MardEditで日本語入力ができなくなったのが改善した(と思う)OS X 10.8+ATOK 25.0.1)

この記事がおもしろかったらシェアしてね

ブログ執筆の上で欠かせないエディタ、MarsEditですが、たま〜になのですが突然日本語入力ができなくなる現象に困っていましたが、回避方法が見つかりましたので同様の現象でお困りの方のためご案内したいと思います。

MarsEdit – the blog editor for WordPress, Tumblr, Blogger and more. 3.5.5(¥3,450)Red Sweater Software – Red Sweater Software(サイズ: 7.8 MB)

私はこの回避方法をした後、三日ほど再現はしていため今回、ご紹介していますが、環境によっては効果が無い場合があるかもしれません。その場合はご了承のほどよろしくお願いします。

2012年8月17日、以下のような記事を書きました。

MarsEditで日本語入力ができなくなった(OS X 10.8+ATOK 25.0.0) | ひとぅブログ

OS X 10.7の環境では特に問題は無かったので、OS X 10.8(MountainLion)とATOK 25.0.1の組み合わせでこの現象が出ているのだ予想。

現象をよく見ると、ATOKの漢字変換ができなくなり、OS X標準の「ことえり」に切り替わってしまっているので、これをOFFにしてやればいいのでは?と逆転の発想をしてみました。

結果としてこれが「当たり」でした(^^)/。

ことえりが無いのだから切り替わることが無い、ということですね(^_^;)。では詳しくご説明しますね。

スポンサーリンク

ATOK が突然漢字変換できなくなる原因はことえり?


メニューバーのATOKアイコンを左クリックすると入力できる「言語とテキスト」が確認できます。私の場合上の画面のようになっていました。

日本語入力は「ひらがな(ATOK)」を使っていましたが英数は「英数(ATOK)」ではなく「英数」(ことえり)を使っていました。

理由はデフォルトでATOKは「英数(ATOK)」ではなく「半角英数(ATOK)」になり直接英数入力ができないため、でした。面倒なので、そのままことえりの英数モードを使っていました。

「システム環境設定」→「言語とテキスト」→「入力ソース」を開きます。ここで「ことえり」のチェックを外して完全にオフにしちゃいましょう。

ATOK側で「英字(ATOK)」が入っているかを確認しておきましょう。


こんな感じでスッキリしました(^^)/。これで設定完了です〜。

まとめ

前回の記事を書いた後、Twitterでも同様の現象でお困りの方が何人かおられましたが、ジャストシステム側では現象を把握していなかったようで、特に修正パッチがリリースされる気配もありませんでした。

私の場合、これまで入力ソースの設定は、ATOKとことえりが混在した状態でしたが、これが本当はよくない設定だったのかもしれません。

今回、設定を見直し不要な入力ソースをOFFにすることができてよかったかな、と思っています。同様の現象でお困りの方は一度やってみてくださいね〜(^^)/。

スポンサーリンク
この記事をお届けした
ひとぅブログの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

この記事がおもしろかったらシェアしてね

ひとぅに興味を持った方はフォローしてね

関連記事

この記事に関連するオススメ


Highslide for Wordpress Plugin