【TIPS】はてなブログからWordPressへ移行する時の勘所

スポンサーリンク

はてなブログからWordPressに移行をする時の勘所をご紹介します。

主な流れは次の通りとなります。

  1. (はてな)MobavleType書式でログを出力
  2. (はてな)ベースネームの確認と変更
  3. (WordPress)WordPressのセットアップ
  4. (WordPress)パーマリンク設定
  5. (WordPress)MovableTypeインポート

以上です。

ここでは、WordPressを稼働するサーバの契約やWordPress自身のセットアップ手順の説明は割愛します。準備が整っていることを前提とします。

私自身が、はてなブログからWordPressへ移行した際の覚え書き記事です。
汎用的な内容でとなっていない点をあらかじめご了承ください。
スポンサーリンク

はてなの作業

1.(はてな)MobavleType書式でログを出力

はてなブログで、記事のログをエクスポートします。ログの形式は、MobavleTypeというブログ形式のものとなります。

はてなブログの管理画面の、設定 → 詳細設定タブ → エクスポート → 記事のバックアップと製本サービス をクリックします。

「xxxx.export.txt」というテキストファイルが出力・ダウンロードされます。

2.(はてな)ベースネームの確認と変更

ブログ記事のURL部分はWordPressへ移行後も変更したくないので、同じになるようにしましょう。私は以下のルールで投稿をしていました。

https://zakki.hitoxu.com/投稿年/投稿月/投稿日/任意の文字
(はてなブログは初期状態で、投稿年の前に、entryが付いているようです。)

1で出力した、export.txt ファイルを開いて、「BASENAME: 」の後を確認してみてください。

BASENAME: 投稿年/投稿月/投稿日/任意の文字
WordPressに取り込み時に、投稿年・月・日はすでに設定されているので、必要なのは、「任意の文字」のみです。秀丸エディタなどで、正規表現を利用し、「任意の文字」のみ抽出しましょう。
検索:BASENAME: 20(.+?)/(.+?)/(.+?)/(.+?)\n
置替:BASENAME: \4\n

はてなを利用した前準備は、ここまでとなります。

WordPressの作業

3.(WordPress)WordPressのセットアップ

はてなブログを独自ドメインで利用していた場合は、移行先のWordPressの動作確認をするためURLでアクセスしたときに、旧はてなブログではなく、新WordPressに接続するようにしましょう。

Windowsの場合は、hostsファイルで新サーバの情報を設定しておきます。

C:\Windows\System32\drivers\etc\hosts に以下の1行を追加
127.0.0.1 localhost

4.(WordPress)パーマリンク設定

WordPressをインストールして一通り初期設定してください。一通りの設定完了後、パーマリンクの設定をしましょう。

管理 → パーマリンク設定 をクリックします。私の場合は3つめの、「日付と投稿名」を選択します。カスタム構造の部分は、「/%year%/%monthnum%/%day%/%postname%/」となっています。

/entry/を先頭に追加したい場合は、「/entry/%year%/%monthnum%/%day%/%postname%/」とすればOKです。

5.(WordPress)MovableTypeインポート

WordPressは、いろんなブログサイトの形式を取り込みできます。インポートするブログツールの取り込みプラグインをあらかじめインストールしましょう。

ツール → インポート → Movable Type と TypePad → 今すぐインストール で簡単にインストールできます。

続いて、ツール → インポート → Movable Type と TypePad → インポーターの実行 をクリックして、export.txt ファイルを選択してアップロードすれば、記事が取り込まれます。

エラーが出ずにインポートが完了したら問題なく取り込まれているか記事を確認してみましょう。

その他の後処理

記事がうまくインポートされたなら、独自ドメインのネームサーバを、はてなブログからWordPressのサーバへ設定変更しましょう。半日~2日程度で全世界にDNSが浸透し、WordPressに訪問してくれるようになります。hostsファイルを変更した場合は、忘れずに戻しておきましょう。

はてなブログの記事は、すぐに削除するのではてくしばらくは非公開にしておくと良いでしょう。

はてなブログの管理画面から、設定 → 公開設定 → 公開設定 → 自分のみ にしておきます。

さいごに

はてなブログからWordPressへ記事の移行方法をご紹介しました。ポイントは、URLを変更させない。という点です。Googleの検索インデックスやSNSでシェアされたリンクなどが切れてしまうことを防ぎたい物です。

また、今回は画像ははてなに残したままとしています。気になる方は以下の記事を参考にWordPressサーバに画像の取り込みにチャレンジしてみてくださいね。

【TIPS】WordPressでFlickrを使う理由と運用方法を詳しく語ります【決定版】
この記事は、2018年4月時点の情報を元に記載されたものです。 2018年11月に、Flickrの仕様が変更となり、フリーアカウントは1000枚までとなりました。Flickrの写真をWordPressで運用するのはお勧めしません。 ...

いろんなブログツールを使ってきましたが、全世界で最大のユーザー数を誇るWordPressはやっぱり使いやすいし何と言っても情報数、プラグイン数が充実しています。「○○をしたいな」と考えたことは大概、先人の方が実践済みで、記事が公開されていることが多いです。

私たちブロガーは記事を書くことがメインですが、コンテンツをブログサービスに人質にされるようなことは決してあってはなりません。管理の手間と自由度、安全度を考えるとWordPressが最善の選択である、と私は考えます。

Webサービス雑談
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事をシェアする
ひとぅをフォローする
関係するかもしれない記事
ひとぅブログ