた「メモ」というエクセルファイルを会社のパソコンに置いています。
基本的に事務処理でやるべき事、じっくり腰を据えてやることを記載しているのでこの運用で問題ない。
携帯電話の「やること(仕事)」は今日、明日にやるべき事を書いているので「メモ」と重複している事もあります。

スケジューラは手帳(紙)で運用中。
プライベートで家族全員の予定が入ったものは共有ドライブに入ったスケジューラソフトで管理しています。

取りあえずさっと携帯電話でメモで残して、後から振り分け整理をする。
これが私に一番あった運用だったようです。
「情報は1カ所に集めた方がいい」という考えでしたが、それぞれの場所で必要な情報、見やすい形態で扱う方がスムースにそして漏れることが少ないという事が分かりました。

整理すると、以下のような感じになっています。

仕事プライベート
思いついたことを残すネタ(携帯メモ)ネタ(携帯メモ)
長期的な予定、ToDoメモ(EXCEL)やること(仕事)(携帯メモ)
今日明日するものやること(仕事)(携帯メモ)
スケジュール手帳(紙)スケジューラ(NAS)
モバイル
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ひとぅをフォローする
関係するかもしれない記事
この記事を書いた人
ひとぅ

新しいものが好きな「ひとぅ」が2007年10月からApple製品や家電製品、ガジェット、ウェブサービスなどの情報を発信中。詳しくは自己紹介ページをご覧ください。
Twitter、Facebookページでブログ更新をお知らせしています。フォローをよろしくお願いします!

ひとぅをフォローする
ひとぅブログ