Twitterが大規模障害発生!避難先のMastodonは大盛況!!今改めてMastodonについて考えてみた

スポンサーリンク

2019年7月12日3時50分頃にTwitterで障害が発生し、4時45分時点でも復旧されていません。約1時間もサービスが全面停止しており結構な大規模障害が発生している模様です。(4時51分にタイムラインは表示されましたが投稿は内部エラーでできない様子)

スポンサーリンク

Twitterの障害で注目されるマストドン

Twitterの障害を受け避難先としてマストドン(Mastodon)が注目されています。マストドンはインスタンスと呼ばれるサーバを自分で立てる分散型のTwitterのようなミニブログSNSです。

多くのインスタンスが存在しており、その全てが落ちる事はまずあり得ないので今回のTwitterのような前面機能停止ということは起こりえません。

避難先となったマストドンのタイムラインはTwitterの話題で盛り上がっています。「Twitterが死んだので来てみた」、「Twitter自身がBANされた」、「こんな時こそマストドン」、「久しぶりにMastodonに来たら盛り上がってて笑ろた」、「Twitterが死んだときMastodonって都合の良い愛人かよ」などなど。

私がメインで利用しているアカウントがある mstdn.jp は負荷が集中し過ぎて、524エラーが頻繁に発生しています。Twitterの避難先にならないじゃん!という訳ではなく、 Pawoo.net はサクサクですし、その他の比較的利用者の少ないインスタンスのアカウントを持っておくと良いかもしれません。

インスタンスが分散しているメリットがここにあると言えます。Twitterに一極集中するのではなくMastodonが注目され利用者か増えるといいな、と思う今日この頃です。

ちなみにひとぅの Mastodonのアカウントを3つご紹介しておきます!(上から優先度が高い)

みなさんもこれを機にMastodonをはじめて見ませんか!?

Webサービスインターネット
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事をシェアする
ひとぅをフォローする
関係するかもしれない記事
ひとぅブログ