WindowsUpdateで何度も KB823353 が出る!

この記事がおもしろかったらシェアしてね

Windows2000パソコンを中古で購入してWindowsUpdateを一気にやったのですが、なぜか「KB823353」のセキュリティ更新プログラムが何度も表示されます。
何度も何度もインストールしても消えない……。

調べてみるとInternet Explorer6.0 SP1を入れるときに何らかの原因で更新の順番がてれこになってしまったようです。

一度、本来後に入るべきだった”Windows セキュリティ更新 (KB897715)”をプログラムの追加と削除から削除して、再度WindowsUpdateをしたら無事、しつこく言っていたメッセージが出なくなりました。

これは完全なマイクロソフトのバグですね?。
WidnowsUpdateの履歴管理は当然やっているものだと思っていましたがどうも怪しいですね。

スポンサーリンク

マイクロソフトからの公式見解

スポンサーリンク
NO IMAGE
この記事をお届けした
ひとぅブログの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

この記事がおもしろかったらシェアしてね

ひとぅに興味を持った方はフォローしてね

関連記事

この記事に関連するオススメ


コメント

  1. NonO_ より:

    お疲れさんでした( ゚∀゚)ノ
    主題とは関係ないですけど
    入れれないプログラムの更新もなんだかな?
    「キミのOSはアウトオブ眼中ヘ(゚∀゚ヘ)(意訳)」ってメッセージ見る度に凹みますorz

  2. ひとぅ より:

    コメントありがとうございます。
    最近Windows2000対応のプログラムが段々と減ってきましたよね?。
    でもブラウザとフリーソフトが数種類使えたらそれで十分お仕事はできますけどね。

Highslide for Wordpress Plugin