amazonの「ほしい物リスト」には要注意

この記事がおもしろかったらシェアしてね

アマゾン(amazon.co.jp)のサービスの「ウィッシュリスト」が3月8日に「ほしい物リスト」と改名されました。この「ほしい物リスト」、実に評判が悪いようです。利用には注意が必要です。

「ほしい物リスト」に入れられたものは、デフォルトで「公開」になってしまいます。
更に、公開された情報は誰でもメールアドレスや名前で検索が可能です。

つまり……。
友人の氏名で検索をしたら、意外な(恥ずかしい?)趣味を知られてしまったり、メールアドレスのみ公開されている人の本名が知られたり……。と言ったことが問題視されています。

Amazonの「ほしい物リスト」を利用されている方は今すぐ、「非公開」にされることを強くお勧めします。
一度、GoogleやYahoo!のロボットに拾われると……。検索エンジンからも検索対象となってしまいます。

しかしこの機能は問題がありすぎですね。
アマゾンは機能を変えるつもりは無いようですし、利用者側で防御するしかなさそうです。

スポンサーリンク

参考記事

スポンサーリンク
NO IMAGE
この記事をお届けした
ひとぅブログの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

この記事がおもしろかったらシェアしてね

ひとぅに興味を持った方はフォローしてね

関連記事

この記事に関連するオススメ


コメント

  1. NonO_ より:

    登録するモノによっては
    どんだけーな事になりそうですね
    私なら
    キーボートかヘッドホンとか調理器具とか
    ・・・あんまり面白くはないな(;´Д`)

  2. ひとぅ より:

    登録するモノが見えるのもそうですが、
    メール検索→本名ばれる
    というのが大問題だと思いますよ!
    一度知人の名前や「田中」とかで検索してみてください。
    ものすごい数がヒットします。

  3. NonO_ より:

    都道府県ってやべーっwww
    珍しい名字やら
    メルアド次第では大変だわwww
    擬似的に「かわいらしいリスト」を作って
    思い人にアピールってのも面白いかも
    親から子供へ無言のおねだりとかw
    しかし、
    普通はご指摘通りの恐怖しか感じね?(;´Д`)

Highslide for Wordpress Plugin