iPhoneアプリの「TapCal」と「Refills」を比較してみた

この記事がおもしろかったらシェアしてね

新星のごとく登場したTapCal(600円、5/16まで350円)。Googleカレンダーと同期ができるカレンダーアプリとして高い評価を得ているようなので、カレンダーマニア(だったのか!(^_^;))の私としては早速、ポチって現在愛用中のRefills(1,200円)と比較をしてみました! なおバージョンは、TapCal1.0.1、Refills1.0.8です。

まず価格から。TapCalが600円、Refillsが1,200円。この価格差は機能差と言えるかもしれません。TapCalは月カレンダーをメインで使うことを想定しているようで、日カレンダーを表示させることもできますが週カレンダーはありません。見た目ですが、双方まったく違っています。正確にはRefillsが異質と言えるかもしれません。TapCalはGoogleカレンダーと同期できるアプリの王道を行くデザインで「さいすけ」にも近いといえば分かりやすいでしょうか。

では実際に画面で比較をしていきましょう。

スポンサーリンク

月カレンダー

Refills

20100516_040000.png
文字の大きさを変えられるため、1日に表示できる予定件数は変動します。文字の大きさ「中」だと4件までの表示可能。また5件以上ある場合は、「▼」マークが付くので表示されている意外にも予定があることが認識できて、便利です。

ちなみに、シャッフルまたは、下のアイコンをタップすることで「今日」へジャンプすることができます。これが意外と便利。

Tapcal

20100516_040010.png
画面下にアイコンがないのがスッキリしています。画面下真ん中の「▲」をタップすることでアイコンが表示されます。でもアイコンを非表示にしてせっかく画面を広くなっているにも関わらず、文字の大きさを変更できないので、1日4件までの予定しか表示されません。また5件以上の予定がある場合、Refillsのようにそれを知る術がないのは不便かも。Refillsに無い機能として、5日(月?金)のみ表示することができます。予定内容の表示文字数が増えます。

Tapcalでは「今日」にジャンプする機能がありません。これは次バージョンで恐らく対応されるようですが、ちょっと不便ですね。月をタップすると今日へジャンプします。また当月以外のカレンダーを表示しているときにも「日」が反転している理由も分からないです……。(例えば今日は5月16日ですが、6月を見ると、6月16日も反転していたりする。)

20100516_040020.png
Tapcalでは月カレンダーで日をタップすると詳細ウィンドウに内容を表示する機能があります。これはRefillsには無い機能です。次々にタップして予定を確認することができるのは便利ですね。このモードではカレンダーには1日2件の予定しか表示されません。詳細ウィンドウは4件までで5件以上の場合はスクロールさせることで全件を確認できます。細かい点ですが、予定と予定の間の線はいらないので5件を表示できるようにして欲しいかも。

週カレンダー

Refills

20100516_041000.png
週カレンダーはRefillsにしかありません。土日が狭くなっているのが実用的で本当のリフィルみたいです。フォント「中」で5件まで表示されます。開始時刻が表示されます。月カレンダーでは「▼」で表示されている他にも予定がある事を知ることができましたが、週カレンダーでは「▼more」と表示され分かりやすい。しかも、カレンダーの日の枠内ををフリックするとその他の予定がスクロールして表示されます。これがとっても便利です。予定の見落としがないのと手軽に確認ができます。

日カレンダー

Refills

20100516_042000.png
予定が重複していても分かりやすいのが特徴です。実際の手帳でもこんな風に書いていましたよね。

Tapcal

20100516_042010.png
実にシンプルです。Googleカレンダーに近い表示で分かりやすいです。ただ予定が重複するとごちゃごちゃした感じになるのは仕方がないですね。

以上です。モザイクばかりで見にくくて恐縮ですが件数が多い方が実態に近くなるので分かりやすいかな、と思って敢えてサンプルデータではなく実データで比較をしてみました。

起動時に自動同期をさせているのですが、同期が完了する時間は若干、TapCalの方が早いように感じました。(約1?2秒ほど)また、TapCalでは以前入力した予定や場所が履歴で残って、プルダウンから入力できるのは便利でした。

最後に、それぞれのアプリを比較してGoodな点をまとめておきます。RefillsはリフィルのイメージをそのままiPhoneで再現したアプリ、TapCalはシンプルで基本を抑えているアプリといった感じでしょうか。

RefillsがGoodな点

  • 表示されていない予定を見落とさない工夫がされている
  • 文字の大きさが変更できる
  • 週カレンダーがある

TapCalがGoodな点

  • 価格が安い
  • Googleカレンダーとの同期が若干速い
  • 以前に入力した予定・場所をプルダウンから入力できる
  • 月カレンダーの画面で詳細ウィンドウに予定を表示できる
スポンサーリンク
NO IMAGE
この記事をお届けした
ひとぅブログの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

この記事がおもしろかったらシェアしてね

ひとぅに興味を持った方はフォローしてね

関連記事

この記事に関連するオススメ


コメント

  1. takeponchi より:

    いつも良記事をありがとうございます。私は同期時間がかかるにもかかわらず、未だにPocket infomantから離れられません。一覧性の良いカレンダーアプリが欲しいので、キレイに見えるRefillsに憧れてるのですが1,200円の壁がw。TapCalがもう一段進化すると良いかもですね。

  2. ひとぅ より:

    takeponchiあん、コメントありがとうございます。
    Refillsはホント高いですよね?。リフィルの手帳を買う覚悟で買ったので今は満足しています?♪
    TapCalは今後、どのように化けるか、期待しています!!
    カレンダーアプリは毎日使うアプリなのでシンプルかつサクサク動くことが重要な条件のひとつですものね。

  3. 寄り道 より:

    比較記事を興味深く読ませていただきました。表示の速さはどうなんでしょう。Rifflsと比べてもPocketInformatの高機能と速さで離れられないのですが、Rifflsの重ならない表示は魅力的なのですが。

  4. ひとぅ より:

    寄り道さん、コメントありがとうございます。
    表示の速さは同じくらいです。RefillsやTapCalともPIほど高機能ではないので、軽いのかもしれませんね。

  5. guppe3 より:

    私もRefilisを使ってみたいのですが、どうしても1,200円の壁があります。
    以前無料のCcalを使用していたのですが、Googleカレンダーとの同期が遅い等で安くて良いスケジュールアプリを探しておりました。
    その時350円でTapcalが登場し、早々ダウンロードして使用したところ、表示も見やすくGoogleカレンダーとの同期も早いので、現在は満足して使用しております。
    でもRefillsの特価があれば、ぜひダウンロードしたいと思っております。
    また、Tapcalの今日へのジャンプはカレンダー上部の「月」をタップすることで可能です。

  6. ひとぅ より:

    TapCalでも今日へのジャンプができるのですね。失礼しました。
    記事を修正させていただきました。

Highslide for Wordpress Plugin