大切なデータのバックアップ方法を考えてみる

この記事がおもしろかったらシェアしてね

この記事を見たときに、みなさんはどんな形でバックアップを取っているのだろう?と興味が沸きました。私は過度の心配性でHDDでもDVDでも基本的にメディアは消耗品で完璧ではない、と思っています。そこでバックアップには気を遣っているのですが、ここではその方法をご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

バックアップ対象データ

  • プライベート写真・ビデオ
  • ドキュメント・家計簿などのデータ
  • サイトコンテンツ

写真・ビデオは家族の写真などでまさに財産です。これは絶対に紛失したくないデータです。ドキュメントなどのデータも当然紛失したくないです。サイトコンテンツはひとぅブログなどのレンタルサーバに預けているデータ群。

バックアップ手法

コンテンツ名 バックアップ先
プライベート写真・ビデオ RAID1で二重データ持ち&海外サーバに保管
ドキュメント・家計簿などのデータ RAID1で二重データ持ち
サイトコンテンツ 海外サーバに保管

家では「CG-HDC2EU3100(コレガ)」(約6,500円)を使っています。このケースに2TB×2台のHDDをFAT32フォーマットで搭載しています。RAID1なのでHDDの一方が壊れても新しいHDDを刺したときに自動的にリビルド(再構築)が走ります。またFAT32フォーマットなので、万が一ハード故障の時にもHDDをWindowsパソコンに直接USB接続してデータを救出できる、という安心感も大きいです。

プライベートの写真・ドキュメントなどはこのCG-HDC2EU3100で安全に運用中です。RAID1なのでバックアップを意識せずに勝手に2台のHDDに書き込んでくれるので嬉しいです。以前はRAID付きNASを利用していましたがGIABITLANとは言えやはり転送速度が遅いので結局USB接続に変更しちゃいました。NASだったのがローカルになったら不便じゃない?と思われるかも知れませんが、Dropboxを使っているのでまったく支障はありませんでした。

そして、ビデオと写真は念のため借りている海外サーバにも月に一度程度で転送をしています。ウェブアルバムアプリをサーバにインストールしているため、いつでもどこでも鑑賞できる、というメリットもあります。

ウェブサイトのコンテンツは同じく海外サーバにCronで毎晩バックアップをrsyncで同期しています。海外サーバ側は私の試験用サーバとして利用させていただいてます。

以上です。海外サーバを借りてまでデータを守る!というのはちょっとやり過ぎかな?と自分でも思ったりもしますが、やはり私の借りているサーバや地域で有事があった場合のリスク回避、という事でもあります。

とは言え、大切なはずの子どもの写真やビデオなどをパソコンのCドライブのマイドキュメントだけに保管されている人も結構おられるのでは無いでしょうか?心当たりのある方には、急いでバックアップを取るようお薦めしたいです!! 私の周りにも数人、データを飛ばしてしまった人を知っています。

CG-HDC2EU3100(コレガ)」だとHDDを2台買ってきて取り付けるだけで簡単に大容量のRAID1環境を作れるのでお薦めです!!大切なデータは財産です。2?3万円でそのデータを失うリスクが大幅に低減できるのなら安いと思います♪

スポンサーリンク
この記事をお届けした
ひとぅブログの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

この記事がおもしろかったらシェアしてね

ひとぅに興味を持った方はフォローしてね

関連記事

この記事に関連するオススメ


Highslide for Wordpress Plugin