Kindleで雑誌を読むのは大型ディスプレイで読むのが最強だった件

スポンサーリンク

Kindle Unlimitedは雑誌やムックも充実していています。Kindleの他にもdマガジンなど雑誌読み放題サービスはいろいろとありますが、スマートフォンやタブレットで閲覧するときにとても快適、とは言える状況ではありませんでした。それはなぜか?単純に画面が雑誌よりもサイズが小さいから、です。

これまでもこの課題をどうにか解決できないか?と大きい画面サイズのスマホにしてみたり、10インチサイズのタブレットを使ってみたりもしましたが、画面が小さいのでどうしてもストレスが溜まります。

どうすれば良いか?簡単な解決方法がありました。

大きな画面で見ればいいのです。

いや、当たり前です。当たり前なんですが今まで気づきませんでした。

第一印刷さんのサイトを参考にすると一般的な週刊誌や雑誌のサイズは、B5版で182×257mmとなります。これは1ページのサイズなので横のサイズを2倍にすると、見開きのサイズは、362mm×257mmとなります。

本のサイズ(判型)と本の種類 - 印刷物の寸法・規格
企画、デザイン、DTP、印刷を中心に、ノベルティグッズの販売やホームページの制作を行っています。

続いて、ディスプレイのサイズを確認してみましょう。一般的な週刊誌や雑誌をそのままの大きさで表示させるには、362mm×257mm以上の画面サイズが必要となります。

パソコン買取&データ消去.comさんのサイトを参考にすると、20.1インチが44cm × 25cm、21.3インチが47cm × 27cmなので、20.1インチでほぼ原寸、21.3インチ以上で少し大きめに表示できることになります。

21.3インチ以上で雑誌は快適に読める。ということなります。

モニターのインチ数の調べ方
モニター(ディスプレイ)のサイズは、画面の対角線の長さで表されます。 単位はインチで、1インチは約2.54cmです。

大きな画面で見るなんて・・・。私もそう思っていました。ゴロゴロしながら読めないし、ディスプレイで見るなんて肩がこる。でも43インチディスプレイで見ると雑誌を読むとはまた違った感覚で楽しむことができました。壁紙新聞を読んでいるような楽しさがあります。(*^_^*)

43インチは極端ですが32インチでなどでも十分快適に読めるでしょう。まだ体験したことがない人は一度試してみてくださいね!!

【レビュー】快適な書斎に!4Kディスプレイを導入してみた → 快適すぎて外に出たくなくなるので注意
今回は私の書斎の環境についてご紹介します。書斎と偉そうなことを言っていますが、「趣味部屋」ですね。小さな部屋ですが一応、部屋をひとつ書斎として利用しており、今回は書斎の環境を充実させよう!と思い立ち、ディスプレイを4K化をしたらいろいろ...
Webアプリ雑談
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事をシェアする
ひとぅをフォローする
関係するかもしれない記事
ひとぅブログ