【改善】Nintendo Switch Proではなくバッテリー持続時間が長くなった新モデルが発表

スポンサーリンク

2019年7月10日に携帯モデルのNintendo Switch Liteを発表したばかりの任天堂は、7月17日、バッテリー持続時間が従来より約1.5倍長くなった新モデルを発表しました。8月下旬から順次出荷されるとのことです。価格は据え置きの29,980円

SoC (プロセッサ)とNANDメモリ(内蔵ストレージ)の種類が変わりメインCPU基板も変更することによりバッテリー持続時間を劇的に延ばすことができたようです。

6月27日より「Nintendo Switchソフトなどのダウンロードに使える3000円クーポンプレゼントキャンペーン」が実施中ですが、現モデルのみ対象で新モデルは対象外となります。今思えば在庫処分の意味があったのでしょうねぇ。

Nintendo Switch「バッテリー持続時間が長くなった新モデル」のお知らせ | 任天堂
2019年8月下旬頃より、Nintendo Switch本体のバッテリー持続時間が長くなった新モデルを順次販売開始いたします。
Nintendo Switchソフトなどのダウンロードに使える3000円クーポンプレゼントキャンペーン|任天堂
今ならNintendo Switchの本体に、Nintendo Switchソフトなどのダウンロードに使える3000円クーポンが付いています。
【楽しみ】Nintendo Switch Liteが9月20日発売!価格は1万円安い19,980円
噂が絶えなかった、Nintendo Switch の弟分、Nintendo Switch Lite。2019年7月10日、ついに任天堂から正式発表されました! 発売日は9月20日、価格は19,980円(税別)。Nintendo Sw...
スポンサーリンク

スペック変更は見た目はバッテリー持続時間のみ

Nintendo Switch「バッテリー持続時間が長くなった新モデル」と「現行モデル」の仕様の違いはバッテリー持続時間以外はなく、すべて同じです。本体寸法、重量も同じです。(本当なのかな??)

気になるバッテリー持続時間ですが、「現モデル」が約2.5~6.5時間が、「バッテリー持続時間が長くなった新モデル」では約4.5時間~9.0時間と約1.5倍に伸びました

Nintendo Swith Liteの約3.0~7.0時間を再び抜いた形となります。Nintendo Sitch Liteの優位性をひとつ奪った形ですね。Nintendo Switch Liteはコンパクトさと価格のみで選ばれるハードとなりそうです。

「現行モデル」を購入する理由はあるのか?

どうしても今購入する理由がない時は8月下旬まで購入を待った方が良さそうです。

今すぐSwitchが欲しい!持ち運びはほとんどしない。ほとんど据え置きで使う方は3,000円クーポンがついた現モデルを購入するのもアリかもしれません。

ハードウェア
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事をシェアする
ひとぅをフォローする
関係するかもしれない記事
ひとぅブログ