iOS4のフリック入力で文字の入力漏れ、入力落ちを解消する方法

この記事がおもしろかったらシェアしてね

iPhone3GSでiOS4にアップデートしたときから何故か、フリック入力で文字の入力漏れ、入力落ちが発生するようになりました。具体的には「がっかり」や「さっぱり」という風に「っ」を含むことばを入力すると、「っかり」や「っぱり」と一文字目が欠けることがあるのです。(早く入力すると起こりやすい?)

6月下旬にTwitterでおなじ現象になっている人はいないか聞いたところ、なっている人となっていない人がいるようです。でも残念ながらこの時は改善方法が分かりませんでした。

iPhone4になったら改善するかな?と期待していましたが、私はiPhone3GSのバックアップから復元をしたためこの現象は改善しませんでした。

不便を感じながらも、1ヶ月以上使い続けていたのですが、たまたま改善方法を見つけました!!!情報提供元でヒントをいただいた、もとまかさん和洋風さんに感謝。

フリック入力でお困りの方、一度お試しくださいませ。

【ご注意】
以下の操作をすると、日本語入力の学習状態がリセットされ初期状態に戻ります。(ユーザー辞書は初期化されません。)
学習状態を初期化したくない方は操作しないでください。

20100809_060000.png
iPhoneの「設定」アイコンをタップ。つづいて「一般」をタップ。

20100809_060100.png
画面下の「リセット」をタップ。

20100809_060200.png
「キーボードの変換学習をリセット」をタップ。

20100809_060300.png
iPhoneの数字4桁のパスコード入力。(あなたが設定した4桁のパスワードです。)

20100809_060400.png
確認画面で「辞書をリセット」をタップ。(「設定」→「一般」→「キーボード」→「ユーザー辞書を編集」の内容はリセットされないのでご安心を!)

以上で、これまで学習されてきた変換内容がリセットされました。フリック入力をしてみると……。文字の入力漏れ、入力落ちが改善されていると思います。

これでiPhone4がさらに快適になりました♪(1ヶ月以上も不便なままよく利用したものです?。治って良かった?!!)

スポンサーリンク

参考にさせていただいた記事

スポンサーリンク
NO IMAGE
この記事をお届けした
ひとぅブログの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

この記事がおもしろかったらシェアしてね

ひとぅに興味を持った方はフォローしてね

関連記事

この記事に関連するオススメ


Highslide for Wordpress Plugin