iPhone4の○×なところ(ファーストインプレッション)

この記事がおもしろかったらシェアしてね

iPhone4が我が家に来て丸一日が経ちました。iPhone3GSの時ほど触りまくっていたわけではありませんが、やはり新しいハードは楽しいですね♪時間を忘れて弄っていました。今回は、iPhone4を触ってみたファーストインプレッションを書きたいと思います。
スポンサーリンク

iPhone4のここがいい!

画面が綺麗

Retina ディスプレイはさすがに綺麗。いわゆるドットを目でほぼ識別できないレベルになりました。解像度が一気に4倍になった恩恵は文字の小さなアプリでうけることができます。Refillsの月表示画面なんてこれまでは何とか識別できていた、という文字まではっきりと読めます。これは凄いです。

見た目の表現をひと言で言うと、iPhoneでは文字にアンチエイリアスがかかっているので3GSではぼんやりした文字が多いですが、4は「はっきり、くっきり」としました。

カメラが綺麗!

300万画素から500万画素へ。画素数ではなく画質にこだわった、というジョブズ氏の言葉は本当でした。ビデオもHDでの撮影が可能になりました。これで普段はデジカメを持ち歩くことは完全に不要になったと言えるでしょう。

ただ動きの速いものの撮影は相変わらず苦手なのと、ビデオはワイドになるのですが、画面上は4:3で表示されるので実際に画面に映っていないところも実際にはビデオでは記録されていることになるのでちょっと不便。(切り替えられるのかな?)→画面をダブルタップで切り替えられました(^_^;)。@sabotem さん、情報ありがとうございます!

iPhone4が期待通りでは無かった点

動作速度が思いの外早くない

CPUがiPadと同じA4となり、メモリが3GS、iPadの256MBから512MBに倍増したという情報を聞いていたので、サクサク動くだろうな、と思っていたのですが、予想通りの快適さです。引っかかりなどはまったく感じる事はありません。

ただ、3GSでも動作が遅くて不満、と思ったことは特になかったのが事実です。今後マルチタスク対応アプリが増えると、メモリを倍積んでいる点が効いてきてくるだと思いますが、現状はそんな感じです。正直なところ3GSと比べて、劇的に早くなったか?と聞かれるとそんなじ感じる事はありません(^_^;)。

無線LANが意外と早くない

数値上は11bから11nにからスペックアップしていますが、実感的にその差を感じることはありませんでした。これは意外でした……。本当に11nなのかなぁ?

iPhone4のここがイマイチ!

左手で持つと電波が弱くなる

話題になっていますが、まさか、と思って持ってみると……確かに電波が弱くなっていき、気づいたら圏外になる事も。iOS4の最新版でソフトウェア的に改善予定らしいのですが、これはぜひ改善して欲しいです。

フリック入力で入力した文字が欠損することがある

これは正確にはiPhone4で、というのではなくて、3GSでもiOS4にアップデートしたら起こっていた事象なのですが、「さっそく」など「っ」の文字を入力すると「っそく」と一文字目が消える場合があります。

出るときと出ないときがあるのですが、早くフリック入力をすると多く発生するように思います。発生するパターンとしては、数字を入力した後にひらがなに戻って入力したときにも数字が消える場合もあるなど、何だか怪しい動きをすることがあるので、これも早急に改善して欲しいと思います。

まとめ

以上が、ざっと触ってみた感想です。率直な感想としては、完成度の高い製品になったな、と思います。しかし完成度という意味ではiPhone3GSがその究極の形だったように思います。そして4ではそれをハード的にスペックアップした端末。そういう意味では来年に出るであろう4S?がまたひとつの完成形になるのかもしれません。

3GSのユーザーは積極的に買い換える理由は実はあまりないように感じます。一度このディスプレイを見たら欲しくなるのは間違いありませんが、お財布と相談をしてからでも遅くないと思います。また3Gの方は間違い無く買い換えるべき機種だと言えるでしょう。

そんなiPhone4。まだまだ使えていない機能もありますので、これからもっともっと使い込んでいこうと思います(^o^)。

スポンサーリンク
NO IMAGE
この記事をお届けした
ひとぅブログの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

この記事がおもしろかったらシェアしてね

ひとぅに興味を持った方はフォローしてね

関連記事

この記事に関連するオススメ


Highslide for Wordpress Plugin